クジラのヒゲ -2108

コロナ騒動が始まって以来、一度も旅行していません。
一時期、ツアー会社からの旅行パンフレットは完全にストップしていました。GOTOプランの再開を期待しているのでしょうか、最近ドサッと送られてくるようになりました。当分ムリだと思いますけど・・。

本当に心が浮き立つことがない、この一年間でした。
私はワクチン接種が済み、世間が落ち着かないと、旅行に出かける気にはなりません。「名所は逃げない」という思いです。

「旅」を意識すると、いつも最初に浮かんでくるのは、思い出深い五島列島です。
↓ 土産品として買ったものです。
12 037.jpg
この船の帆の部分が、クジラの「ヒゲ」らしいです。
五島の民芸品です、高価なものではありませんでした。これが「ヒゲ」とは思えませんね、今も、何となく好きな工芸品のひとつです。

五島列島は「捕鯨の島」だったようで、捕鯨で命をおとした方が多かったと聞きました。未亡人が、兄弟と結婚されたケースも多かったとか。
もう一方の貴重な資源が「サンゴ」、その採集作業を描いた「珊瑚の島」という小説もあります。やはり危険な作業だったようで、同様な話が書いてあります。

五島は、キリシタン受難の島というだけでなく、その他の数々の辛苦を乗り越えてきた島だったようです。
こんな絶海の孤島で、ノンビリと暮らせる島だったとは思いますが、それだけに絶海ゆえの苦難があったということでしょう。

「クジラ」にしろ「サンゴ」にしろ、当時は比較的小さな舟での作業だったようで、いずれも「危険」が伴っていたようです。
私は出張でしか訪れたことがありませんが、「鯨神社」もあるようでした、一度だけでもお参りしてみたかったです。

五島での悲劇の物語と対比して、あまりにも美しい四囲の海を見るにつけ、その印象の落差を感じました。
五島は、再訪したいと思いつつの50年、あっという間に過ぎ去ってしまいました。

当時、この島に泊まっても、旅館の夕食での刺身は、種類は少なかったです。キビナゴ、イシダイ、イカなどは絶品でした、養殖されているハマチも美味しかったです。
でもこの種類だけでの「刺身の盛り合わせ」では、インパクトがなかったです。当時は「観光客」が殆どいなかったと思います。

コロナの不安が解消すると、絶対に五島を訪ねたいと思います。現在の「刺身の盛り合わせ」はもっと豪華絢爛なものになっていることでしょう、何せ四囲の海には沢山の魚が群れているハズですから、確かめてみたいです。
フェリーに寄り添いながらの「空飛ぶトビウオ」の群れを見たこともあります。アア行ってみたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

loafer
2021年04月16日 09:45
2006年の2月に全国椿サミットが五島市で開かれた折、参加しました。
福岡へ飛行機で行き、博多港から夜行船で上五島経由、五島へ朝6時ころ着きました。
当時はホテル事情がよくなくて、船会社のビジネスホテルのようなところに泊まりました。
海は澄んで、きれいでした。2月でまだ肌寒かったのですが、夏にレジャーで来たら楽しいだろうと思いました。

墓地の墓石が立派でした。金箔をはったような墓石もあったように記憶します。
キリスト教会があちこちにあり、観光コースに繰り込まれていました。でも現在は仏教徒が多いようです。
道路の真ん中に街路樹として椿が植えてありました。
たった2泊3日でしたが、記憶は鮮明に残っています。
帰途は福岡までANAで小一時間。時間の割に運賃が高いと感じましたが、島民には割引があるそうです。
東京からだと、台湾、韓国ツアー並みの費用が掛かります。

一昨年、五島で世界ツバキ大会と、全国椿サミットが予定されていましたが、
コロナで中止になってしまいました。
私も年ですから、もう再訪する機会はなさそうです。
人生ゆっくり
2021年04月16日 16:51
五島で全国的なイベント、事務局の方は大変でしたでしょうね。最近のツアーパンフをみますと、五島にはホテルなども増えているようです。
でも観光客は、五島までは行けてないでしょうね。
何とか行きたい思いはありますが、彼の地は遠いです・・。
2021年04月17日 10:34
名所は逃げない! その通りですね。
私たちも ワクチン接種がすんだら 旅行しよう!と
話しています。
帆の部分が クジラのヒゲなんですか。
べっ甲でできているように見えますが、、。
今でも 作っているのでしょうか。
すごく 価値があがっているような気がします。
人生ゆっくり
2021年04月17日 17:17
五島は、今は捕鯨の島ではないですし、50年前ですので、今こんなものが売られているのかは知りません。
当時は、少なくとも「高価」なものではなかったと思います。

ところで・・ワクチン接種後の最初、どこに行かれますか・・興味津々・・です。