西本願寺 -1917

「若狭・関西近辺ツアー」、東京発の三泊で巡るものでしたが、バスでの移動距離が長く、かなりムリを承知でのツアーだったと思います。

最終日、神戸・京都散策の後、帰路はバスで米原に向かい、そこからの新幹線は往路同様、またまた「こだま」乗車でした。
ちなみに米原の隣の名古屋で「のぞみ」に乗り換えたら、1時間早く自宅に帰れたようです。

京都で西本願寺に立ち寄りました、次の下鴨神社と同様、寺社区域への「入場料無料」という、「<格安ツアー>定番のコース」だったのでしょう。
東京でも、無料入場ができる施設へは、千客万来です。

西本願寺には何回も来ていますが、建物の中に入ったのは初めてでした。
この日は、沢山の奉仕団の方が来ておられて、つれられるように靴を脱ぎ入りました。
画像

建物の外に出ると、若いお坊さんがグルーブの方へ説明されていました。それで、こんな写真が撮れました、「ボー」と歩いていたら絶対に気づかないです。
画像

キチンと説明を聞くと、いろいろと興味深いですね、でも、このようなガイドは簡単にお願いできないでしょうし・・。
画像

この地は京都駅に近いですから、こんな風景も・・。
京都タワーの左・横のポールに、以前来た時に「巨大かつカラフル」な旗が掲げられているのを見たことがあります。あれは何だったのか、今回聞きたかったですけど・・。
画像

この記事へのコメント

2019年04月10日 16:24
やはり専門のガイドさんの お話は
ガイドブックに 載っていない 面白い
話が聞けて いいですね。
そのおかげで 撮れたお写真は 何でしょう。
縁の下の力持ちさんかしら?
人生ゆっくり
2019年04月10日 16:41
多分「力持ち」なのでしょうね。古い時代のものとは思えません。
観光地にはボランティアのガイドさんがおられますが、無料と言われても、なかなか頼むことができない・・小心者の「私」、残念です。

この記事へのトラックバック