笹竜胆 -1956

実家には、もう住む人がいなくなりましたが、我が家に綿々と続いてきた家紋は、笹竜胆でした。どうしてこの家紋なのか聞いたことがありませんでしたが、戦国時代の山陰の大大名・尼子家になんらかの関係があったらしいので、その関係なのかも知れません。 何年も前、墓地探しをしていた時、墓石屋に「実家は笹竜胆」と言ったところ、「源氏」ですね、と言われました。源氏を代表する家紋の一つとのことでした。尼子一族が源氏…

続きを読む

深谷 -1955

少しだけ過ごしやすくなったところもありますが、今年の夏は、まだまだ、しばらく続くと思います。本当に、こんな時期にオリンピックをやるのでしょうか、選手が心配です。アメリカのテレビ会社の意向などで「仕方なかった」そうですが、決然と日本の状況を主張すれば、何とかなったのではないかと思っているのですが。「オシボリ」「冷却剤」の提供や「霧状冷却のミスト」だけが、日本の「おもてなし」と外国の人に思われないか…

続きを読む

京都人の密かな・・・ -1954

昨年放映されたこの番組が、私はこの十年くらいでの、最も優れたテレビ番組だったと思っています。 「京都人の密かな愉しみ」です。 この番組の内容は「融通無碍」に展開していきます。京都の伝統や風習・習慣を紹介するの中で、ドラマ仕立てのストーリーが進んでいきます。 主人公は5人の仕事見習い中の若者、「植木職人」「京料理調理人」「パン職人」「陶芸家」「京野菜作り」、それぞれの師匠は個性は違いますが、…

続きを読む

日本の橋 -1953

日本には「いい橋」が沢山あります。少し前のこの新聞読者アンケート、「行ってみたい橋」だったのか「行ってみてよかった橋」だったのか分かりませんが、ナルホドね・・と思いつつ見ました。私がいったことがあるのは赤丸です。 ①錦帯橋は少々意外でした。確かに興味深い橋なのは間違いありませんが。全国でナンバーワンの橋かと言われると・・疑問です。この橋の寺の近くで住職をやっている友人の結婚式で、フェニック…

続きを読む

甲子園 -1952

春に続いて母校・米子東が甲子園出場することになり喜びました、春夏の連続出場です。春は一回戦で強豪校に当たり、予想通り敗けましたが、今度こそ・・。 県予選の決勝は「7-6」くらいの接戦だったようですが、ともかく勝ち抜いて出場を果たし、さて今大会初戦の相手校は・・、と報道を見ると、ナント・・。智弁和歌山というではありませんか。新聞のスポーツ記者の座談会では、優勝候補ナンバーワンに挙げられていました…

続きを読む

国会見学その2 -1951

衆議院本会議場です議員秘書の方が興味深い説明をしてくれました。これからは本会議場がテレビに登場したら、あれはこれ、あそこは何、と見ることでしょう。修学旅行での見学も多いそうですが、多少なりとも親近感が持てるでしょうから、見学は、とてもいいことだと思います。 色々と話してくれましたが、私も思わず涙しそうになったエピソードです。「東日本大震災の後は、各国の大使などは殆ど日本を離れられました。そんな…

続きを読む

国会見学その1 -1950

ある集まりで国会見学を企画してくれたので参加しました、国会は初めてでした。今回は衆議院の見学でした、参議院を同時に見学することはできないそうです、「タテ割り社会」とのことでした。これは正門の扉越しの写真。左・衆議院、右・話題の参議院この正面の大きな門が開放されることは、あまりないようです。通常は脇の警察官が立っている門から出入りするようです。私たちも、そこから出ました。先日の臨時国会初日の初登院…

続きを読む

あせった軽井沢 -1949

長雨続きでウンザリしていましたが、関東も梅雨明けとなりました。ところが何と突然の猛烈な暑さがやってきました。 今日、郵便受けに「前月分の電力使用量」の紙が入っていました。この一か月の使用量は、昨年比で25%減だったそうです。特に生活上、大きく変わったことはないのに・・、と疑問でしたが、昨年の猛暑を思い出しました。昨年は、もっと前からエアコンを使用していたのでしょう。 数日前、テレビが軽井沢の…

続きを読む

駅弁-1948

駅弁は大好きですから、このブログでも何回か書いてきました。少し前、新聞に載った、この駅弁ランキングには・・正直、驚きました。数年前から、駅弁の各種ランキングで盤石の1位で、今後もその常勝を続けるものと思っていました「牛肉どまん中」、10位と極端に下落しています・・。 実は昨年の東北ツアーの時、満を持した形で米沢駅で買い、車中で感動的に食したのですが・・。 まあ、この種のアンケートは、母集…

続きを読む

五輪トライアル・自転車ロードレース-1947

私の住んでいる近くの道路で、オリンピックの自転車ロードレースが実施されますが、そのトライアルレースが先日行われました。メイン道路を長時間閉鎖しての競技でしたから、もう五輪まで行われることは、ないと思います。 ちなみに東京都調布市がスタートで、ゴールは静岡県の富士スピードウェイ、244㎞を走り切るそうです。 どの場所で観戦しようかと思っていました。新小倉橋から見下ろす小倉橋です。自転車は左端の…

