テーマ:思い出

辛島美登里 -2209

突然、こんな話題で恐縮です。この歌手、私は大好きでしたが、ご存知でしょうか。 「透き通るような声」と表現される歌手は少なくありませんが、その一方で「歌い方がダイナミック」と感じる歌手は、そう沢山はいません。そういうことで私は昔から、この人のファンでした。「クリスマス・イブ」は大ヒットしました。 昔の熊本勤務時代、熊本の中規模ホールに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トランペットの少女・・-2188

この写真は東日本大震災の後に、新聞に掲載された写真です。この写真は、この十年来、私が大事にしていた写真です。毎年この時期が来ると、私はいつもブログ写真に使おうと思っていました。でも写真を見ると、その度に切ない気持ちになり、使うことをためらっていました。 東日本大震災の時、私にとって、新聞記事で最も悲しく印象的だった写真は、これです。瓦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道土産 -2186

他の方に譲渡した実家のリビングには、サケを咥えた大きな木彫り熊がありました。 持ち帰ろうかと思っていましたが、少し大きすぎて、残念ながら残してきました。実家は、部屋数は沢山あって、簡易宿泊所的な使い方をすると聞きました、今はどこかの部屋に飾ってあるのでしょうか。右は可愛い熊が小瓶のバーボンを抱いています。どこかでの職場だった若手が新婚…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

カラオケ歌集 -2170

↑これ、ある銀行の昔のノベルティーです、少し驚きますよね。 昔の異業種交流会のメンバーに、その会社の社員手帳をいただいたことがあります。驚いたことに巻末は、カラオケの歌詞集でした、社長が大のカラオケ人間とのこと。なかなか楽しいですが、歌うことが苦手な社員は、どういう会社生活を過ごされたのでしょうか。 上のカラオケ歌集です。埼玉勤務時…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

思い出のスキー場 -2150

残暑を感じる日もありますが、秋に向かって一直線の昨今です。涼しい思い出を書いてみようと思います。 私のスキー経験、入社後2年目から初心者で始めました、なので実際にスキーを楽しんだ期間は3~4年しかありません。でも濃密な楽しい思い出がいっぱいです。思い出すままに・・。 蔵王は一回だけでも滑りたかったです、美しいですね。その他の季節には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クジラのヒゲ -2108

コロナ騒動が始まって以来、一度も旅行していません。一時期、ツアー会社からの旅行パンフレットは完全にストップしていました。GOTOプランの再開を期待しているのでしょうか、最近ドサッと送られてくるようになりました。当分ムリだと思いますけど・・。 本当に心が浮き立つことがない、この一年間でした。私はワクチン接種が済み、世間が落ち着かないと、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

志村さん一周忌 -2105

「志村けん」がコロナで死去して一年経ったそうです。最近NHKの「プロフェッショナル」で取り上げられました。この番組は様々な視点から「志村けん」を取り上げていて、ドキュメンタリーとしては秀逸だったと思います。 ただ、かすかな違和感が残りました。インタビューで登場する方が一様に絶賛される(されすぎる)のです、一方で、批判的な人もおられたハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三八豪雪 -2096

私の故郷は、中国山地の奥深い所で、時にかなりの雪が降りました。雪にまつわる思い出は沢山あります。 私が今、住んでいる当地の冬は、数回、雪がチラッと舞いましたが、積雪とまではいきませんでした、こういう年は珍しいと思います。まだ2月ですから、安心はできませんけどね。雪景色には情緒がありますが、積もった時の難儀を考えますと、無いならないほう…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「たき火」または「水の音」 -2095

パチパチと燃える「たき火」を見つめるのは、何ともいえない情景だと私も思います。キャンプファイアーの大きな炎では感じませんが、チョロチョロとした「たき火」の炎が、時には「メラメラと力強く」燃え上がるのを見たりすると、えも言われない感情が湧き上がってきます。 このところ、そんな情景・雰囲気をテーマにしたテレビ番組が増えてきているように思い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リモートワーク -2091

コロナの急激な拡大により、「リモートワーク」「テレワーク」という勤務が、にわかに注目されました。政府はリモートワークの拡大で、出勤者7割減を要望しているようですが、そんなことは出来っこないと思います。 そもそも国会等は無観客国会で十分でしょう、出席の日当分・交通費相当分の歳費は不要になるでしょう。、テレビで観ればいいことです。昔は面白…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

成人式についての思い出 -2090

今年の成人式はコロナで中止になったりと・・、いろいろと可哀そうでした。そういえば娘の時は未曾有の大雪でした、人生いろいろあるということでしょう。 50年前のことです、今とはとんでもなく・・「時代」が違います。半世紀前ということは、つくづく長い時代を生きてきたものだと思いますが・・。 今、住んでいる相模原市は政令指定都市ですが、当時は…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ハイウェイカード -2086

こんなカードもありました、今もあるのでしょうか?。ETCカード時代ですから、なくなったでしょうね。 高速道路の料金は高いので、こんな高額のカードもありました、割引率が魅力的でした。ETCでは割引などないでしょうから、残して欲しかったという気持ちもします。 ↓ 写真は台風の時、不通区間になることが多い「東名きっての難所」です。実に見事…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

オレンジカード -2084

バスカードつながりで、今回はオレンジカードです。この名前覚えておられますか。 オレンジカードが登場した時、本当に便利だと思いました。今のスイカの便利さとは雲泥の差がありますが・・。表面に印刷された車両の写真も興味深かったです。「つばさ」のメタリックで精悍なフォルム↓が好きでしたが、乗ったのは米沢に行った時きりでした。 「つばさ」の旧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスカード -2083

神奈川県一帯のバス路線を網羅しているのは「神奈中バス」です。路線の総距離はかなりのものだそうで、いつも西鉄バスと日本一を競っているとのことです。 神奈中は確かバス共通カードを使用した最初の会社だったと聞いています、なかなかの存在感がある会社ですね。昔は結構、荒っぽい運転手がいたりして、印象はあまりよくなかったですが、近年は、そういう印…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

大阪花博 -2082

「博覧会」話題のブログ記事は、今回が最後です。意外に多くの博覧会に行っていたのを思い出しました。愛知万博もありましたが、その頃は「仕事が忙しく」、あまり関心もなくて私は行きませんでした。 東京には比較的まとまった緑地が思いがけず沢山あります。小石川後楽園や六義園などの旧大名屋敷跡庭園、また椿山荘、八芳園、雅叙園等の結婚式場やらとなって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横浜博 -2079

現在の「横浜みなとみらい地区」は高層ビルが立ち並んでいます。高層のオフィスビルや高層マンション、エンターテイメント施設も沢山できています。横浜博の時、こんなところに広大な土地があったのかと驚きました。 鉄道でのアクセスも至便でしたが、なんと海の上を行く、横浜駅前からのゴンドラが期間限定で設置・運行されていました、私も一回乗りました。そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

シンデレラ・エキスプレス -2078

今年のクリスマスは、どんな風景になるのでしょうか。コロナを避けて、サスガの「若者」の行動態様は少し変わると思います、はたまた変わらないでしょうか・・。 バブルの時期のクリスマスは、未婚の男女が都内のリッチなホテルに宿泊して、ラグジュアリーな一夜を過ごす、・・というのが「恵まれた」若者たちの定番コースでした、一年前からのホテル予約が常識…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

科学万博 -2076

私にとって万博というと大阪万博が一番の思い出ですが、それに次ぐとしたら、科学万博ですね。 科学万博・・、先日のテレビ番組によると、茨城県民は、このイベントに今でも絶大な思い入れを持っているとのこと。クスッと笑える話題で、楽しかったです。確かに当時の「つくば」は、かなりの田舎だったでしょう。そこに忽然と現れた「未来都市」には、茨城県民は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大阪万博 -2075

大阪万博は規模・人出の両面から、当時の国内では比類のないくらいのイベントだったと思います。高度成長期の真っただ中で、後に来るドルショックや石油ショック、またバブル崩壊などは、頭の片隅にもない時代でした。大阪万博には2回ほど行きましたが、今もいくつか記憶に残っています。 大行列のパビリオンは避け、沢山のパビリオンを訪れたと思いますが、正…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

万国博覧会とかカジノとか -2074

2025年の大阪・関西万博の開催が正式に決まったようです。5年後ですが、5年なんていう期間は、スグ来てしまいます。関係者の方々の万全の「ご覚悟」は、出来ているのでしょうか。実施できるかどうか分からない「東京五輪」に続く大イベントです。コロナでテンヤワンヤしている一方での、この決定、私ならずとも資金面その他・・「本当に大丈夫?」と思ってし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昔の男声合唱団の合宿 -2072

