テーマ:思い出

涙が滲んできました「わが熊本城」 -1936

熊本での自由時間に、観光案内所で受領したパンフレットの写真↓には、クレーンが写っています。 こんな写真を使うのは、復旧の完成までには「時間がかかる」ことの覚悟・・だと思いました。 3 年間単身赴任していて、いつも雄々しい熊本城を見上げていましたから、正直、再建中の「無残な姿」を見たくは・・ありませんでした。 今回のツア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

高校野球選抜大会 -1880

どうも来年の選抜甲子園に母校が出場できそうです、正直、信じられない気持ちです。 大昔、「強豪校」といわれていた時期もありましたが、最近は・・。 秋の中国地方大会(中国地方の5県)で、何と準優勝したらしいです、大体、中国地方から2~3校は出場しますから、これは当確といってもいいのでしょう。 一方、今年春の選抜大会は記念大会だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西郷どん  -1826

写真は大昔、鹿児島に出張した時に買ったものです。 小さいものですが、この人物のイメージにあっていて、気に入っているグッズの一つです。 鹿児島には何度も行きました。 最初の時は、大学合唱団の演奏旅行、宮崎・えびの高原での現地解散後、霧島を通って桜島のYHに一泊しました。 二回目は卒業間近の、およそ20日間の大貧乏旅行、当時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪見風呂 -1813

以前から、雪に囲まれた露天風呂に入ってみたいという思いは、いつも持っていました。 今回ツアーで2泊したホテルの露天風呂は、いずれも周囲に雪があり、それぞれ「いい気分」で風呂に入りました。ただ「雪見風呂」としての興趣はイマイチでしたかね・・。 最終日の昼食は牛鍋風に煮込まれた「米沢牛のすき焼き」でした、山形新幹線の乗車時間待ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵王 -1811

先月行った、冬の東北2泊3日ツアーでの最後の目的地でした。 バスガイドは何回も「このツアーでの皆さんの一番の楽しみは樹氷でしょう」と言っていました。 私は、そうではなかったのですが、そうかもしれないな・・とも思いました、私も蔵王の樹氷は見たことがありません。 今回の地蔵岳に向かうロープウェイ・・、高度を上げるごとに「真っ白な世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花火① -1796

真冬のこの時期、「花火」の話題を続けるのは、どうかとも思いますが・・。 ついでなので、これまでの人生の中での「思い出深い花火」をメモってみます。 「故郷の盆踊り大会での花火」 私は「盆踊り」というものを一度も踊ったことがありません、「男が踊る」というのは、どうも納得できなくて・・。 小さい頃の田舎での「盆踊り大会」は、かなり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬の花火 -1795

昨年、スキーの「初滑り」のことを書きました。 適当な写真がないので、この写真↓にしました。この蔵王には旅で何回か行ったことがありますが、スキーで行ったことはありません。一度だけでも、この樹氷原を滑ってみたかったです。 久しぶりに申し込んだ冬のツアーで、この樹氷原を見物することになっています、吹雪にならないことを祈るばかりです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

悔しい年末  -1793

私の今年は、このことに尽きると思います。 弟の死は、いまだに現実のこととは思えません。 あまりに突然の出来事だったのですが、三か月間、病院での療養生活に濃密に向き合うことが出来たのは、これまでそういう経験がありませんでしたので、ある意味よかったと思っています。 結局、一語を話すこともなく「別れ」となりました、「無力」という…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

志賀  -1789

昔は10月頃から旅行会社の店頭には、スキーツアーのパンフレットが、山のように積まれていました。 12月は、少し標高の高いスキー場では「初滑り」が出来る時期で、いよいよシーズン到来と胸が高鳴ったものでした。新聞には「スキー場の積雪状況」が毎日、載っていました。 年末にスキーを担ぐ若者の姿を見かけなくなったのは、何時の頃からでしょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

懐かしの地が画面に・・  -1783

旅で行ったことのある場所が、テレビの画面に出てきますと、なんとなく楽しい気持ちになります。 今「自転車・こころ旅」は四国を回っています。 観自在寺が出てきました。四国の西南にあります、50年前、足摺岬の金剛福寺の宿坊に泊まった次の日の宿泊地でした。 宿坊といっても、これらはユースホステルでもあり安宿宿泊でした。この旅も一人旅で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

