「復興割」の格安ツアー -1894

「復興割」という言葉、ご存知じですか。
画像

自然災害で痛めつけられた地域への支援策は、いくつもあると思います。
減ってしまった観光客を「呼び戻そう」として、その地域へのツアー料金に補助金がつけられるのが、「復興割」です。

昨年、参加したツアーは、元々、比較的「低廉なツアー」だったようですが、それに12000円/人、という補助がつくということで確かに格安でした。
そのせいでしょうか、ツアー参加者が多く、バス2台のツアーになっていました。

ツアー会社のパンフレットをみると、この「復興割」、北海道などでは35000円もの補助があるツアーもあるようです。

ダイレクトメールの「12000円」の文字に惹かれて、年末に旅行など考えてもいなかったのに、ついフラフラと参加してしました。
私が、そんなでしたから、この「復興割」施策は一定の効果はあるように思います。

関西圏のいくつかの場所を、やや駆け足で巡るツアーでした。こういうツアーは、年配の私などには、少し慌ただし過ぎてキツイところがあります。
バスの移動距離がともかく長く、欲張ったコースだったと思います、元気のある「高齢者」以前の方にとっては、格安のいいツアーだったかもしれません。

私にとって初体験の場所がありました、これが参加理由の一つでした。
「天橋立」「「伊根」「淡路島」、そして「明石海峡大橋」これで本四架橋三つを制覇しました。

格安ツアーの定番で覚悟はしていましたが、毎夜の夕食はバイキングでした。それぞれ工夫は感じましたが、一日の終わりの食事が毎夜バイキングというのは、やはり落ち着かなかったです。

「復興割」のメリットは嬉しいですが、こういう気ぜわしい旅は、今後は避けたいと思いました。

私のブログは「旅ブログ」の様相になってきていますが、これから断続的に載せますので、どうぞご愛顧のほどを・・。
画像

この記事へのコメント

2019年01月30日 21:35
格安には それなりの 訳がありますね。
私は 決まり切った お膳より
バイキングの方が いいですね。
どっちにしても 美味しいものが食べたいです。
伊根には 何度か行きました。
静かな漁師町 という雰囲気がいいですね。
人生ゆっくり
2019年01月31日 10:47
そうですかバイキングのほうが、お好きなのですね。
私はあのガサガサした雰囲気が苦手です。
伊根は予想どおりのいい雰囲気でした。

この記事へのトラックバック