テーマ:戦争

給糧艦「間宮」  -1580

戦争中の「日本軍」の話題や映像は、ツライものが多いです。 何故に、あのようにまでの絶望的な状況で兵士は、頑張らざるを得なかったのか、そんな戦争を強いた人は誰か・・。 私は、このNHK番組を観て初めて、少しだけ「救われた」思いがしました。 間宮は「給糧艦」だったそうですが、この言葉も初めて知りました。食糧供給のほか、船内…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

空襲  -1418

私は戦後生まれですから、悲惨な空襲に遭ったことはありません。 少し前に、地元の山中に残る「B29監視所」のことを記事にしましたが、テレビで、こんな番組がありました、実に切ない内容でした。 東京の大空襲は、よく知っています。両国国技館裏の復興記念館にも沢山の写真が展示されています、ただ、あの施設に行くたび思うのですが、もっと「…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

B29 監視所  -1315

自宅には近いのですが初めて、これらの山を歩きました。その記事は次回にでも、まとめて紹介したいと思います。 コースの途中に、こんなものがありました。 「B29の監視所跡」だそうです。 B29は、ご存じの通り、南洋の基地から発進して、ほとんど無抵抗の日本の各都市を「じゅうたん爆撃」した航空機です。 戦時中といっても・・多分、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

硫黄島  -1037

イーストウッド監督の硫黄島をテーマにした二部作の映画が、先日テレビ放映されました。 私は、映画館で観ていましたが、もう一度、観たいという気持ちも少しありました。でも、かなり明確に記憶していましたので、それは止めました。 あの映画でもそうでしたが凄まじい戦闘で、日米双方に多くの戦死者がでましたね。 硫黄島での遺骨収集は、これ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

盛夏・ツライ 8月  -848-

延々と猛暑が続いています、皆様、お変わりはございませんでしょうか。 なにか、一年経つ毎に、夏の暑さが上昇しているように思えますが・・。 来年以降も、更にエスカレートするのでしょうか・・心配です。 8月は、毎年、切ない気持ちになる月です。 原爆投下、終戦・・、そして様々な戦争の話題、忘れられない日航機の墜落事故もありました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画「真夏のオリオン」  -643-

日本敗戦直前の太平洋・・、日本の潜水艦と、アメリカの駆逐艦が、一対一の息詰まる戦いを繰りひろげます。 それにしても、潜水艦内というのは、厳しい環境ですね、この映画でも、何度も危機的な事態に遭遇します。観ていて息苦しくなり、体温も上昇してくるようにも感じました。 そんな劣悪な環境なので、軍医の乗船は必要不可欠だったとのこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

近くの歴史  -629-

NHKドラマ「遥かなる絆」が終わりました、最後まで、いいドラマだったですね。 ノンフィクションの本に基づいたドラマだそうですが、確かにリアリティーを感じるドラマでした。こんなドラマチックな人生が実際にあるのか・・とも思いましたが・・。 一人になってしまった少年が、慈愛あふれる中国人女性に育てられます、生活は貧しいです。ずっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫黄島  -146-

昨年、硫黄島を舞台にした、ドラマというかドキュメンタリーというか、民放の番組がありました。VTRにとり、そのままにしていたのですが、今日みました。 現地の司令官(少将)と、木更津航空隊の飛行士、それに軍事郵便の担当者のエピソードをまじえて構成されていました。民放としては、なかなか意欲的で、力作だと思いました。 映画の「硫黄島…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「出口のない海」  -38-

ウーンなかなか感想を書きにくい映画ですね。終戦前の海軍の秘密兵器「人間魚雷・回天」を描いた映画です。「回天」は靖国神社の遊就館に実物が展示されていますが、発進したら何かにぶつからないと止まらない、バックはできない、という先端部分に爆薬を満載した超小型潜水艦です。海の特攻機ですね。 特攻隊をあつかった映画を観る時にいつも思いますが、こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more