島原フェリー -1937

熊本港から、バスともどもフェリーで島原港に向かいました。乗船時間は一時間くらいだったでしょうか。

学生時代に、このフェリーに一度だけ乗ったことがありますが、その時のことは殆ど覚えていません。
その50年前の熊本港ターミナルにて↓、左が私です。先の同期会の写真と比較すると、何と大量の毛髪・・、当時ビートルズのヘアスタイルを真似していたと思います、恥ずかしくも可笑しいです。

あの頃「ボク」は若かった・・です。分かりますか ?、当時「あの頃君は若かった」・・というフォークソングがありました・、・実につまらない恥ずかしいジョークでした。
画像

出港準備、船員の方は大わらわでした。
画像

こちらのフェリーが出港した頃、島原からの船も到着しました。
画像

50年前の船内は、こんなに豪華(?)ではなかったように思います。
画像

熊本に住んでいた頃、運動不足対策を兼ねて、休日などに市内をよく歩きました。当時、地元の皆さんよりも私の方が、よほど市内の道を知っていたのではないでしょうか。
そもそも熊本人はクルマに乗ることが多くて、あまり歩かれませんので。

熊本港は市内から、かなり離れたところにありますが、一度だけ熊本駅から往復、歩いたことがあります。昼飯を食べるところがなくて、へとへとになって歩いた記憶があります。
熊本に住んでおられる方で、こんなところを、こんなルートで歩いた人は、多分、絶対におられないと・・思います。

こんなことは「誇り」でもなんでもないのですが、私にとっては熊本で頑張った思い出の一つです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ordori
2019年06月19日 10:59
本当に、50年前はみんな若かったですよね~。
当地も筑後平野の田舎ですので、外出は殆ど車です。
自宅と庭を隔てたボロ事務所の往復、デスクワークが
たて込んでいる時は、殆ど歩き無しです。
人生ゆっくり
2019年06月19日 13:06
東京などはクルマを使わなくても生活できるのに、あんな高齢者がムリして運転して・・事故、何とかなりませんかね。
ちなみに私は、年に数回しか運転しません、これはこれで心配ですけどね。
2019年06月20日 10:45
私たちは 車移動がほとんどで
駅舎の印象はほとんど 無いです。
ゆっくり 列車旅も 良いな~と
思ったりしますが やっぱり 車です。
地元の人より 人生ゆっくりさんの
ような 縁あって住むようになった
方の方が 隅々まで探検したくなるので
しょうね。いい思い出ですね。
人生ゆっくり
2019年06月20日 17:18
熊本を歩いていて感じたのですが、細い道に入っていくと、「行き止まり」になったことが何度もありました。
これも城下町ならではのことと理解しました。
整備された今の東京では、「行き止まり」になることは少ないと思います。

この記事へのトラックバック