演奏会終了  -1427

I さんから、当日の演奏会写真をおくっていただきました。
画像

ちょうど一週間前でしたが、終わってしまうと、はるか以前のことに思えるのが不思議です。

最初のステージは「バード・三声のミサ」、正直なところ個人的には、こういう曲は好きでないです。
そういう気持ちだと練習は楽しくありませんし、演奏後「感動」などしません。
お客さんは、どう感じられたのでしょうね・・。

2ステージは「岬の墓」、壮大で難しい曲ですが、歌いきれたかと言うと・・どうでしょうか。
詩の内容も「意味深」で、私たちの合唱団には少々荷が重かったかもしれません。ただ、こういう曲を経験したことは、「今後」へのステップにはなったでしょう。

3ステージは「柳河風俗詩」、私たちの合唱団もタダタケ大好き人間が多いです。安定した演奏だったと思います。
このステージは暗譜ということになっていたのですが、私も終曲だけをチラッと見てしまいました。毎年、一歳ずつ加齢します、暗譜は難しくなっていくのかもしれません・・。

4ステージは「ふじの山」、当市在住の寺嶋陸也氏の編曲です。そんなに難しい編曲ではなく、しかも楽譜を持ってのステージですから、余裕のステージでした。

アンコールは「乾杯」、あのリズムには悩まされましたね、こういう曲も「苦手」になってきています・・。

実は、この日は、あの台風18号がやってくる前日でした。私たちは朝から会場に入っていて分かりませんでしたが、終日雨の上、時折は強く降ったようです。
翌日は、かなりの風雨で、演奏会が前日だったことに感謝しました。

今回は、いつもの会場より500人以上も収容数が多いホールでした。それの「チケット管理担当」を命じられ、どうなることかいな・・と思い悩む、この数か月間でした。
そこにきての「台風」です・・。

オープニングのステージに上がり客席を見ると・・、もちろん空席は「左右・前」にあるものの、「ガラガラ状況」ではなく、正直ホッとしました。
↓全員合唱「遥かな友へ」
画像

今回の演奏会は、私にとっては、いろいろと思い出深い演奏会となりました。

"演奏会終了  -1427" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント