銭湯 -1946

IMG_5569.JPG


先日、若者が銭湯復活にチャレンジするドキュメンタリーを放映していた。


復活しても経営が安定する客の確保が大変らしいが、頑張って欲しいものだと思う。

私なども、タマには広い浴槽に浸かりたいとは思うけれども、スグ近くにあればまだしも、離れた場所まで行く元気はない。


そもそも最近の家には、お風呂があるのだから、銭湯は必要不可欠なものではない。

昔、実家には薪で焚く五右衛門風呂があって、大体、私がその風呂の「釜当番」だった。いろいろと焚き方の工夫をしたりした。


そういえば当時の隣家には風呂がなく、勿論、銭湯などない田舎だったので、仕舞い湯を借りに来られていた。随分、不便をされたことだろう。

このことを思うだけでも、現在は便利な生活を享受しているのを実感する。

ps)

ブログのやり方がリニューアルされた後の「記事作成方法等」がよく分からず、意欲がかなり減退している。

以前のやり方に戻ることを切に希望しているのだが・・。

"銭湯 -1946" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント