余部鉄橋 -1903

「地球儀を俯瞰する外交」などと、意味不明の言葉を言われる方がおられます。

それを真似して・・、全国を俯瞰してみると「余部(あまるべ)鉄橋」は、かなりマイナーな観光地だと思います。

今回ツアーの途中で立ち寄ったのは、行程上の都合だったのでしょう。全般的に、かなり「ムリをした」行程だったと思います。
画像

ですがマニアには山陰本線の「天空の鉄橋」として、それなりに有名なところです。

以前このブログでも書きました。ご興味あればクリック・・ 「餘部鉄橋-1126」

昔の記事からは少し経っていますので、景色が少し変わっていました。
画像

旧の線路上の駅は、その時にもできていましたが、ここに上るエレベーターが新設されていました。
画像

前回に来た時も、駅への坂道は既にあったらしいですが、知りませんでした。でも断然エレベーターのほうが楽ちんです。
駅からの日本海
画像

(時間を調べていたのでしょうが) ちょうど駅に気動車(山陰線は未電化です)が入ってきました。
画像

この駅から乗る人は、だれもいません。乗車している方よりも、ツアー客のほうが圧倒的に多かったです。
画像

ちなみに若い頃の山陰線は「急行」に乗っていましたので、ここに駅があったのか記憶にありません。
気動車は去っていきました、橋の向こうの古くからのトンネルを継続して使っているので、微妙に左に曲がりトンネルに入っていきました。
画像

下りは坂道を歩きました。
この先の右に、下りの道がありました。
画像

坂道途中からの光景は、なかなか興味深かったです。
赤い鉄骨部分が旧橋の一部です。
画像

画像

橋の下には「道の駅」ができていました。
画像

旧橋梁の一部も展示してありました。
わたしにとっては、懐かしい懐かしい場所です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年02月25日 22:58
余部鉄橋の下は 何度も通って
いますが 鉄橋は 渡ったことが
ありません。
以前の ブログも拝見しましたが
こんな 素晴らしい風景が見えたの
に 列車に乗らなかったことが
悔まれました。
人生ゆっくり
2019年02月26日 08:56
今度行かれたら是非エレベーターに乗ってください。なかなか「いい風景」です。
但し一回行けば・・いいですね。
2019年02月26日 13:13
鉄橋の時代に山陰線に乗った折、今余部鉄橋を渡っていますと、車掌から案内放送があったという記憶がよみがえりました。
人生ゆっくり
2019年02月26日 16:52
確かに急行ではそういう放送がありました。ちなみに特急ができたのは、かなりアトでした。
夜行座席鈍行には、何度か乗りましたが、昼間の鈍行に乗ってみたい思いが、最近しています。

この記事へのトラックバック