海棠に雪 -2009

今日、もうすぐ4月というのに雪が降りました。都内にも降ったようですが、それほどの積雪にはならなかったようです。 我が家の海棠の上にも積もりました。もっと水分の少ない雪でしたら、ウッスラと積もり情緒があったでしょうが、写真のような状況で、少し海棠の花が可哀そうでした。各地の桜も苛められたことでしょう。 でも、この雪で春本番となるのかも…
コメント:2

続きを読むread more

春紅葉 -2008

春紅葉という、とてもキレイな日本語をご存知ですか。 我が家の庭で、この時季、もっとも優美に艶めかしく咲くのは、この海棠です。でも今回はその花のことではありません。 「葉っぱ」の新芽をご覧ください、色がついていますね。 もうかなりの昔に、最上川に行った時、船頭さんからこの言葉を聞きました。川の両岸の木々は「春 真っ盛り」の新緑でした…
コメント:4

続きを読むread more

選挙抽選制 -2007

タイトルに、ご興味があれば、この新聞記事を読んでください。参議院の、ある条件下での一定の議席について「くじ引き制」を導入してはという問題提起です。私は同感しました。 実現性は限りなくゼロでしょう。「御身が一番」の国会議員が、こんな法律改正に賛成するわけがありませんからね。 でも国会で質問の意図も理解できず,ちんぷんかんぷんの答弁をす…
コメント:2

続きを読むread more

コロナ3/20 -2006

コロナウィルス、猛威ですね。日本では「抑制的な状況」だそうですが、この曖昧模糊とした表現、私には理解できません。 政府の場当たり的な対応にも疑問を感じることがあります。学校の一斉休日の突然の発表、そのために起こる混乱を全く考えていないのですものね。そんなことの対応は、「下々たる役人や教職員が考えろ」ということなのでしょうか。 専門家…
コメント:6

続きを読むread more

「ワーストスリー」 あとの二つ -2005

先日の記事で、私が旅した中での「ワーストスリー」の一つは湯布院だと書きました。ついでですから、あとの二か所のことを書いてしまいます。 とうぜんのことですが、私がツアーに参加した断片での感想です。私が見てない「いい風景」は当然あると思います。「四万十川の川下り」沢山の観光船、堂々たる観光地です。でも、これらの船は広い河口付近をグルグルま…
コメント:7

続きを読むread more

大震災 -2004

昨日は東日本大震災の日でした。表現しようがない、凄まじいできごとでした。驚きました、私は自宅にいましたが、経験したことのない揺れでした(当地5弱)。その頃屋内で買っていた愛犬は高齢でしたが、慌てて身を寄せてきたのを覚えています。 最近の状況が新聞に載っていました。改めて未曾有の災害だったことを実感します。さまざまな事情があったのでしょ…
コメント:0

続きを読むread more

蜘蛛とかカラスとか -2003

屋外で「ボー」としていますと、いろいろな光景に出会います。蜘蛛の巣での「バトル」がありました、双方が真剣なので、緊張感が伝わってきました。と思えば、この電線のカラス・・。この距離で(目を見合わせ?)、「カー」「カー」といっていましたので、どう考えても会話してますよね。その内容を聞いてみたいです。カラスは、もっと離れた距離でも会話している…
コメント:4

続きを読むread more

湯布院 -2002

わが心友の「I」さんが、ブログにコメントしてくれました。どうして湯布院が、私が行った場所の中での「観光地ワーストスリー」なのか・・?あれだけの人気の観光地・・なのに、の疑問でしたのでしょうか。山の麓の湯けむりをあげる景色は、とても情緒があります。温泉は別府に次ぐ湧出量だそうで、泉質も申し分ありません。様々な町おこしのイベントもやっていて…
コメント:2

続きを読むread more

2000号記念 その二 -2001

14年間で2000号・・、2000号もさりながら、14年間も続けたのは、我ながら大したものだと思っています。この間、やめようと思ったことは一度もありませんでした。 <その二>は「ここ数年間で行った場所」の西日本編です、ハイライトは苗場の「ドラゴンドラ」でしたね。5.5㎞という長大なロープウェイですが、その迫力はかなりのもの…
コメント:4

続きを読むread more