現在、私が所属しているシニア合唱団では、コロナにめげず練習が継続されています。練習が途切れたら、団としての再開が難しくなるのではないか・・という思いからのようです。私にも、いろいろな思いがありますが、まだしばらくは隠忍自重で不参加を続けるつもりです。 はるか昔の思い出です。私の大学時代は大学合唱団の全盛期で、100人を擁する合唱団が沢…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

人形の家 -2042

一週間ほど前、フト「弘田三枝子はどうしているのだろう」という思いが浮かんできました。これはホントのことです。その時、同世代ですから、病気療養中ということもあるかも知れませんし、今も、私と同様、それなりに元気かもしれないなと思いました。 なので、この新聞の訃報欄には、正直驚き、少し気持ちが落ち込みました。彼女は現役の頃、抜群の歌唱力でし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

涙が滲んできました「わが熊本城」 -1936

熊本での自由時間に、観光案内所で受領したパンフレットの写真↓には、クレーンが写っています。 こんな写真を使うのは、復旧の完成までには「時間がかかる」ことの覚悟・・だと思いました。 3 年間単身赴任していて、いつも雄々しい熊本城を見上げていましたから、正直、再建中の「無残な姿」を見たくは・・ありませんでした。 今回のツア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

高校野球選抜大会 -1880

どうも来年の選抜甲子園に母校が出場できそうです、正直、信じられない気持ちです。 大昔、「強豪校」といわれていた時期もありましたが、最近は・・。 秋の中国地方大会(中国地方の5県)で、何と準優勝したらしいです、大体、中国地方から2~3校は出場しますから、これは当確といってもいいのでしょう。 一方、今年春の選抜大会は記念大会だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西郷どん  -1826

写真は大昔、鹿児島に出張した時に買ったものです。 小さいものですが、この人物のイメージにあっていて、気に入っているグッズの一つです。 鹿児島には何度も行きました。 最初の時は、大学合唱団の演奏旅行、宮崎・えびの高原での現地解散後、霧島を通って桜島のYHに一泊しました。 二回目は卒業間近の、およそ20日間の大貧乏旅行、当時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪見風呂 -1813

以前から、雪に囲まれた露天風呂に入ってみたいという思いは、いつも持っていました。 今回ツアーで2泊したホテルの露天風呂は、いずれも周囲に雪があり、それぞれ「いい気分」で風呂に入りました。ただ「雪見風呂」としての興趣はイマイチでしたかね・・。 最終日の昼食は牛鍋風に煮込まれた「米沢牛のすき焼き」でした、山形新幹線の乗車時間待ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵王 -1811

先月行った、冬の東北2泊3日ツアーでの最後の目的地でした。 バスガイドは何回も「このツアーでの皆さんの一番の楽しみは樹氷でしょう」と言っていました。 私は、そうではなかったのですが、そうかもしれないな・・とも思いました、私も蔵王の樹氷は見たことがありません。 今回の地蔵岳に向かうロープウェイ・・、高度を上げるごとに「真っ白な世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花火① -1796

真冬のこの時期、「花火」の話題を続けるのは、どうかとも思いますが・・。 ついでなので、これまでの人生の中での「思い出深い花火」をメモってみます。 「故郷の盆踊り大会での花火」 私は「盆踊り」というものを一度も踊ったことがありません、「男が踊る」というのは、どうも納得できなくて・・。 小さい頃の田舎での「盆踊り大会」は、かなり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬の花火 -1795

昨年、スキーの「初滑り」のことを書きました。 適当な写真がないので、この写真↓にしました。この蔵王には旅で何回か行ったことがありますが、スキーで行ったことはありません。一度だけでも、この樹氷原を滑ってみたかったです。 久しぶりに申し込んだ冬のツアーで、この樹氷原を見物することになっています、吹雪にならないことを祈るばかりです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

悔しい年末  -1793

私の今年は、このことに尽きると思います。 弟の死は、いまだに現実のこととは思えません。 あまりに突然の出来事だったのですが、三か月間、病院での療養生活に濃密に向き合うことが出来たのは、これまでそういう経験がありませんでしたので、ある意味よかったと思っています。 結局、一語を話すこともなく「別れ」となりました、「無力」という…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more