播州赤穂城 -1782

私が「忠臣蔵」や「赤穂義士」が大好きなのは、以前、何度かこのブログに書きましたが、この夏初めて赤穂城に行きました。 実は、昔、「赤穂駅」は何回も通過したことがあります。京都から鳥取県の実家に帰る時に都合がよい「急行」が赤穂線経由だったのです。 そのころは全く「赤穂城」などに興味がなく、居眠りしながら通り過ぎていました。途中下車す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

懐かしの喫茶店 -1774

京都市内をウォーキングしていた時、荒神口の信号のところに出ました。 昔は、ここに京都市電の電停がありました。 茶色いビルの1階に喫茶店の「シャポー」があります。 合唱団の練習が始まる前に、時間つぶしを兼ねて、時々コーヒーを飲みました。 以前、この辺りのことが新聞に出て、私も記事にしました。 でも、それを書いたのは3年前…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

メリケンパーク -1769

神戸市立博物館はメリケンパークに行く途中にあり、その存在は全く知りませんでしたが、タマタマ目にして入場しました。 こういう思いがけない遭遇も楽しいですね。 高層ビルは、一度だけ泊まったことがあるホテルオークラ神戸です。 あの時、研究会ツアーの夕食には、ここの社長さんも同席されました。 はるか昔の中学校の修学旅行で「メリケ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸市立博物館  -1767

神戸という町は、何となく身近な存在ですが、何回かしか行ったことがないので、「これは」という思い出がありません。 思い出「1」、学生時代、神戸で「第○回・関西六大学合唱演奏会」というのがありました、そのためのゲネプロは神戸大学の講堂でした。坂や階段が多いキャンパスで学生は大変だろうなと思いましたが、眼下の「神戸市内の眺め」は、と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

水陸両用船  1702

正月早々は、少し重ったるい記事が続きました。 スカッと海の上を飛んでみましょう。 バスの形をした水陸両用「車」が造られて、観光シーズンには運行するというニュースがありました。 バスが湖をプカプカ浮かんで走っている・・なんとなく楽しいですね。機会があったら是非乗ってみたいです。 水陸両用車というと、かってホバークラフトがあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バブル  -1700

「バブル」の思い出については、何回か書いたことがあります、ともかくスゴイ時代でしたから・・。 ライオンが吠えるが如きの「トランプ大統領」の誕生が目前です。 「何かを変えてくれるはずだ」「かっての繁栄したアメリカを取り戻してくれるだろう」「自分が豊かだった、昔の生活に戻れるかもしれない」 多くのトランプ支持者たちの「期待」・・、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

また大阪万博 ?  -1690

大阪万博が開催されたのは、随分と昔のことですが、私の青春真っ只中の時期でしたから、記憶はかなり鮮明に残っています。 再び大阪で万博を開催したい考えがあるらしいです。 野党第一党を「バカ」よばわりする代表が率いる政党が主張しているとのこと。 再びの大阪万博の意義は正直よく分かりません。トランプに似た雰囲気の、その代表は「カジ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都・妙心寺あたり  -1674

断続的に書いてきた三陸ツアー記事が一応終わりましたので、同様に台風に遭遇してしまった「関西チョットだけ旅」の記事を始めることとします。 京都での同期会の前に、宿に荷物を預け、妙心寺を起点に周辺を歩きました。本当は私、こういう旅が大好きなのです。 学生時代、洛北の地に下宿していましたが、妙心寺を一度も訪ねたことはありませんでし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

大王わさび園  -1655

以前に一度だけ来たことがあります。 拡大されて広くなった大駐車場、そこにビッシリのクルマ、驚きました。 ただ、あのクルマの数にしては、園内の人数は、それほどでも無かったです。それだけ園内が広いということでしょうね。 「入場無料」というポリシーは、昔も今も変わっていないようで素晴らしいです。 私たちも園内で、わさびソフトを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

車山  -1650

車山はユニークな山ですね、木が少ない独特の景観です。 平坦で女性的な山容をしていますが、山頂の標高は1900mを超えています、冬の気象条件は多分とても厳しいのでしょう。 夏山リフトの運行開始は9時とかで、それを目指して行きましたが、既に駐車場には多くのクルマ・・。 でもリフト乗りの待ち時間などはなくて、スグに乗れました。山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白樺湖  -1647

