映画「七つの会議」 -1897

画像

池井戸潤原作の企業もの映画です。
楽しみですよね。

野村萬斎は中堅メーカーの「グータラ」万年係長、部長の香川照之と同期というのですから、これまでの経緯には、いろいろとあったことでしょうね。

野村は突然、上司の片岡愛之助によるパワハラを訴えます。片岡は年下ですが、営業成績抜群の課長でしたので、その処分には驚きが広がります。

大方の予想に反して、片岡左遷、野村そのまま、何か「変」です。

企業内での、パワハラや陰湿なイジメ・ネタミ・ヤッカミ・・、そういうことはあるでしょうね。私の会社員時代に、そんな極端な場面に出会った記憶はありませんが、ドラマだと、こういう展開が楽しいでしょうね。

映画は、その後、沢山のエピソードが紡がれます。
最後に正義が勝つか、はたまた敗れるか。

この映画のチラシに次のようにありました、チコちゃんの真似は・・どうかと思いますけど・・。
「全ての日本人に問う、働くことの正義とは」
面白かったですけど、この原作者の映画としては、いま一歩の新鮮味が欲しかったかも・・??

データの改ざん・隠ぺい・・、国会中継で厚労省大臣が、身も細るような答弁を続けています
切ないですね・・。

それにしても、野村萬斎の迫力あるセリフ・声量は感動ものでした。普段からの精進のたまものでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック