衛星中継  -1034

この切手は、日本初の人工衛星「おおすみ」です、大隈半島の基地から打ち上げられたことによる命名だったのでしょう。
画像

タマタマ、テレビを観ていて「歴史的な場面」に出会うことなど、一生の内に何度もあることではないと思います。

月面着陸や軽井沢山荘事件・東京オリンピック開会式etcは、その時にテレビを観れる環境ではありませんでした。
「9.11のNY貿易センタービル」は、直前までニュースステーションを観ていたのですが、連日の激務(?)で、早々に眠くなり、翌日、家族から、その悲しいニュースを聞きました。

でも、このニュースは、よく覚えています。
画像

最初の「日米間の衛星中継」でした。しばらく前から、画面には霞ヶ浦かどこかの巨大なパラボラアンテナが映っていました。
いきずまる瞬間の衛星中継開始・・、ナント、「ケネディ大統領の暗殺」が報道されました、驚きました。驚きましたが衛星中継の即時性の威力には、本当にインパクトを受けました。

当時、人工衛星市場はアメリカの独壇場でした。地上局などの「通信」関係は、日本のメーカーも、それなりの力を持っていたのですが。

「ケネディ放映」の時、私は高校生でした、後で、この時に関係したメーカーに入社するとは、その時、夢にも思っていませんでしたね。
写真↓は、勤務していた工場あげての運動会の時、構内に野外展示された「国産・通信衛星」のモデルです。
この工場は、現在大ショッピングセンターに変身しています、私は、未来永劫、このショッピングセンターには行ってみたいとは思いません。
画像

"衛星中継  -1034" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント