テーマ:

電子書籍  -1169

電子書籍が普及するのではないか・・といわれたことは、実は過去に「何度」もありました。 LSI などの急速な技術革新により電子機器の小型化と機能の多様化が進みました。電子書籍は、これ1台持っておれば、どこでも簡単に本を読むことが出来るというものでした。 話題にはなりましたが、全く普及しませんでした。 そして最近、またアチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古本  -1038

ブックオフという古本屋・・、ある意味、時代をつくった店といえるのではないでしょうか。 我が相模原市で誕生したそうです。 「お買いあげ下さい」ではなく、「お売り下さい」という看板を前面にだすスタイルは、とても新鮮でした。パート従業員だった女性を社長に登用したことでも話題になりました。 郷里に帰省した時、この看板を目にして、こ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「終わらざる夏」  -853-

あの「戦い」がテーマで、しかも浅田次郎ということなので、早速、購入して読みました。 終戦の玉音放送があった日の数日後、ソ連軍は千島列島最北端の「占守島(シュムシュ島) 」に、突然、進攻してきます。この島には日本軍が駐屯していました。 日本が降伏したことを知っているソ連軍兵士は、「何故に」と思いつつ、攻撃を開始します。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Z  -843-

「Z」=『怪傑ゾロ』・・、私の「ご幼少の砌」に観た、あのテレビドラマは面白かったです。 剣先で切る「シャッ、シャッ、シャー」の音は、今も耳に残っています。 でも、今回は、その話ではありません。 この本は、当時、そこそこ話題になりました・・、昔のことです、 その頃、外国人によって書かれた「ジャパン アズ ナンバーワン」…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

本 「弩」  -670-

「ど」と読むそうです。 西洋のクロスボー( あのウィリアムテルの・・)に似た弓矢の兵器です。 年金生活に入ると、ハードカバー本の購入には、少しばかり躊躇します、図書館もありますしね・・。 なのにこの本・・、思いがけず駅の書店にありましたので、ついつい買ってしまいました、今年5月が第一刷の新刊です。 先週くらいでしたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸の生活  -550-

江戸時代の生活・・には、何か、とても興味をおぼえます。 なので・・本屋でこういう本を目にしますと、ついつい買ってしまいます。「誰も知らないホントの姿」・・、ナント魅惑的なサブタイトルではありませんか。 江戸時代は300年という長い期間ですから、一様な姿ではありません。様々な当時の様子を知るのは楽しいことです。 とりわけ、何…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

本「大地の子」  -311-

私が、これまでで、一番感動し、とても面白かった本は「大地の子」です。 会社勤めしていた頃に、読んだのですが、どうにも我慢できなくて、仕事中も、机の上に、つい広げて読んでしまいました。後にも先にも・・一度だけの経験です。 勿論、通勤時間の往復や、家に帰ってからも読んで・・、「上・中・下」巻を、アッという間に読み切りました、こん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

本 「しゃばけ」  -302-

畠中恵という作家の名前は、どなたかが書いてくださった「コメント」で、初めて知りました。 その後、本屋で見たら、この人の文庫本が、平積みで、沢山並んでいました。 こんなにものの人気作家なのかと驚きました。 今年の直木賞候補作家だったようですし・・、「取り敢えず、一冊読んでみるか・・」と、読んだのがこの本です。 妖怪に取…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本「姥ざかり 花の旅姿」  -272-

2001年第一刷なので、新しい本ではありません。厚い本ですが、楽しく読み終えました。 時代は、江戸時代「天保の改革」の少し前の頃・・。 北九州の豪商の内儀など女性4人が、3人の下僕を引き連れて、5ヶ月間、3200㌔、日本各地を漫遊するという、殆ど「呆然」「唖然」とする内容の本です。 2人が詳細な旅日記をつけており、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本「リクルートのDNA」  -245-

リクルートを創業した江副浩正の本です。 かってリクルートに在籍したことがあり、現在、各方面で活躍している人が多いのは、よく話題になるところです、・・これは事実スゴイことです。 出版社が、この本の企画を持ちかけたのは、そのあたりの「リクルートの秘密」を書いてもらおうと思ったのでしょう。表題の「DNA」がそれを表しています。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

本「裁判官の爆笑お言葉集」  -233-

法廷における裁判官のユニークな発言をまとめた本で、なかなか面白かった。もっとも表題の『爆笑』は、少し誇大ですね。「人間・裁判官」くらいがよかったのではと・・。 ・麻原某へ「しっかり起きていなさい。また机のところで頭うつぞ。」 ・刑務所に入所希望の犯罪者に対して、つい「放火のような重大な犯罪でなくて、窃盗とか他にも・・・」 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

映画「ザ・シューター 極大射程」  -216-

原作者はスティーヴン・ハンターで、2000年「このミステリーがすごい!」(海外部門)の第一位です。 文庫本で読みましたが、その「帯」に「キアヌ・リーヴス主演で映画製作迫る!」とあります。〔下の写真参照〕 ところが観た映画の主役は「マーク・ウォールバーグ」でした、色々とあったのでしょうね。 本は読んではいましたが、内容は殆ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線ガール  -212-

かなり昔のことですが、出張か何かで特急に乗った時だったと思います。細かいことは覚えていないのですが、とても「感じ」がいい車内販売の若い女性に出会ったことがあります。 他の客が買っている時のやりとりの様子、さりげなく周囲に振りまく、実に気持ちのいい笑顔・・、そう思って見ているせいか、とても売れ行きがよかったように思いました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more