白樺湖とか車山といったら、自宅からは中央高速にのると比較的短時間で着ける場所で、近いです。 昨年から孫たちと一緒に、夏に「一泊二日」の旅をすることにしました。一泊ですから、遠いところは無理で、白樺湖は適当な場所です。 近くても、私がここに来たのは、今回で4回目くらいでしょうか。 過去に来たのは「マイカーでのドライブ」「八子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍者  -1642

このところ新聞やテレビに「忍者」がよく登場します。 忍者というと私にも、「古い」思い出があります。 何十年か前、通学していた高校に「忍者」という人がやってきました。 こういうことへの対応には鷹揚な高校でしたので、「こういう人が来ていて実演があるので、放課後、希望者は体育館に集まれ」との校内放送がありました。 数百人の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビスターカー  -1641

先日のブラタモリで、近鉄駅に「ビスターカー」が入ってきました、洗練されたデザインの車両でした。 50数年前の昔になりましたが、私が中学校の時の修学旅行は関西方面で、その最遠地の場所は伊勢志摩でした。 確か法隆寺見学の後、近鉄で伊勢志摩に向かう電車に乗車しました、八木駅だったでしょうか。 乗ったのは「ビスターカー」で、その2…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

六連  -1630

東京六大学合唱演奏会、通称「六連」は、合唱がお好きな方はご存じのことでしょう。ただ私は、就職後、東京近郊に住まいしていますが、そのコンサートには一度も行ったことがないです。 六大学野球と同じメンバーなのが面白いですが、この男声合唱フェスティバルは、今も綿々と続いているようで、それは素晴らしいです。 先月の演奏会は、第65…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

賭博  -1609

「情けない」、実に情けない・・です。 バドミントン協会の錢谷専務理事がテレビで釈明会見しておられました。昔、名刺交換しましたが、当時は日本リーグ常勝チームの監督でした。この方に、こんな場面で登場させてはダメです。 五輪バドミントンで、メダルが期待されていた選手の賭博行為、鈴木スポーツ庁長官が「バカだ」と言ったそうですが、私も、そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

給食  -1587

「給食」には、いろいろな思い出を、お持ちの方が多いようですね。 残念ながら私には、その思い出がありません。山間部の小さな学校で弁当持参が基本でした。ただ学校から近いところに自宅がある連中は、昼休憩になると家に帰って食べていて、私もそうでした。 毎日、家で昼食を食べる・・、今となっては、これも不思議とも思う体験ですね。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

カバヤ  -1567

カバヤキャラメル・・ってご存知でしょうか。 空から日本を眺める番組に、その工場が登場しました。 私にとって懐かしい会社名です。 キャラメルの箱に、小さい小さい「オモチャ」が、「おまけ」でついていました。 私の記憶にある「おまけ」は、この写真ほどには豪華ではなかったと思いますが・・。ショールームにズラリと並べてあるそうです…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

聖火ランナー  -1556

かっての東京五輪の時、全国各地を「聖火のトーチ」が走り抜けました。 私は当時、紅顔可憐な美少年(?)でした。 山陰道を東上してきた聖火は、高校前の道路を走りました。トーチを掲げるのは、当時の生徒会長、その姿は覚えていますが凛々しかったです、沿道で全校生徒が拍手しました。 その時の写真が、学校の○○記念誌にのっていたように思い、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エイトピーチェス  -1552

私の住んでいるところからは、東京は少し遠いですが、浅草は確実に遠いです。 何回かの乗換が必要で、なんとなく行くにはメンドウクサイところです。 そうは言っても何度か出かけてはいます。 「国技館5000人の第九」練習の時は、早めに出かけて、周辺をぶらついた後、練習に参加しました。浅草寺も4~5回くらいは行ったことがあるでしょうか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷凍ミカン  -1520

未だ梅雨は明けていませんが、高い気温の毎日ですね、暑がりの私にとっては、「ツライ季節」への突入です。 これからはガマンの日々が続くことになります。 夏の思い出は沢山ありますね、いろいろと昔を思い出します。 井戸で冷やしたスイカ 引き売りのアイスキャンディー(5円)、売りに来る小父さんは「アイスキャンデー」と言っていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more