テーマ:郷里

かしらうち -1968

台風19号が近づいているようで、かなり強い雨が降っています。今晩あたりがピークになるようですが、穏便に通り過ぎてもらいたいものだと思います。 ところで、いまもやられているのかは知りませんが、郷里の地元誌に「かしらうち」の写真が載っていました。この行事の由来は知りません。この写真では、子供たちが太鼓を打っていますが、私の小さい頃は、青年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ガチンコ議会  -1429

先日、故郷・鳥取県日南町のことが載った新聞記事のことを書きました、その後、こんな記事もありました。 県議会・市議会などでは、議会での質疑の前に、質問議員と当局の事前折衝があります。 「要望の回答には、もう少し色をつけてよ」「いやいや、そこまではムリですよ、この程度で・・」、そんな話し合いが直前まで続くようです。 そして当日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日南町  -1428

私の郷里に、特段の思い入れがあるわけではありません。 でも全国紙に、その名前を見ると、それは・・何となく嬉しい気持ちになります。 他地域からの転入者を積極的に受け入れている・・という話は、郷里に住む姉から、時々聞いていました。 でも新聞記事に、このように書かれるほどの積極的な取り組みをしている・・とまでは思っていませんでし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

植物を「飼う」  -1358

桜の開花宣言が、あちこちから聞こえています。 今日も好天ですから、一気に満開のところが増えるのではないでしょうか。 そして植物が一斉に芽をだしてきますね、春です。 そこで「植物」の話題を一つ・・。 「飼うのは・・動物」ですが、この植物については、私は「飼った」という思い出です。 それは「モウセンゴケ」で、湿原などに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

古墳/鳥取県  -1332

昨年4月、奈良の「山の辺の道」をノンビリ歩きました。そのおりにも古墳を沢山みかけました。 私は以前から、全国で一番に古墳数が多いのは、奈良県だと思っていました。ヒョットシテ大阪府かも・・とも思いましたが。 テレビの画面に表示された、このランキングには、正直、驚きました、奈良県は8位・・。 1位が兵庫県というのも意外ですが、2位…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おろちループ  -1128

高低差のある場所を上る方法としては、「日光いろは坂」のようにU ターンが連続する道路がありますが、ループ状で大きく回って上る道路もあります。 糸原記念館のあと、実家への道は、来た道を引き返すのが一番近いのですが、前から聞いていた「奥出雲おろちループ」なるものを走ってみようと思い立ちました。 島根県の出雲地方から広島県に抜ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥出雲  -1127

補遺第二弾、田舎近くの糸原記念館のことを書こうと思います、以前にも記事にしたことがありますけど・・。 奥出雲は雲南とも言うらしいですが、要するに山陰・出雲の国の奥まった一帯、大昔だったら「秘境」ともいえる地域です。 私の実家は鳥取県ですが、ヤマタノオロチ伝説の「船通山」の麓を通る、県境の細い道をたどればスグに島根県に行くこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旅「白兎海岸」  -1118

国道9号線をクルマで西から東に走ると、鳥取市が近づいたところに「ハクト海岸」があります。 キレイな長い砂浜が続いていますが、それだけのことで、どうという海岸ではありません。でも、ここは誰でも知っている「因幡の白うさぎ」の舞台の地です。 向こうの小島に渡りたい白ウサギが、鰐に皮を剥かれてしまう物語でしたが、その痛さを想像すると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旅「鳥取砂丘」  -1117

しばし御無沙汰いたしました。 法事で帰省した後、数日間、遊んできました。 鳥取県が郷里なのですが、砂丘は県東部、実家は県西部の奥まったところなので、鳥取砂丘には一回しか行ったことがなかったです。 やはり鳥取砂丘の広さは尋常ではないですね。 向こうの砂山の頂上に向うのですが、「ヒト」の大きさと比べても・・そこは高く・遠い・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取県観光キャンペーン  -1029

我が故郷の鳥取県は、いろいろと努力しているように思います。 前総務相・片山さんが県知事の時代に、いろいろと職員のモチベーションを上げる施策をやられていたようで、それが今も続いているということなのでしょう。 このブログで何回も書いていますが、鳥取県全体の人口は、私が住んでいる相模原市の人口よりも少ないのです。ですから「参議院選…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鳥取方式の芝生  -867-

郷里は鳥取県です、その文字が目につくと、ナントナク嬉しくなります・・。 先日の新聞に「芝生化」の記事がありましたが、そこでも紹介されていました。 この鳥取方式というのは、要するに「細かいことを気にしない」ということのようですね。 発想の転換ということでしょう。 そういえば野菜をつくるのに、雑草をそのままにしておく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スイカ  -854-

昨日は、台風9号の影響で当地は、本当に久しぶりに「雨」が降りました。 歩道脇のサツキの一部が、枯れかかっていましたが、これで生き返ったらいいのですけど・・。 気温も低めでした、このところ残暑なんていうレベルの毎日ではなかったので、少しだけホッとしつつ過ごしました。 「夏といえばスイカ」です、今日は、その思い出でも・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰ってきました  -790-

いやー、今朝、起きてみての積雪には、びっくりしました。こんなに遅い雪は、41年ぶりとか・・。 「雪とチューリップ」の光景など、初めて見ました。 先週、田舎に行っていて、昨日、無事に帰ってきました。 田舎では、あいにく毎日「雨」でした、桜もまだ咲いていました、田舎の風景↓です。 京都で2日ほど遊んできましたので、その内に、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬季五輪  -765-

昨日のフィギュア高橋大輔選手の銅、よかったですね。カーリング女子の対中国戦は、やや悔し・・。 毎日、テレビで満喫しています。 今回の男子フィギュア・・いいなー、と思いました。 1位の選手は、注目の4回転ジャンプをやりませんでした。でも見ごたえのある演技で、しかもノーミスですから、この優勝は当然だと思いました。 2位の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

本 「弩」  -670-

「ど」と読むそうです。 西洋のクロスボー( あのウィリアムテルの・・)に似た弓矢の兵器です。 年金生活に入ると、ハードカバー本の購入には、少しばかり躊躇します、図書館もありますしね・・。 なのにこの本・・、思いがけず駅の書店にありましたので、ついつい買ってしまいました、今年5月が第一刷の新刊です。 先週くらいでしたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取鳥県  -628-

久しぶりに・・わが郷土の話題です。 表題のような文字を見たら、怒り心頭に発します。 でも悲しいことに、ズッと過去のことですが、私も会社で、実際に、この文字を見たことがあるのですよね・・。 心を落ち着けて、見ると・・ナルホド、これでも読めるし意味も通じるナ・・、とは思います、でも自分の名前を間違えられたようで、あまり気分はよ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more