白馬⑨白馬三山  -1546

私は「トンデモナイ間違い」をしていました。

八方尾根というのは、白馬岳(しろうまだけ)の一部で、八方尾根をドンドン登っていけば、白馬岳の頂上にたどり着く・・と思っていたのです。本当に、今回のツアーに参加するまでは、そう思っていました。
八方尾根というのは、白馬岳などを見る「展望台」位置にあり、八方尾根を登って着く頂上は「唐松岳」でした。

「白馬シリーズ」最後の記事です。
八方池に向かう登山道からの白馬三山、左から「白馬鑓ヶ岳」「杓子岳」「白馬岳」です。
画像

テレビ番組から拝借した写真です、これを見ると一目瞭然ですね。
八方池山荘までは、ゴンドラとリフト2本で、歩くことなく上れます、ただリフトを下りた皆さんは、殆どの方が八方池を目指しておられるようでした。
画像

前にも記事にしましたが、結構、登りがつらかった「八方池」からの写真です、全貌が池に映った姿を見てみたかったです。
水面は文字通り「鏡」のようでした。
画像

最終日、栂池ロープウェイの中からの写真、このロープウェイからの風景は、正に絶景でした。
画像

画像

遠くの左は爺ヶ岳、その右の双耳峰は鹿島槍ヶ岳だそうです。右に白馬大雪渓が見えます。
画像

栂池自然園からの山の姿です。
画像

画像

画像

白馬駅からの写真、山は近いですね。正面のスキー場は八方尾根です。
画像

白馬の高峰が身近に見られ、思っていた以上の高山植物を見ることが出来て、本当に楽しいツアーでした。
マズマズ天候に恵まれたしね・・。

"白馬⑨白馬三山  -1546" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント