「田舎イメージ」  -1447

「田舎イメージが強い都道府県」、こういうアンケートは、いつかはあると思っていました。
画像

わが故郷「鳥取県」は、予想通りの上位、隣の「島根県」と肩を並べて2位・3位です。
島根県には、その知名度の低さから、「出雲大社県」にしたら・・とかの冗談話があるようですが、その延長で「出雲神話県」「石見銀山県」「津和野県」だってありですね、いっそ簡単に「松江県」にしたら、分かりやすいかもしれません。

わが鳥取県はどうでしょうか、知事が「スタバはないが砂場(鳥取砂丘)がある」と話されたそうです、何やら来年にはスタバが進出するそうで、スタバにはもう少し我慢して欲しかった気がしないでもありません。
「田舎イメージ県」なのは間違いないです。

両県を抑えてのトップは「青森県」ですか・・。
大観光地が沢山ありますのに・・、ヒョットして「大都会からの観光客」が多い県が「田舎県」だったりして・・。

「秋田県」「岩手県」「秋田県」「山形県」が続いていますが、ここにも観光地が多いです。「大自然・郷土料理・温泉・歴史・祭・人情・・」魅力がいっぱいのエリアです。

そして東北・山陰の後の、堂々7位に登場するのは佐賀県、熊本に3年住んだ私でも、この県にはキチンとしたイメージがありません。ズグに思い浮かぶ「柳川」は、福岡県ですしね・・。
ただ「田舎イメージ」かというと、私には何ともいえません、「イメージが湧いてこん県」といったところでしょうか。

その後に「高知県」「福井県」があって、関東圏で登場したのは10位の「茨城県」。ケンミンショーでは、埼玉県と対比しての千葉県、群馬県と対比は茨城県・栃木県・・が定番です。茨城のスグ後に「群馬県」が控えているのが面白いです。

今回のアンケートには、個人の様々な気持ちが投影されていて、あまりアンケートとしての意味を持ちませんね。
「こんな田舎はイヤだ」「こんな田舎に住みたい」、個人的な気持ちとしても、双方の思いがあります。
少なくとも、島根県と鳥取県が「右左どちらにあるか分からない」ような人に、あれこれ言って欲しくない気はします。

北海道は15位です、大都市の札幌が存在する一方で、北海道は、壮大・広大な田舎がいっぱいありますけどね・・。
北海道旅行をされた「北海道大好き人間」の方は多いので、「田舎」という言葉を嫌われたのでしょう。

鳥取県の中でも正に「ド田舎」で育ちました。山紫水明で、いいところもあり、そうでないところも・・、といった雰囲気でしょうか。
何と昨日(12/9)の「なんでも鑑定団」に、この地が登場しました。「正に、要望があれば、どこにでも行きます」ですね。
画像

付近は官庁街・文化施設街(?)
画像

文化センター横を日野川が流れています、この写真の鉄橋はJR伯備線です。
なんと近くに高速道の(ごく)一部が完成しています。
画像

この場所から15分強、日野川を遡ると私の生誕地です。
日野川の源流部分がテレビで紹介されていましたが、こんな山中で生まれたわけではありませんよ・・。
画像

"「田舎イメージ」  -1447" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント