雲仙地獄 -1939

雲仙地獄は、学生の頃以来の二回目でした。こういうところだったのか・・、覚えているところもあり、そうでないところが大半・・、中途半端な思い出が浮かびつつ消えつつでした。

宿泊した旅館から直接「雲仙地獄」に行けました。
赤のラインが今回、歩いたルートです。
画像

雲仙地獄はスゴイですよね。
画像

日本の「地獄」の雰囲気がある場所で、私が行ったことがあるのは、こんなところです。
「硫黄山」「阿寒湖」「登別」「恐山」「那須」「箱根・大涌谷」「別府」そして「雲仙」、思ってたよりも少ない感じです。
でも雲仙地獄の印象はダントツで、生半可な風景ではありませんでした。
画像

正直「コワイ」思いがします。
画像

画像

50年前は、雲仙ユースホステルに宿泊しましたが、同行3人で地獄めぐりに出かけようと思った時、2人の女性連れから、一緒に行っていいですか、と尋ねられました。もちろん否応はなく・・。
性格の良さそうな女性でしたので、今から考えれば・・。
画像

それなりに楽しく会話したと思いますが、「後日譚」は何もありません。
画像

画像

真知子岩というのですから「君の名は」の彼の君も、ここに来られたのでしょうね。
画像

画像

ここの雲仙地獄には、キリシタン棄教のための拷問に使われた歴史があるそうです。私の大好きな津和野では明治に入った後も、拷問・処刑が行われていたと聞きました。
ここ雲仙では、どうだったのでしょうか・・。
画像

こんな歴史上の地を目にすると、これからも記憶を残していきたいなと思いました。
これからも日本各地を観光した時、時々そういう思いに、フトとらわれることがあるのでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ordori
2019年06月24日 23:58
雲仙地獄でのキリシタン弾圧は江戸初期で、津和野の浦上崩れ者の弾圧は、江戸末期から明治初期にありました。
地獄の湯けむりを見ていると、活火山の麓にいることを実感しますよね。
人生ゆっくり
2019年06月25日 09:57
なるほど、そういうことでしたか。
雲仙地獄は、いろいろな意味で見ごたえのあるところですね。
2019年06月27日 11:26
楽しく地獄めぐりをしていましたが
拷問 処刑の場に使われていた所も
あったんですね。驚きました。
恐山は なんとなく不気味な感じが
して また訪れる気はしないです。
人生ゆっくり
2019年06月27日 16:57
女性と撮った写真の右上に十字架があります、ここらあたりが現場だったようです。それにしても残酷です。
恐山では宿坊の大広間に、私一人だけで寝たことがあります。確かに「気味悪い」ひとときも・・。

この記事へのトラックバック