テーマ:アカデミー賞

映画「グリーンブック」 -1911

この映画チラシ、「大本命」の表記は、それなりの自信がある映画なのでしょう。でも同様な表現をしながらも、期待を裏切った映画が、これまで沢山ありました。 ところが、この映画は見事にオスカー作品賞を獲りましたね。 封切り後、かなり遅くなりましたが、行ってまいりました。 いい映画でした。 トランプ大統領の人種差別的発言な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アカデミー賞  -936-

先日「日本アカデミー賞」の発表がありました。残念ながら、翌日の新聞の扱いは随分と小さかったです、「特別な」映画賞ではないということなのでしょう。 「悪人」が主たる個人賞を独占しましたから、当然「作品賞」「監督賞」も・・、と思っていましたら、ナントそちらは「告白」でした。 主演の松たか子が司会をしていましたが・・、このあたりの「モ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画「スラムドッグ$ミリオネア」  -614-

アカデミー賞の作品賞・監督賞・・、その他の各賞を「総なめ」にした映画です。 スラムドッグとは「スラムの負け犬」ということだそうです。ミリオネアは、テレビのクイズ番組です。 まともに学校にも行けなかったスラム育ちの青年が、クイズの正答を続け、最終の問題に王手をかけます。これに正解すれば「2000万ルピー=4000万円」を得ることが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「チェンジリング」  -584-

アカデミー賞の発表がありました。 パートナーであるブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー・・、男・女の「主演賞」にノミネートされていましたが、いずれも受賞できませんでした。 この映画の最後の方の部分に、ラジオでアカデミー賞の発表を聴くシーンがありました、今回のアカデミー賞を意識していたのでしょうか・・、それは分りませんが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画「ノーカントリー」  -382-

今年のアカデミー賞で「作品賞」「監督賞」「助演男優賞」「脚本賞」を受賞した映画です、期待していました・・。 偶然に、目の前にした大金を持って男は逃げます。「アメリカン・ギャングスター」の悪役刑事だったジョシュ・ブローリンです。彼が主役・・でしょうね。 老保安官役の、トミー・リー・ジョーンズが、とてもいいです。彼が「助演男優賞…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ドリームガールズ」  -161-

この映画のキャッチに「夢は永遠に生き続ける」とありました、ひとつのテーマではありますが、今一パンチがないですね。ジェニファー・ハドソンが、この映画でアカデミー助演女優賞を受賞しました、確かにいい演技をしてました。 この映画、どうしようかなと思っていたんですけど・・、つい観ちゃいました。 どうして迷っていたかといいますと、エデ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more