テーマ:合唱

同期会 -1930

学生時代の合唱団「バリトンパート」の『同期会』参加のため、京都に行ってきました。 3年ぶりです。 今回は7名の参加でしたが、いつも通り実に楽しかったです。   70歳を超えても仕事している元気な連中が半数以上、これは立派、中には今も数日間の出社で、多額の収入を得ているという・・、ことさら立派な奴もおります。 一泊でした…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

帰ってきました -1920

法事その他の用事で、郷里に帰っていました。 先ほど我が家に帰着しましたが、道中は好天で快適でした。 また、ボチボチとブログを始めますので宜しくお願いします。 当相模原の桜には全く花がありませんが、郷里や中国道・名神・中央道沿道の桜は見事な咲きっぷりでした。 特に高遠近辺の中央道沿道はステキでした。「高遠の桜」は、今が見ご…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

30周年演奏会 -1919

しばらく休載しますといいながらの、この記事・・なんなのでしょうね。 今日、演奏会があり、その打ち上げを早退して、この記事を書いています。 諸般の事情があって、少し「ムリ」を承知してでのオンステージでした。 それなりに充実した(ところが多々あった・・)演奏会だったと思います。 「アメリカンポップス」は、いつも演奏会で伴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニークな合唱演奏会 -1878

平均年齢75歳の男声合唱団と中学生合唱部との交歓演奏会がありました。 何らかの経緯があり実現したコンサートだそうで、4年前から行っているとのこと。 男声合唱団は全員が早稲田大グリークラブのOBです、早稲田グリーのOB合唱団としては稲門グリーが著名ですが、この倶楽部グリーは極めて特徴をもった合唱団です。 演奏会で歌う曲は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

合唱交歓会  -1643

div align="center"> 一週間前の日曜日、近隣の男声合唱団五団体による交歓会がありました。 この交歓会がスタートした直後は「簡素」な交歓会でしたが、参加団体が増え、最近は地元のキチンとした小ホールを利用した「交歓会&演奏会」となりました。 そうはいっても「交歓会」が第一義的な目的なので、一般の聴衆は「ごく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六連  -1630

東京六大学合唱演奏会、通称「六連」は、合唱がお好きな方はご存じのことでしょう。ただ私は、就職後、東京近郊に住まいしていますが、そのコンサートには一度も行ったことがないです。 六大学野球と同じメンバーなのが面白いですが、この男声合唱フェスティバルは、今も綿々と続いているようで、それは素晴らしいです。 先月の演奏会は、第65…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

合唱指揮者  -1568

私の今の趣味の一つは「男声合唱」です。 ふだんの生活で大声を出すようなことは皆無ですが、合唱団ではそれができるので楽しいです。 基本的に中学校+αくらいの音楽知識しかないのですが・・、ある時「合唱指揮」という言葉に出くわしました。 今から思うと、我ながら笑ってしまいます・・。 「第九」などの演奏会の時、オケの指揮者の…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

我らが「演奏会」 -1543

私たちの演奏会が数日後に迫ってきました。 昨年の演奏会から一年、歳月が進む速度は、本当に速いです。 正直、この段階になっても完璧に歌えていません。 高齢者が多い合唱団で、しかも週に一回だけの練習ですから、今回のように難しい曲に取り組むとなると、なかなかシンドイです。 世の中はシルバーウィークだったそうですが、土曜…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画「くちびるに歌を」  -1476

この映画、あまり(全く?)期待はしてなかったのですが、なかなか良かったです、感動しました。 ストーリー・脚本がよく出来ていたと思います。 映画の舞台は、「懐かしの」五島列島でした、更に物語のベースが「合唱」話題となると、私は観ないわけにはいきません。 観てよかったです、今回のブログ記事は、いろいろ思い出しながら書きました。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

高齢者講座/発表会  -1469

住んでいる相模原市には「あじさい大学」という高齢者対象の講座があります。「あじさい」は市の花です。 私は、今年「健康(8)コーラス」を受講しました。「健康」というのがニクイですね。 先日、その集大成としての発表会がありました。声を出すからといって「詩吟」「民謡」と一括りにした発表会というのは、乱暴だと思いましたが、いろいろと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

演奏会終了  -1427

I さんから、当日の演奏会写真をおくっていただきました。 ちょうど一週間前でしたが、終わってしまうと、はるか以前のことに思えるのが不思議です。 最初のステージは「バード・三声のミサ」、正直なところ個人的には、こういう曲は好きでないです。 そういう気持ちだと練習は楽しくありませんし、演奏後「感動」などしません。 お客さんは…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

いよいよ我らが演奏会  -1424

早いもので、第13回演奏会開催は、明日となりました。 台風による雨が降るようで、お客さんの出足に影響がないか、少し心配しています。 今回の会場は、いつもの会場と比較して400人ほど客席が多く、「チケット担当」としては、空席の数が気になります。何はともあれあれ「明日」ですので、ジタバタしても仕方ないです。 今夜の練習が最…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

宮﨑観光 H  -1402

私がキチンとした「シティーホテル」に宿泊したのは、ここが初めてです、学生時代です。 部屋にトイレがあり、なんと洋式トイレ・・でした、間近で初めて見ました・・。 何でも「初めて」の体験は、よく覚えているものですね。 このホテルは宮﨑きっての老舗ホテルです。 学生の分際で、こんなホテルに泊まることが出来たのは、只管、学校の先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い船  -1401

何か月も前のことになりましたが、「四国旅」の最後の宿は、小豆島の海辺のホテルでした。 この旅行中、生活時間がズレてしまって、「ごく早い時間に就寝」「早朝の起床」の毎日でした。 旅行最後の朝は、とりわけ一段と早く目覚めてしまいました。 ベランダの窓からの海は、真っ暗闇でしたが、湾内の停泊している船の姿が目にとびこんできました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立花宗茂  -1354

「ぎんちよ」と入力したら、見事、「誾千代」に漢字変換されました、「パソコン」スゴイです。 柳河藩主「立花宗茂 (統虎・・むねとら)」の奥方で、写真に「立花家二代目」とあります、女城主です。 今、合唱団で「柳河風俗詩」を練習しています、男声合唱曲の中でも大人気の「スタンダードナンバー」で、作詞は柳川生まれの北原白秋です。現在の市名…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

男声合唱  -1352

昨日は、とてもステキな演奏会に行ってきました。 「新月会」と「上智大グリークラブOB合唱団」とのジョイントコンサートです。 「新月会」は関西学院大グリークラブのOB合唱団です、校章に新月のマークがあることからの命名でしょう。ちなみに校名は「カンセイ」です、関西大は「カンサイ」です、そういえば関西(カンゼイ)高校なんていうのも…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

5000人の「第九」  -1347

昨日(2/23)、国技館で歌ってきました。 今回は30周年ということからでしょうか、こんな記念品が配付されました。 今回の歌う指定席は、前から7列目でした。 大相撲中継だと、テレビに映るくらいの席です、オケが目の前でした。 指揮者の表情も見える場所でとてもよかったのですが、前のティンパニー(右)に、ついつい目がいって…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

演奏会が終わりました  -1292

私の入っている男声合唱団の演奏会が終わりました。 900名弱収容のホールですが、今回も前のほうに少しだけ空席があるだけという、ホボ満席の状況で、いつもチケット管理を担当している方には感心します。 会場が、なかなか確保できず、前回の演奏会から1.5年以上経った後での演奏会でした。 それだけの練習期間があったので、いくつかのス…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

我らが演奏会  -1265

前回の演奏会は随分と前のことでした、「会場」がネックだったようです。 「日曜日」の開催が基本でしたので、その方針で「会場とり」の抽選会にチャレンジしていたそうですが、「ハズレ続き」だったようです。 「土曜日」も視野に入れてチャレンジした結果、なんとか確保できたことによる今回の演奏会開催です、役員の皆さんの努力には、いつも脱帽…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

荘厳ミサ  -1258

チケットをいただいたので、初めて池袋の東京芸術劇場に行ってきました。 コンサートホールは、2000人に近い収容人員だそうです、ホール内の正面上部にパイプオルガンもあり、なかなか堂々たるホールでした。 確か出来た直後の頃は、音響については・・やや難、といった新聞記事をみたことがありますが、この日、それは感じませんでした。 ただホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーラス番組  -1250

BSで2つのコーラス番組が放送されています。 ひとつは「フォレスタ」というグループが歌う「BS こころの歌」という番組です。 全員が音大出身のようで、安定感のあるハーモニーを聞かせてくれます。 それぞれが結構、離れた位置でマイクを持って歌います。合唱では、他の人の声が聴きにくいと歌いにくいのですが、サスガにプロは大したもの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「遥かな友に」記念碑  -1230

合唱演奏会での、クロージング定番曲「磯部淑・遥かな友に」が生まれた地をご存知でしょうか。 なんとなんと・・なのですが、私が住んでいる地から、そんなに遠くない場所なのです。 道志川は、山梨県山中湖を起点にして、神奈川県の相模川に合流しています。道志川周辺は、正に山紫水明の地です、合併後「相模原市緑区」となりました。 川沿…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コバケン演奏会/終了  -1220

この演奏会は、かなり前から企画されていたようです。 具体的になった時、遠い先のことだと思っていましたが、時の経つのは・・です。 演奏会後の高揚した気持ちとその余韻に浸りながら、昨日・日曜日、夜遅く帰宅しました。 土曜日に自宅を出たのが午前6時前、昨夜の帰宅時間は23:35、本当に「長い長い2日間」でした。 土曜日には…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コバケン演奏会/最後の合同練習  -1214

演奏会の本番まで、あと二週間となりました、ずっと先のことだと思っていたのですが・・。 「新百合ヶ丘駅」近くにある音大の一室で、最後の合同練習がありました。 この日は「月光とピエロ」の再確認的・・な練習が中心でした。ここまで来たら歌えます・・と思っていましたが、細かいところでは不安な個所が多々・・大丈夫でしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

国技館「第九」  -1211

昨日は東京マラソンの日でもあったようです。 コースの浅草は、国技館からは近いですので、外は熱気むんむんだったことでしょう、いい天気でよかったですね。 私は国技館内でホボ半日過ごしていました。「国技館5000人の第九」です。 最初に参加したのは、3年前でした。 その時は、勝手がわからずウロウロしましたが、今回は2回目で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コバケン/女学院  -1207

福島県での演奏会が、アト、一か月と少々に迫ってきました。 先日、都内の某女学院講堂で、当日の指揮者・小林研一郎氏による直接指導がありました。 この練習は楽しみにしていました・・、疲れましたが快い疲れでした。 コバケン氏が、時にピアノを弾かれたりしながら話されることには、大いに興味をそそられました。 歌い方を軽妙に指導される点…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

フェスティバルホール完成  -1178

改築工事中に、一度、記事にしたことがあるように思いますが、完成したようですね。 大阪のフェスティバルホールは、抜群の音響が素晴らしい、とても雰囲気のいいホールでした。 私は客席では何度も聴きましたが、ここステージに立ったのは、ただの一度だけです。 多田武彦氏の新曲の初演ということもあって、本当に思い出深いステージでした。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

国技館第九  -1176

来年2月の「5000人の第九コンサート」に参加することにしました。 前に一度参加したことがあり、大体の様子は分かっていますので、今回は「余裕を持って」雰囲気を満喫したいと思っています。 募集人員5000人の内訳は、「ソプラノ1500・アルト2000・テノール600・バス900」だそうです、スゴイですね。 大阪には100…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楽しみな演奏会  -1170

来年の3月17日に、福島県いわき市でユニークかつ興味深いコンサートが開催されます、私たちの合唱団も参加します。 各団体が単独演奏した後、最後のステージが小林研一郎指揮の「月光とピエロ」です。あのコバケンの指揮で歌えるのですから・・夢のようです このイベントは東京の多摩地区で過去2回開催されているそうです。今回はコバケンの出身地の…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

演奏会ステージ写真  -1093

合唱団仲間の I さんから、先日の演奏会の写真を送っていただきました。 第一ステージは「暗譜」でした、これだとキチンと指揮者をみますから、絶対に、このほうがいいですよね・・。 ところが、次の曲は難曲でした。練習の頃から私は歌えていませんでした。当然に、当日、楽譜を持っても歌えませんでした。 「音が楽」ではなく「音が苦」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more