生山駅 -1970

「故郷」つながりの記事です。

昔の写真集を見ていたら生山駅(しょうやま)の写真がありました。
実家から米子に出かけるにも、岡山に出かけるにも、この駅がキーになる駅でした。どちらへ行くのも蒸気機関車でした。

高校の通学後は毎日この駅を利用する予定でしたが、米子に下宿することになり、それはなくなりました、その点では愛着の度合いは少ないです。
でも実家の最寄り駅でしたから、懐かしい懐かしい駅です。

駅前での選挙活動風景なのでしょうね。
今年4月に帰省した時、たまたま町議選が行われていました。定員をはみ出すのは1名とかで、あまり盛り上がっていませんでした。
近所の仲良しお婆さんグループは、選挙カーが通ると、どの候補者であっても、その都度、道路に出て拍手で迎えられていました。生活の知恵ということなのでしょう。
IMG_5808.JPG
当時は「日の丸バス」と「備北バス」が、駅前に乗り入れていました。四方八方に、(今から考えると・・)沢山のバスが発着していました。
今は町運営のバスのみだそうです。

当時、生山駅には跨線橋がなく、列車が停車している間に、線路を横切っていました。この高校生は根雨や黒坂の高校に通学する生徒でしょう、私もその一人だったかもしれません、懐かしい光景です。
IMG_5811.JPG
何にしても昔の写真には、それぞれに「沢山の人たち」が写っています、その人たちは何処にいってしまったのでしょう。
昔の写真の家畜市場
生山家畜市場.JPG
木材市場もあったようです
生山木材市場.JPG

"生山駅 -1970" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント