テーマ:白馬

白馬⑨白馬三山  -1546

私は「トンデモナイ間違い」をしていました。 八方尾根というのは、白馬岳(しろうまだけ)の一部で、八方尾根をドンドン登っていけば、白馬岳の頂上にたどり着く・・と思っていたのです。本当に、今回のツアーに参加するまでは、そう思っていました。 八方尾根というのは、白馬岳などを見る「展望台」位置にあり、八方尾根を登って着く頂上は「唐松岳」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白馬⑧栂池その二 -1540

栂池自然園は高層湿原で区域も広く、高山植物も沢山で、とても「いいところ」でした。 背後に白馬三山や小蓮華岳(2766)や白馬乗鞍岳(2437)が間近につらなり、その風景はダイナミックでした。 散策路は大半が木道で、歩き易かったです。 湿原ですから池塘がアチコチにあります。 沼に生えている、この草は稲の「苗」のようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬⑦栂池その一  -1539

私のところは特に被害はなかったのですが、一時、雨も風も、強かったです。 若し、被害に遭われた方がおられましたら、お見舞い申し上げます。 「白馬シリーズ」も7回目、あと2回続けます。 「栂池」には若い頃、一度だけスキーに来たことがあります。 初心者でしたので、殆ど平坦な「鐘の鳴る丘ゲレンデ」で滑った記憶があります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白馬⑥五輪ジャンプ台  -1538

八方尾根のゴンドラで下りたのが15時すぎ、夕食までの時間、どう過ごそうかと思いました。 宿から近いということなので、かねてから興味があった、長野五輪ジャンプ台に行きました。 宿から徒歩10分少々でした。 ジャンプ台の間にリフトがあります。それから上へは、エレベーターか階段で上ります。 ともかく上りはエレベーターを使用して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白馬⑤八方池  -1536

9月になりましたね、徐々に秋に近づいていくのでしょう。 八方尾根の記事の続編です、へばり気味の登山なのに先を急いだのは、「八方池」に映る「白馬三山」を見たいがための一念でした。 その写真は白馬の観光パンレットには、必ず載っています。 山の景色は、午前中の早い時間が絶対にいいですからね。 やっと八方池が望める場所にでました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白馬④八方尾根  -1535

ツアー2日目は「八方尾根」でした。 まだ混まないうちに・・ということで、朝8時、宿から歩いてゴンドラリフト駅に向かいました。 人気の観光地なのですね、この時間に観光バスが一台、到着しました。 様々なツアーがあるようで、「帰りのゴンドラには、何時には乗らなければ・・」といった声が、あちこちから聞こえてきました。 このゴンド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白馬③五竜高山植物園 -1534

ツアー初日は、岩岳に行ったあと、五竜に行きました。 ここのゴンドラはテレキャビンと呼ばれていました。下りた地点は標高1515mです。 上ったところには「白馬五竜高山植物園」がありました。 斜面に造られているのですが、リフトも設置(夏季も運行)されていますので、冬はゲレンデになるのでしょう。 30年以上前に、「五竜…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白馬②岩岳ゆり園  -1533

今回のツアーは、白馬のゴンドラに乗って各所の「天空の景色」を見て「高山植物」を楽しむツアーですが、最初は岩岳に行きました。 このゴンドラで、標高1280mまで上ります。 ゴンドラを下りたところには「ゆり園」が広がっていました。 観光用に造った施設でしょうね。これがなければ、周囲の景色以外にみどころは少ないです。 向う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白馬①ゴンドラリフト  -1530

今回のツアーでは、岩岳・五竜・八方尾根・栂池の、要するに白馬の山々に行きました。4本のゴンドラリフト・テレキャビンと1本のロープウェイに乗りました。 ゴンドラ終点の標高は、岩岳-1280m、五竜-1515、八方-1820(リフト最上部)、栂池-1829(ロープウェイ最上部)と、かなりの高さなのですが、涼しいという感じは全くしません…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高山植物  -1529

高山植物を愛でる2泊3日のツアーに参加してきました。 後日、写真を整理したら、ご紹介します、そのサワリを・・。 初日テレキャビンに乗り「白馬五竜高山植物園」に行きました。 コマクサの実物を初めて見ました。 エーデルワイス ヒマラヤの青いケシ 以下は別の場所で自生しているものです。 ワタスゲ タムラソウ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more