大阪花博 -2082

「博覧会」話題のブログ記事は、今回が最後です。意外に多くの博覧会に行っていたのを思い出しました。
愛知万博もありましたが、その頃は「仕事が忙しく」、あまり関心もなくて私は行きませんでした。

東京には比較的まとまった緑地が思いがけず沢山あります。小石川後楽園や六義園などの旧大名屋敷跡庭園、また椿山荘、八芳園、雅叙園等の結婚式場やらとなって残っています。
それに比べて、大阪市内には大阪城周辺しかないですね。

そういうこともあり、大阪で「花」と「緑」をコンセプトにしたこのイベントが開催されたのでしょう、着眼点はとてもいいと思いました。

私の花博での一番の思い出は、あのマスターズの超有名なホールが再現されていた風景です。勿論、私はオーガスタには行ったことはありませんが、当日、晴天だったこともあり、とてつもなくキレイなコースを見ることができました。
ある会社の屋外パビリオンでした。
オーガスタ12番ホール.jpg
小さなグリーンの前に大きな池or川があり、しかも手前に複数のバンカー、そのグリーンも傾斜がキツイという難しいショートコースです。

花博時は「事前申し込み・抽選」でしょうが、実際にゴルフボールを打てるという楽しい企画をやっていました。私の前で緊張しながらティーアップしておられた方がいました。
この時、ショットされた方は、今も忘れえぬ思い出となっていることでしょうね。
こういうアイディア満点の企画は楽しくて、とてもいいと思いました。

【閑話休題】話題は外れますが、昨年の全米オープンでの渋野選手、3日間、首位を守った戦い、最終的に4位でしたが実に見事でした。もう少し笑顔があれば更によかったと思いました。
次の試合を期待しています、このひと「何かをもっている」人だと思いました。

陶板に焼き付けた絵画の名作を展示したパビリオンがありました。精緻な出来上がりに驚きましたが、それらをもとにして大塚国際美術館が建設されたと聞きました。
絶対に一度は行ってみたい美術館です、徳島ですよね。

花博というわけですから、沢山の花を見たと思いますが、明確に覚えているのは、やはりあまりないです、いろいろなものを一度に見たからでしょうか。

今後の計画で、神奈川県央の旧米軍施設返還地での「花博」開催が目論まれているそうです、つくづく博覧会が好きな国だと思います。

横浜市は「カジノ」なんぞの妄想は捨てて、こういう誰でもが納得できる、健全なイベントで頑張って欲しいものです。林市長のリコール請求の署名が法定数以上集まったそうですが、どうなるのでしょうか。

"大阪花博 -2082" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント