マイナポイント 上限ゲット -2073

マイナポイント.jpg
↑上の新聞のコラム記事が指摘している問題は、かなり「的」を得たものではなかったかと思います。

でも「マイナポイント」のアイディアが、国の中枢におられる頭脳明晰な方が発案された施策にしては、全くの愚策だと思いました。
ヒョットシテ「アベのマスク」を提案された方だったのではと思いました。

こんなバカバカしい施策であっても、決定までには数々の関門があるでしょうに、実施されました。やはり当時の「天の声」による決定だったのでしょうか。

マイナンバーカードの取得率が低くて、それを高めようとした施策だったのでしょう。「餌をぶら下げれば、国民はついてくる」との感覚でしょう。でも、そうやった結果でも、2割くらいの取得率だとか。

当初このカードを持つと便利になる・・、そうなるといって導入されましたが、全くそんなことはなかったです。誰もが所持してなくても全く生活に不便がないのですから、こんなものが広がるわけがありません。

導入時、全く公に言われませんでしたが(ここが本当に「イヤ」らしい)・・、情報を一元化することによって「脱税防止のツール」として使えないか、「個人の全銀行トータルの預金額」を把握できないか、そんな意図を誰もが予想しました。

私などの圧倒的多数の国民にとっては、そういうことを把握されても何の問題もありませんが、困る方が結構いらっしゃるのでしょう。むしろお金持ちが多い与党支持者に、沢山の抵抗勢力がおられたのではないでしょうか。
これでは普及が進むわけないです。

苦し紛れの方策で、健康保険証や運転免許証と一体化して利便性を向上させる、との案があるそうですが、何ともねぇ、国民がどれだけ便利になるのでしょう。
そもそも、そんなに便利に使われるカードなら、万一紛失した時の不安が大きいです。

前置きが長くなりました。

私のマイナポイントは、今回チャージして、多分、上限に達したと思います。
マイナポイントで私と妻のポイント合計は、12000円になったハズです。「マイナ5000+JRポイント付加1000」×「2」
確認できるのは12月初旬なので、スヒード感が少々かけますが、楽しみに待つことといたしましょう。

私は以前からマイナンバーカードを所持していますので、今回のキャンペーンの意図からすると「期待の対象外」だったことでしょう。
でも、「様々なポイント制度」、あちこちで盛大に実施されていますが・・、いいことなのでしょうか。
私はGOTOの施策には、参加するつもりは、全くありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

loafer
2020年12月02日 09:26
拙宅でもマイナンバーカードはかなり早期に取得しましたが、今まで役立ったことはありません。所得をすべて把握しようとする魂胆があったことでしょう。

かみさんが自動車免許更新しないことにしたので、警察に電話したら、免許証返上証明カードは有料になる、マイナンバーカードをもっていれば証明になるので、免許証返上の証明書は不要でしょうとのことでした。
何も手続しないまま、失効すればよいそうです。
カードをなくす心配はかなりあります。
パスネットや健康保険証を紛失した前科がありますので・・・
マイナポイントの手続きはまだしていませんが、いずれと思っています。
人生ゆっくり
2020年12月02日 16:19
そうですか、免許返上カードは有料なのですか。高齢者の返上を促す/これまでご苦労さま、という意味で、プレゼントしてくれても、いいと思いますけど。

様々に大盤振る舞いですが、今後そのための方策を、どのようにとられるのでしょうね。
2020年12月03日 13:01
マイナンバーカード 作っていませんが 今まで 不便を感じたことはないです。 ポイントが 付くのですか。そんなことも 知らなかったです。
何れ 作らなければならないですね。
人生ゆっくり
2020年12月03日 15:12
なくても支障は全くないです。8割くらいの方が持ってないそうですから。
現在、便利なのは、戸籍謄本や住民票がコンビニで取得できることくらいです。