晴れの日 -1944

宮崎を取り上げたTV番組で、こんなデータが示されました。
画像

私は、こういったデータをみるのが大好きです。
この画像は「宮崎は圧倒的に晴れの日が多い」と説明されるシーンだったと思います。

「平均気温」が高いのは沖縄・九州・・これは毎日の天気予報をみていると分かります。でも南国宮崎は3位どまり・・。
沖縄・鹿児島というと「ジリジリと暑い」イメージですが、宮崎は「爽やかな暑さ」です、私の勝手な思いですけど。

「日照時間」も3位、山梨が1位なのは意外です。ブドウの生育には適しているのでしょうか。
4位は群馬・・・といっても南部の地域でしょう埼玉北部も同様の気候で、この日照時間のせいで、かって瓦の製造業が多かったと聞きました。

「快晴日数」での1位は埼玉です。
「天日干し」は既になくなっていると思いますので、今は瓦産業が多いということはないでしょうね。

私は、埼玉県北部の新設工場勤務を命ぜられて、3年ほど住んだことがあります。この時は家族帯同でしたので、一部の仕事の苦労はありましたが、公私ともに、様々に楽しかったのを覚えています。

思い出してみると、晴天の日が多かったのかもしれません、ただ、乾燥した時期の「群馬同様の空っ風」によって砂塵が舞うのには往生しました。

先日、久しぶりに宮崎・青島に行きましたが、真っ青な空と海で、やはり南国を感じました。やはり宮崎は「いいところ」だと思いました。
こういうデータは、パズルのように読み解くと、本当に面白いです。


ps)先日ウェブリブログのメンテナンスが行われて、記事の作成方法その他が大きく変わりました。
何のために、このようなことを行ったのか、私には全く理解できません、いろいろと困惑しております。

"晴れの日 -1944" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント