ハイウェイカード -2086

こんなカードもありました、今もあるのでしょうか?。ETCカード時代ですから、なくなったでしょうね。

高速道路の料金は高いので、こんな高額のカードもありました、割引率が魅力的でした。ETCでは割引などないでしょうから、残して欲しかったという気持ちもします。

↓ 写真は台風の時、不通区間になることが多い「東名きっての難所」です。実に見事な時期の、見事な構図の写真だと思います。
そういえば左下にある「日本道路公団」の名称は、消滅していますね。
ハイウェイカード.jpg
かって私の長距離ドライブというと、鳥取県の実家への往復でした。東名(or中央)・名神・中国・米子の各高速を走り抜ける片道777kmの
ドライブでした毎回、正直疲れました。
往復でこのカード1枚をホボ使い切りました。

実家が相続した私の手を離れて、これからは少なくともクルマで行くことはないと思いますが、何かと思い出深い旅路でした、時々フト心に浮かんできます。

長距離ですから、途中に観光地が沢山あります。
会社勤務中は日程的な制限があり、そういう時に立ち寄ることはありませんでした。

今から思うと、子供たちは夏休みでしたし、もう少し私の有休を活用してでも、余裕を持った旅をしてもよかったナと思います。
ただその頃の風潮は・・、少し違っていましたかね

思い出は数々あります。

東名では富士山や浜名湖、太平洋の景色。中央では、やはり富士山、八ヶ岳、南アルプス、諏訪湖SAからの眺望もよかったです。
名神では、関ヶ原や伊吹山、大津SAからの琵琶湖もいい景色でした。養老かどこかのSAで、何かのイベントをやっていてズワイガニを買って走った思い出もあります。観光イベントをやっていた県職員と、大台ケ原のことについて会話したのも楽しい思い出です。

中国道、宝塚まではクルマが多いですが、そこを過ぎると・・全くクルマの姿は消え、山の中に溶け込むがごとくスイスイと走れました。
米子道、かなり高い場所を走ります、当時は「対面走行」で、これは苦手でした。最近はかなり4車線化がすすんだようです。

定年後、郷里からの帰りを日本海沿いに走りました。山陰道はコマギレ状態で、かなり苦労した後、城崎に着き温泉情緒を満喫しました。
翌日は事故で名神はノロノロでした。いったん一般道に下りましたが、やがて動き出しているのをみて引き返し、再び高速にのりました。予定の長良川温泉には、9時半頃到着となりました。なかなか見事な料理でしたが、3時間前の調製で、これは残念でした。

こんなアクシデントの思い出は、今も印象は強烈ですが、こういう「途中下車のドライブ」の旅を何回かしたかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年01月18日 14:12
いろいろなカード。 大切に 持ってらっしゃるのですえね。
私なんか 直ぐに捨ててしまいます。
車での旅行は アクシデントがつきものですが それも楽しい
思い出になりますね。
私たちは 末っ子が 高校生になったころから 夫と二人で
いろんな所に旅行をしました。今思えば 子供をほったらかしにして
よく出かけたなぁ~と 少し反省しています。
人生ゆっくりさん 暇とお金は 十分におありでしょうから
これからも お二人で楽しい旅行をなさってくださいませ。
私たちも もう少し 楽しみたいです。

人生ゆっくり
2021年01月18日 16:05
キレイな写真のカードだけを保管していたのですが、ブログで役に立つとは思ってもいませんでした。
私は、クルマの便利さは重々認識していますが、運転することは基本的に「嫌い」です。
今年、認知症検査が必要となり、予約の電話をかけ続けていますが全く通じません。もう少し続けますが、免許更新をあきらめてもいいか、とも思っています。一昨年の新車購入以来、妻の専用車になってもおりますし・・。
loafer
2021年01月21日 09:32
思い出のある綺麗なカードはなかなか捨てがたいですね。
ハイウェイカードというのを使ったことはありません。
車にETCはつけていますが、最近高速に乗ったことがありません。

東京都の高齢者免許更新は、まず都内5か所の警視庁の施設で、認知症のテストを受け、合格してから教習所へ行くことに変更になったようです。
私にも通知が来たのですが、2月19日にやっと予約が取れました。
電車やバスを乗り継いでいくところばかりですから、ひとりで行けない人は免許返上せよと言わんばかりの施策です。
かみさんは免許更新せず、失効しました。
車はインドネシアから緊急帰国した長男家族へ貸与して、3カ月になります。
雨の日とか、荷物を運ぶとき車があったらと思うこともありますが、まあなんとか暮らしています。原付バイクで用が足りることが多いのですが、冬場は寒いです。
ordori
2021年01月21日 15:46
ご無沙汰しております。
緊急事態宣言下ではありますが、仕事と日常生活に田舎では車は欠かせません。
昨年、地元の自動車学校で高齢者講習を受け、ゴールド更新(3年)を果たしました。
歌の方は、第1回目の緊急事態宣言の時から、所属するカトリック教会で、歌唱が禁止になったので、全く疎遠になったままです。
人生ゆっくり
2021年01月21日 17:11
loaferさん
今回の申し込み受付は終了しましたとの自動返答がありました。
私は殆ど今後「更新しない」ことに決めていますが、どうみてもムリ・・ですから。来月のチャレンジて終了とします。

ordoriさん
大変な世の中ですね。もちろん私は、この一年全く歌っていません。声が出るのかが不安ですが、発声もしていません。
こういう時・、「讃美歌」で救われますでしょうか。
ordori
2021年01月22日 10:33
賛美歌で救われるかは判りませんが、私は卒団以来還暦に至るまで歌うことから
遠ざかっていました。亡くなった家内の強い要請により、教会に通うようになり、典礼聖歌を信徒全員、時にはソロで歌う機会に恵まれました。
この1年はコロナ禍のため、教会の中で歌うことは有りませんが、学生時代の定期演奏会のCDを車に乗せているので、車で移動する際は、歳とともに狭まった音域を気にせず、「キリエ」「月光とピエロ」等、大声で歌ってます。
人生ゆっくり
2021年01月22日 15:55
「キリエ」歌い方チェックで4人で歌わされた時、ズレてしまって散々な状況になりました。よく覚えていまして、その度に赤くなります。