天橋立 -1898

京都で学生時代を過ごしましたので「天橋立」の名前は身近でしたが、訪れる機会はありませんでした。
画像

天下の名勝です、今回初めて訪れましたが、「なるほど」と思う景色でした、他にないですよね。
画像

私が行ったのは「天橋立ビューランド」で、リフトで上りました。
画像

展望がいいところでした、当然「股のぞき」もしました。この「股のぞき」の研究で「イグノーべル賞」を受賞された先生もおられましたが、なかなかに興味深い・・と思いました。
画像

写真の左は、モノレール乗り場です、乗りませんでしたけど。
画像

この高台の地は飛龍観というらしいです。
画像

「鉄で組み上げられた」少し恐い回廊が設置されていて、そこからの眺めは・・当然、更によかったです。
画像

小雨が断続的に降っていました。

事前の案内で「リフトかモノレール」と書いてありましたので、どういうことになっているのか、興味ありました。
画像

並行して走っている交通手段だったようです、もう少し雨が強いと、傘をさしてのリフト乗車はムリで、そういう時は、モノレールが大混雑になることでしょう。
画像

そういうことで、一通り見終わった後、リフトで下りました。
画像

智恩寺を参拝した後、砂浜のほうに行くと、橋が動いていました。そういえば何かのテレビ番組で見たことがあります。
画像

この狭い水路を観光船が通る時、この橋は回転して船を通すとのことでした。
画像

結局、この時間に通る予定の船は乗船者がなかったようで、ほどなく橋は開通しました。

バス乗車までは、もう少し時間があったので、砂浜に行ってみました。
画像

この先も歩けば傘松公園まで行けるようです。
画像

振り返っての、砂浜から見たリフト・モノレールです。
画像

たまに見るツアーパンフレットに「傘松公園からの展望」の文字があります、どういう位置関係なのか分かりませんでした。
ビューランドとは反対側にある公園のようですね、機会があればこちらからの景色も見てみたいです。

ここではモノレールではなくケーブルカーといっているらしいです。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年02月11日 21:26
子供も 年寄も ここに来ると
皆 股のぞきを しますね。
その 様子を見ている方が 面白い
です。松がしっかり育っていて
美しい風景ですね。
以前来た時は 部分的に枯れていて
歯抜け状態でした。
人生ゆっくり
2019年02月12日 08:53
「枯れ」が目立った時があったのですか・・。
確かに海に生えている感じですから、維持するのは大変でしょう。
そういうことにも「思い」をはせることが必要ですね。
2019年02月12日 11:23
私も以前一度そそくさと廻ったことがありました。股覗きもしたように記憶します。ケーブルにも・・・
松は松くい虫にやられて、捕植が進められていました。
高校の同期生ひとりが宮津出身でした。
人生ゆっくり
2019年02月12日 16:49
確かに「松」はデリケートな植物のようですね。
赤松の被害を五島列島などで見て、全滅するのではないかと思ったこともあります。
宮津出身の同期生ですか、お付き合いの広さは素晴らしいです。

この記事へのトラックバック