続きを読む

銭湯 -1946

先日、若者が銭湯復活にチャレンジするドキュメンタリーを放映していた。 復活しても経営が安定する客の確保が大変らしいが、頑張って欲しいものだと思う。 私なども、タマには広い浴槽に浸かりたいとは思うけれども、スグ近くにあればまだしも、離れた場所まで行く元気はない。 そもそも最近の家には、お風呂があるのだから、銭湯は必要不可欠なものではない。 昔、実家には薪で焚く五右衛門風呂が…

続きを読む

晴れの日 -1944

宮崎を取り上げたTV番組で、こんなデータが示されました。 私は、こういったデータをみるのが大好きです。 この画像は「宮崎は圧倒的に晴れの日が多い」と説明されるシーンだったと思います。 「平均気温」が高いのは沖縄・九州・・これは毎日の天気予報をみていると分かります。でも南国宮崎は3位どまり・・。 沖縄・鹿児島というと「ジリジリと暑い」イメージですが、宮崎は「爽やかな暑さ」です、私の…

続きを読む

アタマの衰退 -1945

私が回答するとしても「はい」です。 なったらなったで、それは仕方ないのですが、できるなら避けたいです・・。 認知症・・、私にとっては最大の心配ごとの一つです。 昨年、脳ドックでMRIを撮ってもらい、「今のところ何の問題もない」と言われていますが、でも・・心配です。 昨今、高齢者運転による信じられないような交通事故が多発しています、どういうことなのでしょうね。 私は免許取得以来、…

続きを読む

映画「新聞記者」-1943

この映画は社会派的ミステリーとでもいうのでしょうか。 東都新聞の女性記者(シム・ウンギョン)のところに匿名のファックスが送られてきます。大学の新設計画らしいのですが、内容をみてもフックスの意図がなになのか、よくわかりません。 ただトップページの羊のマンガ絵が、何故か気になります。 もう一人の主役は、外務省から内閣官房に出向している(松坂桃李)です、意に沿わぬ仕事も多く、鬱々とし…

続きを読む

祐徳稲荷 -1942

この稲荷神社を訪れたのは初めてでした。 梅の時期でした。 日本三大稲荷がどこなのかは、諸説あるそうですが、ひとつの有力な主張は「伏見、笠間」そして、この祐徳だそうです。 「笠間」でなく「豊川」を推す人もおられるそうです。 清水寺とは、また違った雰囲気の舞台造りでした。 本殿もなかなか立派でした。 舞台の上から。 石段を辿る「奥の院」があるそうで、上りはじめま…

続きを読む

グラバー邸 -1941

今回のツアーは四泊五日で、九州全県を駆け抜けるものでしたから、少し気ぜわしい旅でした。 私にとっては殆どが「再訪」の地でしたが、数十年ぶりの場所もあり、退屈するということはありませんでした。 長崎県では「旧グラバー邸」のみの観光でした、長崎に来て、ここだけの観光なんて、こんなツアーは他にはありません。 駐車場の前の道を上るとばかり思っていましたら、ガイドは下の道を案内します。 …

続きを読む

雲仙の旅館 -1940

今回泊まった旅館は、雲仙温泉では、グレードの高い旅館とのことでした。 先の天皇陛下も泊まられた旅館とのことでした。なので広大な庭園がある「純和風旅館」だと、勝手に想像していました。 内部は和風でしたけど、外観はホテルでした。雲仙地獄から撮った写真です。 右の建物最上階の右の方が、皇族方が宿泊されるゾーンのようでした。 夕食は部屋食でしたが、私はどちらかというと、騒がしくないのが前…

続きを読む

雲仙地獄 -1939

雲仙地獄は、学生の頃以来の二回目でした。こういうところだったのか・・、覚えているところもあり、そうでないところが大半・・、中途半端な思い出が浮かびつつ消えつつでした。 宿泊した旅館から直接「雲仙地獄」に行けました。 赤のラインが今回、歩いたルートです。 雲仙地獄はスゴイですよね。 日本の「地獄」の雰囲気がある場所で、私が行ったことがあるのは、こんなところです。 「硫黄山」「…

続きを読む

映画「空母 いぶき」 -1938

毎年この時期は、観たいと思う映画が少ない時期です。 アカデミー賞を狙うには、それなりの効果的な公開の時期があるようで、そんなことで、この時期、ややかったるい映画が多いのではないかと私は思っています。 ところで・・この映画です。 日本の自衛隊は、「専守防衛」の定義を曖昧にしたまま、「空母 いぶき」を保持しています。護衛艦4隻を従え、訓練で小笠原近海を航行中です。 ところが何と国籍不…

続きを読む

島原フェリー -1937

熊本港から、バスともどもフェリーで島原港に向かいました。乗船時間は一時間くらいだったでしょうか。 学生時代に、このフェリーに一度だけ乗ったことがありますが、その時のことは殆ど覚えていません。 その50年前の熊本港ターミナルにて↓、左が私です。先の同期会の写真と比較すると、何と大量の毛髪・・、当時ビートルズのヘアスタイルを真似していたと思います、恥ずかしくも可笑しいです。 あの頃「ボ…

続きを読む