わが家の春紅葉 -2100

イカリソウ草モミジ.JPG
私の家には、二株のイカリソウがあります、採取した場所が異なります。
一つの方は全て葉を落としていますが、もう一つの株は、冬を生き抜いて、写真のように今「色づいて」います。こちらは多分、田舎の裏山から持ってきたものだと思います。

昔、「春」に最上川の川下りした時、両岸の木々↓は、かすかに色づいていてキレイでした。こんな風景があるとは思いませんでした。
新芽が色づく木々は、結構多いとのこと。船頭は「春紅葉」だと教えてくれました。
実に美しい言葉だと思いました。実際にそんな気持ちになる景色でした。

川下りの名所「白糸の滝」↓です。正に「紅葉」といってもいいですね。
冬に川下りした時、この滝は細く、しかも凍結していました。船頭は、それぞれの風情があるので、春夏秋冬の全ての季節にお出で下さいと言っていました。
最上川15.jpg

写真のイカリソウが、山野の一面に広がっていたら、秋の「草モミジ」の雰囲気です。「草モミジ」というとチングルマや何とかウルシでしょうが、高い山に登ったことがありませんので、実際の情景は見たことがありません。

イカリソウが群落をつくるとは聞いていませんし、そんな写真をみたこともありません。どこかで一面に広がる風景があれば、印象的で存在感があるでしょうね。この草の根は強壮剤にもなり毒にもなるそうです。
基本的に「強い植物」のようですから、我が庭の片隅で、これからも二株それぞれ、存在してくれることでしょう。

今年は異常気候とまでは言えませんが、何か変ですね桜の開花が早くなったのも、そのせいでしょうか。このイカリソウにも関係しているのでしょうか。

いい季節に向かっていますが、この春の外出は、相変わらず最小限になりそうです、ワクチン接種の通知も未だきていませんし、我慢我慢我慢の春になるでしょうね。

警戒宣言を出していても、効果がでてこないので、警戒宣言は無意味なので解除すべき・・という乱暴な意見が政府の一部にあるそうです。
なんですか、こんな理屈あるのでしょうか・・。
状況が好転しないなら、対策を強化して感染を押さえるべきです、解除を言う人たちの思考回路が理解できません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

loafer
2021年03月15日 11:20
珍しい草花を栽培されていますね。
東京のソメイヨシノが開花宣言されましたが、平均よりは十数日早いそうです。
温暖化の影響でしょう。
コロナは下げ止まりで、我慢できない人が盛り場に繰り出しているようですから、収束の見込みは立ちません。
政府は解除したいようですが、解除したらますます蔓延してしまいそうです。
2021年03月15日 14:11
イカリソウが 植えられているのですか。
チョット変わった 可愛らしい花が咲くのでしょう。
どんな色の花が咲くのか 楽しみですね。
春は 枯れ葉の色 緑色 そして新芽が 出た時の
少し 赤みの帯びた黄緑色 等が混ざり合って 意外と綺麗ですね。
もう少し 暖かくなったら 旅行に行きた~~~~い!です。
人生ゆっくり
2021年03月15日 16:32
loaferさん
田舎の山から持ってきたもので、そういった愛着もあります。ユニークな形状の花は大好きです。
コロナの対策は、もっと以前に徹底的な対策を講じるべきだったと思いますが、今となっては・・。どう対処するのでしょうね。

フラバーバさん
この草花、近くの山で見かけたことがありましたが、あまり見かけませんね。
ツアー会社からパンフレットがドッサリ送られてきました。新コースも沢山あり、「長期滞在コース」なども載っています。「GOTO」のことは別途連絡とのことです。
私も~~~どこかに行きたいです。