故郷の大山  -985-

このところ「故郷」の記事を書いていないことに、気づきました。

故郷の記事で困った時は(別に困ることもないのですが・・)、大山(ダイセン)です。前にも何度か書いていますけど。
1年前の帰省のおり、米子自動車道から撮った大山↓です、見目麗しいほどの美しい姿ではありませんか、米子からみた大山は「伯耆富士」と呼ばれます。
島根県から見ると、「出雲富士」になるそうですが・・。
画像

この山の興味深いところは、見る位置によって、その姿が大きく変わることです。
更に米子道を走り、左のほうに(「名和長年」由縁の)船上山が見えてくると、また少しだけ雰囲気が変わります。
画像

でも雰囲気が変わる・・という意味では、やはり反対側の景色ですね。
画像

ここまで表情が変わる山は、そんなにないことでしょう。
それにしても、この景色、スゴイでしょう・・、谷川岳の「一の倉沢」に匹敵する景観だと思います。

蒜山SA、上り車線のSAから撮った写真です。
右のトンガッタ山は、いくつかある蒜山の峰の一つでしょう。
画像

おまけ・・、下り車線のSAからの写真、これはズームしてないと思います。
画像

本当に、いい山です。

"故郷の大山  -985-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント