あけましておめでとうございます -2081

喪に服している時を除いて、「おめでとう」という言葉が、素直に口にできない正月は初めてでした。

歩いて行く、近くの鎮守様への初詣が、毎年の恒例行事でしたが、今年は自宅二階から、その方向に向かって手を合わせることにしました。こういうのは「信心が薄い」と言われかも知れませんが、今年は許していただきたいと思っています。

昨年の初詣の写真です。マァ「密」とまでは言えませんけどね・・。
過去の川尻八幡.jpg
我が家には、正月、子・孫が来ました、玄関先の年賀の挨拶だけで帰ってもらいました。どうせ「お年玉」目的だったでしょうし。
コロナ退散後、楽しく会話したいものです。
静かな正月ですが、やっぱり寂しいです。

こんな世の中は本当に悔しいです。彼・彼女たちが来家しないのは、ひたすら私たちに感染させたくないという思いのようです。
その気持ちが十二分に分かるだけに、複雑に切ない思いは倍加します。

ここに至っても非常事態宣言は回避・・、為政者の無策で、何とない不安がズルズルと引き続いていくように思える昨今です。

自宅の二階からの初日の出
しばらくして一階からも見えました。

認知症にはなりたくないです、その対策のためにも、今年もブログは頑張って書いていくつもりです。
今年一年、少しでも「明るい話題」が増えることを願うばかりです。

どうぞ本年もご厚誼のほどを、宜しくお願い申し上げます。

"あけましておめでとうございます -2081" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント