瀬の本高原 -1924

50年前の夜中、大阪の港から船に乗って別府に着きました、九州の明るい風景が印象的でした。

その時は、「やまなみハイウェイ」を走るバスに乗ったのですが、様々に現れる牧歌的な高原風景に魅了されました。
今回の写真↓です。
画像

今回の旅は、朝一番で由布院を散策した後の「やまなみハイウェイ」でした。
ところが残念ながら、瀬の本高原に近づくまでは、濃霧で景色は、殆ど何も見えませんでした。

途中でガイドが「右の一帯は、自衛隊の日出生台(ひじゅうだい)演習場です」とアナウンスしました。乗客の皆さんは、どなたも関心がなかったようですが、私はこの地名を知っていて、実弾を使用する演習場と聞いていましたので、どんなところか興味がありました。

瀬の本高原に近づくとやっと霧が晴れてきました。
50年前は、こんなレストランなどなかったように思います。その時は、瀬の本ユースホステルに泊まりました。この夜のミーティングで、ある若者と議論になりました。内容は全く覚えていませんが、酒を飲んでもいないのに、熱く語ったということだけは覚えています。
画像

50年前も、3月でしたから同様の景色だったのでしょう、「緑」が生えいずる高原の情景を見てみたいです。
画像

有名な黒川温泉は近い場所のようでした。
画像

「瀬の本」の地を踏んだだけでも、私は懐かしかったです。
画像

更に「やまなみハイウェイ」を進むと、阿蘇です。

熊本に3年間、住んでいましたので、周辺は懐かしい地です。行ったところに赤〇をつけましたが、少ないですね。
それなりに仕事を一所懸命やっていたのです・・多分。
画像

"瀬の本高原 -1924" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント