マスク到着 -2027

「待望?」の「国」からのプレゼント「布製マスク」が郵便受けに入っていました。先日の新聞で、マスク配付決定の事情、不良品マスクが混入された事情、配付が遅れている事情などが書かれていました。実にオソマツなドタバタ劇でしたね、しかも配付が終わったのは、未だに4割程度とのこと。 「マスク配付」の発表は「首相」でした、こんなことの発表に「何故首…
コメント:4

続きを読むread more

城跡 -2026

「城」の話題が続いています、「城跡」のことを書いて終わりたいと思います。 城跡・・天守閣だけでなく昔の建物が何も残っていない城です、武士(もののふ)たちの霊がただよっているようにも思え、私は何となく惹かれます。そんな雰囲気の城跡には、とても夜間に訪れることなどできません。 城跡として人気絶頂の兵庫県「竹田城跡」のことを書きたいところ…
コメント:4

続きを読むread more

お城ベスト補遺 その二 -2025

今回は西日本の城を訪れた時の記憶を書きます。 尼崎城多分、日本で一番新しく建設された城でしょう、家電販売大手の創業者の寄付をもとに建設されたとのこと。阪神尼崎駅のスグ近くです。「近くに来られたら・・寄ってみられては」程度の城ですが、それにしても個人の寄付(+α)とはスゴイですね。 明石城JR駅の前です、昔、帰省する車内から眺めて、い…
コメント:6

続きを読むread more

お城ベスト補遺 その一 -2024

「全国の城」について、ベストファイブ以外にも沢山訪れましたので、補遺として紹介します。今回は東日本編です。 北海道・五稜郭の入り口です。これでは「なにが何なのか分かりませんね」。ここでは五稜郭タワーから見下ろすのが必須のようです、私も上がったことはありません。 弘前城桜の季節に行きましたが「素晴らしい桜」でした。ここには「しっかりと…
コメント:0

続きを読むread more

お城ベストファイブ -2023

城は昔から大好きです。「城ガール」が増えてきているそうです、私は、この「何とかガール」という呼び方が大嫌いですが、時々テレビ番組に登場される城ガールの方の知識には感服することが多いです。テレビでのそのお姿は、それぞれ美形ですし・・<喝> 私が好きなナンバーファイブを選びましたが、結局は月並みの城ばかりとなってしまいました。…
コメント:2

続きを読むread more

コロナ/合唱 -2022

この新聞記事に「合唱は三密のかたまり」とあります。合唱練習は「大人数」が「狭い部屋で隣り合わせ」しかも「唾をとばしながらの大声」、コロナ感染環境としては最悪です。当然のように私たちの合唱団も練習を休止しています。近々練習が可能になるなら、9月の演奏会も開催できるでしょうが、昨今の状況では難しいでしょうね。 全国各地の合唱仲間達は、同様…
コメント:5

続きを読むread more

ロープウェイ ベストファイブ 2021

今回は「私の乗ったロープウェイ ナンバーファイブ」ブラスαとします。私は「ロープウェイ大好き」人間です。 層雲峡ロープウェイ層雲峡には会社二年目の5月連休に、数日、休暇をいただいての北海道旅行でした。まだ、担当業務も緩やかなものでしたので行けたのでしょう。この時は、ロープウェイ→リフトを経て「日本のマッタ―ホルン」黒岳山頂まで登りまし…
コメント:2

続きを読むread more

庭の花 -2020

「2020号」の記事です、「いい数字」ですね。長年、いろいろな記事を書いていますと、こういうことが楽しくなります。次のメモリアルは「2222号」でしょうか、まだかなり先のことですね・・。 我が家の庭は、草花で満艦飾のごときです。今年購入したもの、以前のもの様々ですが、この時季はともかくキレイです。花の名前は殆ど知りません。非常事態宣言…
コメント:8

続きを読むread more

原油マイナス価格 -2019

原油価格が「高くなった・低くなった」とは、よく聞くニュースですが、それが「マイナス」になったと聞き、理解できませんでした。多分、私は初めて、その言葉を聞きました。 この新聞記事によると、原油を売り手が「手数料を支払って」まで買い手に引き取ってもらうという状況のことらしいですね。原油が余ってしまうと、こういうこともあるらしいです。確かに…
コメント:4

続きを読むread more

島ベストファイブ -2018

利尻・礼文高山植物が「百花繚乱に花咲く季節」は、ものすごい混雑と聞いていましたので、その時期を避けて、一度だけ行ったことがあります。礼文島で体験した強風、利尻島の各所から見える利尻岳の存在感↓、美味しい海鮮魚介類、花がなくても満喫できた島旅でした。「礼文→利尻」の船は欠航となり、どうなるのかと不安でしたが、翌日の便に乗船できました。これ…
コメント:2

