仙厳園 -1931

鹿児島随一の観光地ですね。ここも何回か訪れたことがあり、懐かしいところでした。 少し前にブラタモリの放送があり、見たいと思っていた反射炉跡です。 磯庭園の別名がありますが、庭園としては豪快かつ開放的な庭だと思います。 こんな豪壮な石のモニュメントは、他で見たことがありません。 何といってもここからの景色での圧巻は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

同期会 -1930

学生時代の合唱団「バリトンパート」の『同期会』参加のため、京都に行ってきました。 3年ぶりです。 今回は7名の参加でしたが、いつも通り実に楽しかったです。   70歳を超えても仕事している元気な連中が半数以上、これは立派、中には今も数日間の出社で、多額の収入を得ているという・・、ことさら立派な奴もおります。 一泊でした…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桜島フェリー -1929

ここのフェリーは24H運行しているそうです。 この航路は、道路のような存在になっているのでしょう。 今回の「思い出ツアー」は、その場所に行った回数をカウントしていますが、桜島フェリーに乗ったのは・・往復は1回として、5回目くらいだったでしょうか。 短い距離のフェリーですが、乗るたびに、いつも何かの旅情を感じるのが不思議です…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

桜島・有村溶岩展望所 -1928

この場所に来たのは3回目でした。雄大な溶岩の風景を見るには最適の場所だと思います。 今回は鹿児島湾を左側に向かい、地続きの道路から桜島に入りました。 少し噴煙が上がっています。 溶岩道路は年月を経て、かなり緑が侵食していて荒々しい雰囲気ではありません。 有村展望所に着きました。 バス運転手に尋ねると、昔は、私の記憶…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黒酢 -1927

ツアー会社は、いろいろと考えて観光コースを設定しています。 この日の昼食場所は、黒酢の製造メーカーの施設でした。昔、出張で何回も訪れた大隅半島が黒酢生産地ということは知っていましたし、その光景も見たことがあります。 今回のこの施設は大規模で、レストラン併設など、「成功」した施設なのでしょう。 この日の日程は、青島から都…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青島 -1926

「宮崎市」に何回、来たのか思い出してみました・・。 1.大学3回生時の演奏旅行   延岡と宮崎での演奏会でした 2.翌年、就職前の九州奄美大旅行   堂々(?)、半月に及ぶ(貧乏)大旅行、沖縄はアメリカ統治下でパスポートが必要、与論島まで行きました 3.高度成長期の頃、会社の採用担当から頼まれた「赴任の出迎え」   国鉄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高千穂 -1925

高千穂も50年前以来の、2回目の訪問でした。 以前の記事に書いたこともありますが、大分県の豊後竹田から一日2便しかなく、県境で乗り換えたバスで宮崎県・高千穂に入りました。こんな路線は今は廃止されていことでしょうね。 このような経験は数少ないですから、鮮明な記憶として残っています、バスの乗客は大半の区間は私一人でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬の本高原 -1924

50年前の夜中、大阪の港から船に乗って別府に着きました、九州の明るい風景が印象的でした。 その時は、「やまなみハイウェイ」を走るバスに乗ったのですが、様々に現れる牧歌的な高原風景に魅了されました。 今回の写真↓です。 今回の旅は、朝一番で由布院を散策した後の「やまなみハイウェイ」でした。 ところが残念ながら、瀬の本高原に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

由布院 -1923

令和の時代に入りました。 令和最初の記事は、九州をホボ一周したバスツアーの記事とします。 殆どは、再訪の地でしたので、「思い出ツアー」といったところでしたね。 初日の宿泊地は由布院でした。 源泉の湯煙らしい風景が、旅情をかきたてられます。 この宿には能舞台があり、その時期には「由布院能」のイベントが行われるよう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more