映画「パヴァロッティ」 -2053

パバロッティ1.jpg
副題に「太陽のテノール」とあります、あのテノール歌手のドキュメンタリー映画でした。
本人の歌声は沢山聴けると思っていましたが、その他の部分は、どのような作り方をしているか興味津々でした。

多彩な証言者が登場しました。前妻とその子供たち、歳の離れた妻、「三大テノール」のプラシド・ドミンゴ/ホセ・カレーラス、指揮者のズービン・メータ、ピアニストのランラン・・。
それらの証言から、華やかで陽気な人間像が浮かんできます。

映画館の大スピーカーから流れる沢山の歌曲は素晴らしいですね、「圧倒的」という表現がピッタリでした。
最後はキチンと「誰も寝てはならぬ」で締めくくられていました。
パバロッティ2.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

アールグレイ
2020年09月17日 05:22
「圧倒的」というのは私の想像を超えているでしょうね。
そろそろ映画館で観たいと思うのですが、自粛慣れしてしまいました。先日ムーミン展を観てきました。混みはじめ、三密に近い状態でした。
人生ゆっくり
2020年09月17日 09:23
映画館は「前後左右」を空席にしていて、荷物も遠慮なく置けて快適でした。
ただ、あまり見たい映画がないですね。
loafer
2020年09月19日 18:40
昨日、かみさんと二人で見てきました。
全盛期のハイCは素晴らしいですね。
圧倒的な声量と美声に酔いしれました。
私の記憶では、三大テノールで実際に見たのはホセ・カレーラスだけです。
バリトンは男の普通の声、テノールは作る声。
横隔膜を使うという実演まで見せてくれて、参考になりました。
人生ゆっくり
2020年09月20日 09:11
たまには、こういう映画もいいですね。
本人の人間性も感じられた、いい映画だったと思います。