銭湯 -1946

先日、若者が銭湯復活にチャレンジするドキュメンタリーを放映していた。 復活しても経営が安定する客の確保が大変らしいが、頑張って欲しいものだと思う。 私なども、タマには広い浴槽に浸かりたいとは思うけれども、スグ近くにあればまだしも、離れた場所まで行く元気はない。 そもそも最近の家には、お風呂があるのだから、銭湯は必要…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

晴れの日 -1944

宮崎を取り上げたTV番組で、こんなデータが示されました。 私は、こういったデータをみるのが大好きです。 この画像は「宮崎は圧倒的に晴れの日が多い」と説明されるシーンだったと思います。 「平均気温」が高いのは沖縄・九州・・これは毎日の天気予報をみていると分かります。でも南国宮崎は3位どまり・・。 沖縄・鹿児島というと「ジリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アタマの衰退 -1945

私が回答するとしても「はい」です。 なったらなったで、それは仕方ないのですが、できるなら避けたいです・・。 認知症・・、私にとっては最大の心配ごとの一つです。 昨年、脳ドックでMRIを撮ってもらい、「今のところ何の問題もない」と言われていますが、でも・・心配です。 昨今、高齢者運転による信じられないような交通事故が多発し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「新聞記者」-1943

この映画は社会派的ミステリーとでもいうのでしょうか。 東都新聞の女性記者(シム・ウンギョン)のところに匿名のファックスが送られてきます。大学の新設計画らしいのですが、内容をみてもフックスの意図がなになのか、よくわかりません。 ただトップページの羊のマンガ絵が、何故か気になります。 もう一人の主役は、外務省から内閣官房に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祐徳稲荷 -1942

この稲荷神社を訪れたのは初めてでした。 梅の時期でした。 日本三大稲荷がどこなのかは、諸説あるそうですが、ひとつの有力な主張は「伏見、笠間」そして、この祐徳だそうです。 「笠間」でなく「豊川」を推す人もおられるそうです。 清水寺とは、また違った雰囲気の舞台造りでした。 本殿もなかなか立派でした。 舞台の上…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

グラバー邸 -1941

今回のツアーは四泊五日で、九州全県を駆け抜けるものでしたから、少し気ぜわしい旅でした。 私にとっては殆どが「再訪」の地でしたが、数十年ぶりの場所もあり、退屈するということはありませんでした。 長崎県では「旧グラバー邸」のみの観光でした、長崎に来て、ここだけの観光なんて、こんなツアーは他にはありません。 駐車場の前の道を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

雲仙の旅館 -1940

今回泊まった旅館は、雲仙温泉では、グレードの高い旅館とのことでした。 先の天皇陛下も泊まられた旅館とのことでした。なので広大な庭園がある「純和風旅館」だと、勝手に想像していました。 内部は和風でしたけど、外観はホテルでした。雲仙地獄から撮った写真です。 右の建物最上階の右の方が、皇族方が宿泊されるゾーンのようでした。 夕…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雲仙地獄 -1939

雲仙地獄は、学生の頃以来の二回目でした。こういうところだったのか・・、覚えているところもあり、そうでないところが大半・・、中途半端な思い出が浮かびつつ消えつつでした。 宿泊した旅館から直接「雲仙地獄」に行けました。 赤のラインが今回、歩いたルートです。 雲仙地獄はスゴイですよね。 日本の「地獄」の雰囲気がある場所で、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画「空母 いぶき」 -1938

毎年この時期は、観たいと思う映画が少ない時期です。 アカデミー賞を狙うには、それなりの効果的な公開の時期があるようで、そんなことで、この時期、ややかったるい映画が多いのではないかと私は思っています。 ところで・・この映画です。 日本の自衛隊は、「専守防衛」の定義を曖昧にしたまま、「空母 いぶき」を保持しています。護衛艦4隻…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

島原フェリー -1937

熊本港から、バスともどもフェリーで島原港に向かいました。乗船時間は一時間くらいだったでしょうか。 学生時代に、このフェリーに一度だけ乗ったことがありますが、その時のことは殆ど覚えていません。 その50年前の熊本港ターミナルにて↓、左が私です。先の同期会の写真と比較すると、何と大量の毛髪・・、当時ビートルズのヘアスタイルを真似して…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

