今昔・米子駅 -1971

故郷の今昔の風景を載せた写真集に、米子駅の姿がありました。
30年頃の米子駅.JPG
これは昭和30年頃だそうです。
米子に出かけることは、めったになかったので、駅舎などの記憶はありません。

私が高校を卒業して後、いつの間にか他の駅を凌駕する巨大な駅に変貌していました。
右の建物が駅ですが、更に右の方にのびています。
H17頃の米子駅.JPG
地域を統括する鉄道管理局があり、山陰本線、伯備線、鬼太郎で有名な境線のターミナル駅ですから、今も立派な駅として存在しています。
皆生温泉や大山へのバスも出ています。
米子市は県庁所在地・鳥取市と何につけ張り合っていましたが、今もそうかな・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

loafer
2019年10月22日 15:09
懐かしい写真です。疎開当時の米子駅は、一番上の写真の通りでしたが、今や駅ビルになっていますね。
叔父の家は駅から真っすぐ鳥取大病院の方向に進み、商工会議所の先、加茂神社の隣でした。
叔父はそこで写真館を開いていました。
道路の拡幅で今はその二軒長屋はありません。
人生ゆっくり
2019年10月22日 16:49
高校時代の3年間、米子に住みましたが、真面目一途(?)で街を徘徊することなどはなく、市内のほとんどを知りません。
加茂神社の名前は知っていますが、具体的な場所は知りません。ただ、その方向の洋裁学校に、昨年急逝した姉が通っていました。同級生に可愛い女生徒がいましたが、何と姉は知っているとのこと。
ただ、それだけのことで・・残念ですけど。
loafer
2019年10月22日 17:50
米子の叔父の家の向かいに、同級生が住んでいましたが、その家の隣に洋裁学校があった記憶があります。もしかして、姉上が通っておられた学校かも知れません。
人生ゆっくり
2019年10月23日 08:12
そんなに沢山、洋裁学校があるわけありませんから、多分そうなんでしょう。その姉は昨年、急死してしまいましたけど・・。
ordori
2019年10月23日 23:33
立派な駅ビルですね。交通の要衝地なのですね。
米子市と鳥取市はやはり国(伯耆国・因幡国)が違うので、張り合うのかも。
小生が住んでる土田舎も、久留米と福岡(筑後国・筑前国)が張り合いますが、福岡の一人勝ちです。
人生ゆっくり
2019年10月24日 09:54
狭いところで「張り合わなくても・・」とも思いますが、人間の何とかというものでしょう。久留米が福岡に・・ですか、それはムリというものでしょうね。
OB明立が近づいてきました、頑張ります。