映画「運び屋」 -1908

画像

年齢が年齢ですから、多分、クリント・イーストウッドの最後の監督・主演作品となるでしょう。

それにしても工夫のない、実にダサいタイトルです。あえて、そうしたのかもしれませんが。

イーストウッドは高級百合の栽培業者で、外ずらはいいのですが、娘の結婚式も忘れるほどの家庭を顧みない男です。
インターネット社会に乗り遅れたらしく、やがて花栽培は行き詰まり破産します。

そんな時、「いい仕事がある」と耳うちしてきた男がいました。

90歳でも出来る、あるものを運ぶだけの仕事です。
その結果、思いがけない大金を手にします、当然、危ない仕事です。

必死に追いかける警察陣、麻薬組織内での対立抗争、元家族に対する悔恨の情、地域の盛衰、・・いろいろな場面が展開されます。
警察のリーダーとのエピソードは秀逸です。

しばらく経って、離婚した妻が病気で厳しい状況に陥ります。
ずっと唯ひとり、イーストウッドに想いを寄せてきていた孫娘が「来てくれ」と必死に懇願します、そういわれても「行けない」ある事情があります。
さて、どうなるでしょうか。

いろいろと感じるところがありました、この映画も「面白い映画」でした。

ただ・・ですね、これが主人公と同年齢のイーストウッドの「最後の映画」か、と思うと寂しい気持ちになりました。
この映画では何と4人のグラマラスな女性と、ネチネチと絡んでおられたようです。その姿を見ると、90歳といっても、まだまだ監督はできるのではないでしょうか・・期待したいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

アールグレイ
2019年03月16日 05:35
よさそうですね!
先日予告編を観てきました。
「グラントリノ」は忘れられない作品です。「運び屋」のタイトルに、ちょっと安っぽい感じがしました。でも、あえてそこを狙ったのかなと思いました。
人生ゆっくり
2019年03月16日 09:42
後で思い返すと、いろいろと細かいところにも配慮された映画だと思いました。
余韻の残るラストも、よかったです。

この記事へのトラックバック