涙が滲んできました「わが熊本城」 -1936

熊本での自由時間に、観光案内所で受領したパンフレットの写真↓には、クレーンが写っています。 こんな写真を使うのは、復旧の完成までには「時間がかかる」ことの覚悟・・だと思いました。 3 年間単身赴任していて、いつも雄々しい熊本城を見上げていましたから、正直、再建中の「無残な姿」を見たくは・・ありませんでした。 今回のツア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

九州新幹線 -1935

私が熊本で勤務していた頃、九州新幹線は「鹿児島~熊本県・八代」間が部分開通されているだけでした。だれがみても「異様な」区間での先行部分開通でした。 熊本駅を通らない部分開通について、地元では、「かっての細川護熙熊本知事が、ことあるごとに政府にたてついていたので、その腹いせ的な処置」だと言われ、多くの人が信じていました。 いく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

維新ふるさと館 -1934

指宿での宿は、名旅館の雰囲気で満足しましたが、<鹿児島~指宿>のバス往復時間は、私にとっては、多少「モッタイナイ」時間だったと思います。 ツアー会社は旅館の雰囲気とともに、「砂蒸し風呂」に入らせたかったのでしょうね・・きっと。 以前、「指宿いわさきホテル」に泊まったことがあります、懐石料理はとても素晴らしかったです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

聖火リレー -1933 

来年のオリンピックで、聖火ランナーが走るルートの概要が先日発表されました。 この新聞記事↑に写真がある「奇跡の一本松」は、前にも書きましたが、住んでいる相模原の会社で再生・復元されたそうです。 写真にある、隣の建物の「陸前高田ユースホステル」には、若い頃、宿泊したことがあります、様々に思い出が蘇る場所です。 ところで今回の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

指宿の旅館 -1932

指宿の有名旅館と聞いていましたので、以前から、いちど宿泊したいと思っていました。 この日は、宮崎から黒酢・桜島・磯庭園を見るという行程が長く、やっと夕刻に旅館に入りました。翌日の出発も早いので、館内外の写真を撮る時間はありませんでした。 すぐ近くに海もあったようですが、残念でした。 落ち着いた静かな食事部屋での夕食は美味し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

仙厳園 -1931

鹿児島随一の観光地ですね。ここも何回か訪れたことがあり、懐かしいところでした。 少し前にブラタモリの放送があり、見たいと思っていた反射炉跡です。 磯庭園の別名がありますが、庭園としては豪快かつ開放的な庭だと思います。 こんな豪壮な石のモニュメントは、他で見たことがありません。 何といってもここからの景色での圧巻は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

同期会 -1930

学生時代の合唱団「バリトンパート」の『同期会』参加のため、京都に行ってきました。 3年ぶりです。 今回は7名の参加でしたが、いつも通り実に楽しかったです。   70歳を超えても仕事している元気な連中が半数以上、これは立派、中には今も数日間の出社で、多額の収入を得ているという・・、ことさら立派な奴もおります。 一泊でした…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桜島フェリー -1929

ここのフェリーは24H運行しているそうです。 この航路は、道路のような存在になっているのでしょう。 今回の「思い出ツアー」は、その場所に行った回数をカウントしていますが、桜島フェリーに乗ったのは・・往復は1回として、5回目くらいだったでしょうか。 短い距離のフェリーですが、乗るたびに、いつも何かの旅情を感じるのが不思議です…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

桜島・有村溶岩展望所 -1928

この場所に来たのは3回目でした。雄大な溶岩の風景を見るには最適の場所だと思います。 今回は鹿児島湾を左側に向かい、地続きの道路から桜島に入りました。 少し噴煙が上がっています。 溶岩道路は年月を経て、かなり緑が侵食していて荒々しい雰囲気ではありません。 有村展望所に着きました。 バス運転手に尋ねると、昔は、私の記憶…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黒酢 -1927

ツアー会社は、いろいろと考えて観光コースを設定しています。 この日の昼食場所は、黒酢の製造メーカーの施設でした。昔、出張で何回も訪れた大隅半島が黒酢生産地ということは知っていましたし、その光景も見たことがあります。 今回のこの施設は大規模で、レストラン併設など、「成功」した施設なのでしょう。 この日の日程は、青島から都…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more