由布院 -1923

令和の時代に入りました。

令和最初の記事は、九州をホボ一周したバスツアーの記事とします。
殆どは、再訪の地でしたので、「思い出ツアー」といったところでしたね。

初日の宿泊地は由布院でした。
画像

源泉の湯煙らしい風景が、旅情をかきたてられます。
画像

この宿には能舞台があり、その時期には「由布院能」のイベントが行われるようです。
画像

翌日の風景
画像

幻想的な風景です。
画像

まずまず「いいホテル」でした。ツアー料金は少し高めで、トイレ付バスで移動しました。

亀の井別荘↓、人気ランキング上位が定番の高級旅館です。
バスガイドの話によると、同宿者の誰にも会わず食事ができ、風呂にも入れるそうで、「不倫旅館」という別名があるそうですが、それは可哀そうです。
画像

造作も凝っています。
画像

スグ近くの金鱗湖
由布院は、私にとって「ガッカリした観光地」の一つです。元々、原宿が移ってきた雰囲気で「なんじゃいな」と思いましたが、今回は多くの中国・韓国のお客さんで、その雰囲気が更に拡大・増大していました。
画像

中国なんかには、もっと素晴らしい景観が沢山あると思うのですけどね。
画像

由布院は、この湯けむりが最大のポイントだと思いました。
画像

由布院の温泉湧出量が別府の次だとは知りませんでした。
それにしても別府の湯量はスゴイですね。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年05月03日 10:18
湯煙のあがる風景は 日常のモヤモヤ
を 忘れさせてくれますね。
能舞台のある旅館なんて やはり
高級旅館ですね。素敵です。
湯布院というよりも 私は金鱗湖に
ガッカリしましたよ。
お写真では とても いい風景なのに
ただの水溜まりにしか 見えませんでした。



人生ゆっくり
2019年05月03日 15:00
私も以前、金鱗湖にはガッカリしました、ただ今回は朝の早い時間でしたので、少しは「見れ」ましたよ。
もっと朝早いと風情があるそうですよ。
アールグレイ
2019年05月04日 06:40
能舞台のある旅館があるのですね~さすが本州!
「不倫旅館」・・・なるほど・・・
凝った細工の建物が、湿気の多そうな地でよく保存されていますね。
中国は大国だと、飛行機が着陸態勢に入ったとたん、実感しました。すばらしいところが多いと思います。まだ手の入れすぎていない地域も、数知れないと思います。
人生ゆっくり
2019年05月04日 15:35
九州ですけど・・、北海道から見ると本州というイメージなのですね。
亀の井別荘は、何かのランキングで、十数年間、全国一の旅館です。おもてなしが素晴らしいそうです。
不倫する元気はありませんが、一度だけでも宿泊したい旅館です。
アールグレイ
2019年05月05日 05:20
チョー初歩的な勘違いでした。遠い北海道から見ますと、九州と本州はそう変わらなくて・・・北海道の皆さんが、私のように間違えて覚えてはいないと思います。(念のため家人に聞きましたら、本州と言ったら、九州も含まれて頭に浮かぶとのことでした)地理を習い始めた9歳には、間違いなく伝えます(笑)
人生ゆっくり
2019年05月05日 09:20
いえいえ軽い気持ちで書きましたので・・。
北海道からみれば、ツイそんな言葉が出るのも理解できます。

この記事へのトラックバック