続きを読むread more

宝塚線事故15年 -2017

あの痛ましかった宝塚線(福知山線)の事故から15年たったそうです。3年前の弟の急死以来、この路線はよく利用しました。弟のマンションからは、スグ近くを走るJR線がよく見えます。 事故現場も、そんなに遠くはありません。あの事故の時、弟はマンションにいたそうですが、沢山のヘリコプターが飛来してきて驚いた、と話していました。 昨年の新聞です…
コメント:6

続きを読むread more

温泉地ベストファイブ -2016

日本人ですから当然に温泉は大好きです。本当はベストテンくらいにしたいところです。強引に選んで、私にとっては、ここらあたりでしょうか。 湯の川温泉あまたある北海道の温泉から、一つは選ばないといけないと思いました。天人峡・登別・定山渓とか迷ったのですが、早朝の「そぞろ歩き」が楽しかったので、ここにしました。あるホテルの空き地で、みそ汁を提…
コメント:3

続きを読むread more

大林監督 -2015

大林宣彦監督が死去されたとのこと、残念です。私の会社生活が佳境だったころは、忙しかったこともあり映画館には行っていませんでした。なので、映画館で大林作品の映画を観たことはありません。 その後のテレビ放映ではいくつか観ました。「みずみずしい〇〇」という言葉がありますが、それらの映画には、そんな感想を持ちました。「青春でんでかでん(?…
コメント:2

続きを読むread more

日本庭園 ベストファイブ -2014

「いちおし」は・・、醍醐寺三宝院庭園です。数ある京都の庭園の中でも、私はここがナンバーワンだと思います。少し「やりすぎじゃないの」と言いたくもなる、秀吉好みの豪華絢爛たる庭です。豪華絢爛と表現できる庭園は、全国でここくらいでは・・。 庭園の写真撮影は以前から厳しく禁止されていますが、エリアを指定してでも、一部でも許可して欲しいです。た…
コメント:3

続きを読むread more

古い町並みベストスリー -2013

伝統的保存区域指定などとして、全国に古い町並みが保存されていますね。そんな中で、私が行ったところのベストスリーは、これです。長野・妻籠宿奇跡のような形で残っていますね、徹底的に町まるごと保存し維持しているのが素晴らしいです。一度宿泊してみたいのですが、なかなか実現しません。近くの馬籠宿もいいですけど、何故かそちらは観光客が多いですね、そ…
コメント:4

続きを読むread more

秘境ベストファイブ -2012

いろいろと懐かしくて三つに絞り込めませんので、五つにします。50年以上前に行ったところです、当時は文字通り「秘境」だったと思いますが、現在の状況は、かなり変わっていることでしょう・・。 まず北海道・野付半島のトドワラこんな風景があるのか、と正直、驚きました、いったん海にしずみ隆起したそうです。観光パンフにも、さらりとしか記載されてなか…
コメント:3

続きを読むread more

旅・ベストスリー -2011

旅には出かけられませんし、散歩も自重、映画館にも全く行っていない。さて、これからブログに何を書こうかと多少悩んでいます。何とか乗り切らなくては・・。 旅は大好きでよく行きました、一時期、会社の業務で地方に出張することもありました。リタイア後はツアーによく行っています。なので、印象に残ったいろいろな場所のことを書いてみようかと思っていま…
コメント:4

続きを読むread more

桜 -2010

コロナが怖くて、隠忍自重生活をしています。旅行は勿論、散歩も殆どしていません。近隣のホールでの催し物も軒並み中止されています。3月には観たい映画が沢山あったのに、出かける気になりませんでした。 桜は満開と聞きましたので、思いついて小学校横の小公園に行ってきました、歩いてスグのところです。人ひとりいませんのでコロナの心配は全くありません…
コメント:4

続きを読むread more

海棠に雪 -2009

今日、もうすぐ4月というのに雪が降りました。都内にも降ったようですが、それほどの積雪にはならなかったようです。 我が家の海棠の上にも積もりました。もっと水分の少ない雪でしたら、ウッスラと積もり情緒があったでしょうが、写真のような状況で、少し海棠の花が可哀そうでした。各地の桜も苛められたことでしょう。 でも、この雪で春本番となるのかも…
コメント:2

続きを読むread more

春紅葉 -2008

春紅葉という、とてもキレイな日本語をご存知ですか。 我が家の庭で、この時季、もっとも優美に艶めかしく咲くのは、この海棠です。でも今回はその花のことではありません。 「葉っぱ」の新芽をご覧ください、色がついていますね。 もうかなりの昔に、最上川に行った時、船頭さんからこの言葉を聞きました。川の両岸の木々は「春 真っ盛り」の新緑でした…
コメント:4

続きを読むread more