テーマ:コケシ

北海道土産 -2186

他の方に譲渡した実家のリビングには、サケを咥えた大きな木彫り熊がありました。 持ち帰ろうかと思っていましたが、少し大きすぎて、残念ながら残してきました。実家は、部屋数は沢山あって、簡易宿泊所的な使い方をすると聞きました、今はどこかの部屋に飾ってあるのでしょうか。右は可愛い熊が小瓶のバーボンを抱いています。どこかでの職場だった若手が新婚…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

中国のコケシとか‥ -2171

これはコケシではないですね、土人形というところでしょうか。古の人物像で可愛らしく、沢山の種類の人形がありましたので、もう少し買っておけばよかったと今は思っています。 かなり以前の中国旅行での上海のデパートでした、当時はよく言われていたように、店員は「おしゃべりに夢中」でお客様には全く関心がありませんでした。でも今から考えると「うるさい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コケシ -2159

今日は文化の日、毎年「いい天気」になりますね。 「コケシ」シリーズを断続的に続けています。そもそも「コケシ」なるものの定義が分かっていないのですが・・。今回↑は正統派のコケシと言っていいでしょう。見る方が見られれば、東北のどこで製作されたものか、多分お分かりになることでしょう。 一番右のものは「~岩にしみいる~」という句が書いてあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さなコケシ -2153

このコケシたちは、本当に小さいです。 実家を整理した時、人形ケースに人形やらコケシが沢山ありました。皆、持ち帰るわけにもいきませんので、大半を残して帰りました。 本当に豆粒のようなコケシで、可愛いです。いくつかは昔から私が所持しているものです。それぞれの由来をたどることが出来れば、更に楽しいと思いますが、今となっては、それはムリです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久島のコケシ -2137

首に輪っかがついている、この形状のコケシは時々ありますね、(職人の技)でしょう、作るのが面倒なのは、分かります。 このコケシは「屋久杉」だと思います、木目が絶妙にキレイですね。首輪の部分の木目模様をどのように出しているのかが分かりません。娘が縄文杉登山で屋久島に行った時の土産品です。私も後年、屋久島に行き、土産物屋で売っているこのコケ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

杉ん子 -2130

大昔の新婚旅行は東北地方としました、このコケシは秋田のどこかで購入したものだと思います。コケシのひとつくらいは「少し大きめ」でインパクトのあるコケシを記念に買おうと思っていました。今も家の中にあるコケシの中では、一番大きいです。 このコケシも表情が素朴で、とてもステキだと思います。秋田杉なのでしょうが、このコケシのいわれなど何も知りま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薩摩焼 ? -2127

コケシシリーズ第二弾ですこのコケシも思い出深いです。陶製です、ひょっとしたら薩摩焼でしょうか、分かりませんけど・・、このようなコケシを私は他に持っていません。このコケシも素朴な姿がいいですね。 「花のいのちは~」、林芙美子は桜島などに足跡を残しているようですから、その言葉が書いてあるのでしょう。このコケシにまつわるエピソードは、大昔に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more