鳥取県観光キャンペーン  -1029

我が故郷の鳥取県は、いろいろと努力しているように思います。
画像

前総務相・片山さんが県知事の時代に、いろいろと職員のモチベーションを上げる施策をやられていたようで、それが今も続いているということなのでしょう。

このブログで何回も書いていますが、鳥取県全体の人口は、私が住んでいる相模原市の人口よりも少ないのです。ですから「参議院選での一票の重みの格差」などの時、いつも「鳥取県vs神奈川県」として取り上げられます。
「重みの格差」、延々といつまでこんな議論をするのか・・と思ってしまいます。
そういえば、あの論理明快な自民党・石破茂氏(鳥取県選出)にしても、このことについては、何も言われませんナ・・。

それはさておいて、この観光キャンペーンもそうですが、小さいながら鳥取県は色々と努力奮闘していると思いますよ。
翻っての「人口が多い大都市」の我が市・・、政令指定都市になりました、でも、これはという変化は何もなく、これから何かが変化する兆しも、全く感じません。

市の職員や市会議員たちは、他の「政令指定都市」と比較しての報酬上昇だけが関心事・・などと、かんぐりたくもなります。
「それなりに、頑張っている」と思っているかも知れません、だとしたら、それは独りよがりの「誤解」です。鳥取県などの施策を参考にして、清新・果敢な行政を展開してもらいたいものだ・・と切に思います。

人口だけから言うと、市長は、鳥取県知事に匹敵する立場なんですよね・・。

上の↑観光キャンペーンの特典はイマイチです・・。キャンペーンは今月末までだそうです、皆様、どうぞお出かけになってくださいませ・・。風光明媚な自然、沢山の温泉、山海の食べ物、人情・・、いいところですよ。
今回の台風は、猛烈な雨だったようで、被害が出ていないか心配です・・。

"鳥取県観光キャンペーン  -1029" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント