テーマ:テレビ

京都人の密かな・・・ -1954

昨年放映されたこの番組が、私はこの十年くらいでの、最も優れたテレビ番組だったと思っています。 「京都人の密かな愉しみ」です。 この番組の内容は「融通無碍」に展開していきます。京都の伝統や風習・習慣を紹介するの中で、ドラマ仕立てのストーリーが進んでいきます。 主人公は5人の仕事見習い中の若者、「植木職人」「京料理調理人」「パン職人」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

撮影協力  -1839

民放のドラマでは、最後に「撮影協力」というテロップが流れてきます。 私はドラマは録画しておき、CMをとばして観ることを常としています。 そして「撮影協力」のテロップが出てくると、一時停止にして、じっくり観ます。 やはり「あのシーンは〇〇公園だったのか」「あの滝は~」「あの山は~」「ほほー、あれは〇〇大学構内だったのか~…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

直虎 -1791

NHK大河ドラマの「直虎」が先日終了しました。 多少「面白くなくても」大河ドラマは、毎年、観ています。贅沢な出演者のギャラの総額は、かなりの額でしょう。受信料を払っている身としては観ないわけにはいきません。(つくづくケチな性格だとは思いますが・・) 勿論、それだけではなく歴史大好きで、著名な歴史上の人物の物語には興味が尽…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やすらぎの郷 -1786

テレビ大好き人間の私が、今年のテレビドラマを観ていて、このドラマは、いろいろな意味で出色だったと思いました。 倉本聰が「渾身を込めて書いた物語」・・だと思いました。 そして「綺羅星のごとく」の出演者陣、平日昼の短時間の連続ドラマでしたが、このように良質のドラマだと、「少しギャラが少なくても出たい」という役者さんが沢山おられたので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

10年で11回 -1780

司会の二人には辟易することもありますが、このテレビ番組は大好きです。 全国の「食」を中心的な話題にして、「ヘエ・・」とした話題を紡いでいます、面白く、かつ興味深い番組だと思います。 先日の番組で、この10年間で、この番組に取り上げられた都道府県の回数ランキングが発表されました。最下位は、ダントツで我が故郷「鳥取県」だそうです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テレビドラマ -1716

A君は、前夜に録画したテレビドラマを翌日の早朝に観ます。 スポンサーには申し訳ないと思っているのですが、CM部分を「飛ばして」観ることができるからです。 なかには「飛ばす」操作をすると「END」になってしまう「意地悪 ?」な設定をされているテレビ局もありますが・・。 CMが昔のサントリーのような楽しいものならまだしも、最近…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋ドラマ終了  -1692

最近のテレビドラマは「8回」で終了するようです。 先々週から今週にかけて、次々と最終回になっています。楽しいドラマは、もう少し続けてくれないかな・・と思うことがあります。 我ながら「ドラマ好き」だと思います。 すっかり細かい文字が苦手になって、あまり読書をしなくなりました、その代わりのテレビドラマです。就寝が早いせいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こころ旅・生山駅 -1673

NHK-BS の「自転車こころ旅」は、先週、故郷の鳥取県を走っていました。 その「鳥取週間」最終日に、生山(しょうやま)駅が出てきました、実家の最寄り駅です。 何十年前のこの駅は、トイレの臭いがプンプンする駅でした、もっとも当時の国鉄のローカル駅は、どこもそうでしたけど。 下の写真は伯備線を走る「特急やくも」です。 私の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重版出来  -1626

最近のテレビドラマは、8回くらいで終わるように作られているようです。この春も、沢山のテレビドラマがスタートしました。 「テレビ大好き人間」の私は、興味ありそうなドラマの「初回」は、一応、観ました。 その中での出色のドラマは、これでしたね。 実に面白くて、興味津々のドラマです。 主演の黒木華が先ずいいです、将来、国民的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨川食堂  -1582

年が変わってから、一斉にテレビドラマの「新番組」が始まりました。だいたい、どの番組も8回シリーズのようです。 何せ「テレビ」大好き人間で、「ドラマ」も大好きですので、「第一回放映」は、片っぱしから観ました。 当然ですが、いいものあり、そうでないものもあり、というところですね。 観始めて、1分で止めたものも、いくつかあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

敗戦  -1527

8月15日が近づいてきますと、テレビで様々な番組が放映されます。 この時期のNHKは、いつも頑張っていると思いますが、今年は、それほどではない思いが・・。会長があの方だから・・なんてことはないでしょうね、これからに期待しています。 これまでの番組では民放の従軍看護婦への「赤紙」の番組・・が私には新鮮でした。女性に対す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1400号 -1400

ブログ記事が累計1400号となりました。 時々、ジャンプしたり、ダブった番号を採番したりしたことが、多分あると思います。なので番号の信頼性は・・? ですが。 でも、ここまでブログ記事が続いたことに対しては、とりあえず「自分を誉めてやりたい(懐かしい言葉です・・)」と思います。 次の1500号が、一つのメモリアルだと思います…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テレビ時代劇  -1327

「もう一度見たいテレビ時代劇」という新聞のアンケートがありました。 この欄の記事は、私の思い出とも重なることがあり、・・大好きです。 水戸黄門 全く驚くべき「ワンパターン」の番組でしたが、あそこまでのワンパターンだと、何か心穏やかになってくるような番組でした、私にとっても「goodな番組」でした。 主役の俳優が亡くな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コーラス番組  -1250

BSで2つのコーラス番組が放送されています。 ひとつは「フォレスタ」というグループが歌う「BS こころの歌」という番組です。 全員が音大出身のようで、安定感のあるハーモニーを聞かせてくれます。 それぞれが結構、離れた位置でマイクを持って歌います。合唱では、他の人の声が聴きにくいと歌いにくいのですが、サスガにプロは大したもの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「坂の上の雲」  -1080

司馬遼太郎の原作は、文庫本8冊の長い物語ですが、読み応え十分の面白い小説です。 だからといって3年に分けてテレビ放映することもないでしょうに・・、と正直思いましたけど。 ともかく、この大型ドラマは昨年末に大団円を迎えました。 出演陣は豪華絢爛かつ、それぞれ熱演していました、またCGを駆使した映像も迫力満点でした。ヒトそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浅間山荘事件  -1035

「9.11テロ10年」で、いろいろな番組が放映されました。 関連して、おぞましい、この事件を思い出しました。 この浅間山荘事件は、過激派学生が占拠した後、警察官突入で人質が解放されるまでの一部始終が、逐一テレビ中継された、テレビ報道史上でも稀有な事件でした。 昭和47年だったのですね。 当時は、仕事が忙しく残業も多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衛星中継  -1034

この切手は、日本初の人工衛星「おおすみ」です、大隈半島の基地から打ち上げられたことによる命名だったのでしょう。 タマタマ、テレビを観ていて「歴史的な場面」に出会うことなど、一生の内に何度もあることではないと思います。 月面着陸や軽井沢山荘事件・東京オリンピック開会式etcは、その時にテレビを観れる環境ではありませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

朝ドラ 「てっぱん」  -984-

現在の「おひさま」も、なかなかいいドラマだと思います。 ただ物語に戦争を挟みますと、俄然ドラマチックになりますから、その点を、少し差し引いた評価にする必要があると思いますが・・。 先日、「朝の連続テレビ小説 放映50年」の記念番組がありました。いくつか今後の記事ネタにしたいと思います、お楽しみに・・?? その前に、前回の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメンタリー番組②  -942-

先日の記事と同様、中国をテーマにしたドキュメンタリーでした。 中国には「小皇帝」と呼ばれている子供がいるそうです。 一人っ子政策の中で、裕福に、「わがまま」に育ってしまった子供を指す言葉のようですが、日本にもいそうです。 親としては、何とか「いい子供」になって欲しいですよね。 なので中国には、こういう学校があるそうです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不滅の昭和ギャグ  -928-

新聞の読者アンケートです。文字通りの「昭和世代」ですから、これらのギャグは、全て分かります。 「ガチョーン!!」 これが一位なのですね、何の意味もなくて、本当にバカバカしいのですけども・・、なかなかの強烈なインパクトがありました。 谷啓のギャグですが、六位には「アッと驚くタメゴロウ(ハナ肇)」、クレージーキャッツは、個性豊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメンタリー  -820-

我が家も、最近「地デジ+ブルーレイ」となりました。 画面がキレイなのは当然ですが、録画が簡単で、ついつい予約設定してしまいます。 先日NHKで「ドキュメンタリー優秀作」の特集番組がありました。 それぞれの番組に感動しました。 ↓獄中での遺品でしょう・・。 「永山則夫事件」は、私の青春時代と並行していますから、かなり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

遥かなる絆  -619-

この土曜ドラマ、期待通りの、いいドラマです。 NHKの受信料を、すすんで納付したくなるような・・気持ちにもさせられます。 かってNHKでは、「大地の子」という、私にとって、これまで観たテレビドラマの中で、ナンバーワンと言っていい番組がありました。 「遥かなる絆」は、かっての「大地の子」と同様、「残留孤児」がテーマで、状況は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドラマ「ありふれた奇跡」  -562-

「風のガーデン」は、本当に心にしみるドラマでした。 このドラマも、同様に「フジ開局50周年記念」だそうです。 第一回をみただけですが、このドラマも興味深い展開が期待できそうです。 ともかく「風~」と同じように、主演・脇役のキャスティングがとてもいいです。 そして「風~」は、やや重たいテーマで・・、少しばかり疲れるとこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

風のガーデン/緒形拳  -535-

「風のガーデン」というテレビドラマ・・みておられますか・・、これ最近では出色の「いいドラマ」です。 フジテレビ○周年記念のドラマとか、私はテレビドラマは、あまり観ないですけど、このドラマは素晴らしいと思っています。これまでご覧になってない方も・・これからでも是非・・、とお勧めしたいと思います。 倉本聡の脚本がいいのは当然です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箱根駅伝  -341-

正月、テレビで箱根駅伝をみるようになったのは、いつの頃からだったでしょうか・・。 昔、見た選手が、実業団や大学の監督に、なったりしているようですから、かなり前のことなのは間違いありません。 ほろ酔い加減の三が日・・、コタツにもぐり、ボンヤリとテレビをながめるのが、毎年の私の姿です。勿論、長丁場ですから、ズッとみているわけ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「鶴瓶の家族に・・」  -334-

あんなに沢山のテレビ局があるのに、見たいテレビ番組は本当に少ないですよね。 勿論、見たい番組が沢山あったら、それはそれで困りますけど・・。 私は、NHK特集やドキュメンタリーなんかを比較的よくみます。 バラエティ番組は、殆どみませんが、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」という番組は大好きで、毎週みます。 鶴瓶とゲスト(前回は菊…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「華麗なる一族」  -167-

このテレビドラマ、大体の筋書きが分かっていますので、最初の頃はみてませんでした。 でも、その内、何となく見始めて、今日が最終回スペッシャルでした。 恥ずかしながら・・涙がでましたね、少し恥ずかしい・・。 この番組の出演者も頑張っていた感じでした、勿論、そもそも原作がいいのでしょうけど・・。 それに、木村拓哉君、やっぱり、いい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more