国会見学その1 -1950

ある集まりで国会見学を企画してくれたので参加しました、国会は初めてでした。今回は衆議院の見学でした、参議院を同時に見学することはできないそうです、「タテ割り社会」とのことでした。
これは正門の扉越しの写真。左・衆議院、右・話題の参議院
IMG_5581.JPG
この正面の大きな門が開放されることは、あまりないようです。通常は脇の警察官が立っている門から出入りするようです。私たちも、そこから出ました。
先日の臨時国会初日の初登院の日、開門前から待っておられる議員もおられます、気持ちは分かります。テレビから。
IMG_5675.JPG
初当選組にとっては感激の表示板押し。ちなみに「押し間違い」は修正できるそうですが、一度間違って押した記録は残るそうです。

優秀な今回の我がメンバー、「なんかこの仕組みを使ったミステリーが作れそう・・」、是非書いていただいて印税がシコタマ入ったら、少し分けて頂戴・・。下の写真もテレビから。
IMG_5677.JPG
ちなみに国会内を警備しているのは警察官ではなく、国会所属の警備員だそうです。三権分立の観点から、行政下の警察が、立法の国会内に居るのはおかしいそうです、何やら難しいですね。

私たちの集合は衆議院第一議員会館、国会議事堂の裏手です。
IMG_5584.JPG
結果的には必要なかったのですが、中に入るには厳重なチェック。
昔の職場に、議員会館から通勤していた部下がいましたが、いちいちこんなことはやっておられませんから、特定のパスか何かがあったのでしょうね。
IMG_5590.JPG
国会内は原則「撮影禁止」だそうです、ここの議員食堂はOKでした。
IMG_5592.JPG
1500円也の「和食弁当」味噌汁付き、ご飯の量は夕食として食べるにしても、かなり多めでした。よく食べられる地方の方(偏見でしょうね・・)への配慮かとも・・思いました。
IMG_5591.JPG
議員会議室などは写真OKだそうですが、あまり面白くありません。
予算委員会が行われる部屋も見せていただける予定でしたが、何かの工事がやられていて・・残念。
IMG_5601.JPG
ここ↓は見学できましたが、開会式を前にしての天皇陛下のお休みどころ。見学前に頂いたパンフレット写真からの借用です。推定で現在の価格では220億円くらいかかったのではないかとの説明でした。

でも、直立不動のような、この椅子ではリラックスできませんね。低反発かなにかの快適な椅子を準備して差し上げたい・・というのが、心優しい今回メンバーの総意でした。
IMG_5681.JPG
テーブルのL字形も、何か変です、説明がありましたけど。
テレビに出てきた御前会議の様子、キチンと帽子が置かれていますね。昔は手前の机に帽子が置かれていたそうです、今も同じようにする必要があるのでしょうか・・、それよりも低反発・・。
天皇の帽子おき.JPG
次回は衆議院本会議場を中心とした話題を書きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月02日 22:36
天皇陛下のお休みどころは 立派なお部屋の
様ですが 堅苦しい 冷たい感じですね。
どなたか 議員さんになられて 低反発の
ゆっくり休める 椅子に 変えるよう提案
してあげてくださいよ。
人生ゆっくり
2019年08月03日 09:35
実際にお出でなった時は、ソファなどの用意もあるように想像しますけど。
あくまで想像です。