かに かに かに  -131-

画像

息子がインターネット通販で購入したとかいう「かに」を持ってきたので、急遽「かにパーティー」としゃれこむことになった。

郷里「鳥取県」は「松葉がに(ずわいがに)」の本場だけれども、この本場ものの「松葉かに」を食べた記憶はない。住んでいたところが山間地で海から遠いということもあるが、「松葉かに」の値段の高さは、今も昔も相当なもので、どうみても庶民が口にするものではなかった・・。でも「紅ずわい」だって、ホンノリとした甘さがあり、十分においしいのだから、「松葉かに」にこだわることはない・・、と思う。

「かに」について思い出すこと・・
●ある夜、何となく寂しくて、飲みにいった熊本の店で、今日は「かに」が入っている、と勧めるので頼んだが、少しだけ焼きすぎで・・、それほどのことはなかった。他に十分おいしいものがあるのだから、九州で「かに」を食べることはないわな・・、と後で反省した次第。
●ツアーで行った函館郊外の湯の川温泉、ホテルの夕食バイキングで「タラバ」が山盛りになっていた。この時の蟹は、本当においしかった、今でも覚えている。これだけで、あのホテルはいいホテルだったと、今も思っている。
●別のツアーで行った網走のホテルの「かにづくし会席」は、それと反対で、冷えた「かにグラタン」なんかが出てきて、以来「・・・づくし」は大嫌いになっている。「安いツアーなんかに行くからだ・・」なんてことは・・、言わない、言わない・・、でね。
●昔、米子の駅前で、蟹を売っている小父さんに、夜行で東京まで持っていっても大丈夫かと聞いたら、それはダメだとのこと。車内は暖房が効いているし、それだけの時間は無理とのこと。最近の整備された輸送方法には、いつも感心してしまう、自分の家で、刺身が食べられるのだもの・・。

てなことを思い出しながら、しゃべくり、飲んでいたら、先日見た大阪ミナミの蟹の看板が、頭の中に浮かんできて、もう止めろと、ガチャガチャ鳴らしていた。
夜は熟睡だったが、咳がまた出てきていたんだろうな・・。
                    なんともド派手な酒↓
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月16日 00:27
おおおおっ!まさにカニ、カニ、カニーーー!ですね(笑)
写真で拝見すると、生を購入されたのですね。
うん、生に限ります。年末、ねこまっく達は禁をやぶってボイルを購入したら、案の定、物足りなかった。
それにしても、すごい量ですね!足も太いし、食べごたえあったでしょう!

カニツアーと言えば、2年前、「日帰り山陰カニ食べ放題と温泉ツアー」にうわばみ3人が申込みました。ズワイガニが一人1匹は必ずつくというし、すごく楽しみにしてたのに、メンバーが定員に達しなかったとかで、中止になりました。期待が大きかっただけに、ごっつい腹立ちました。人生ゆっくりさんの記事を読んで、忘れていたこの事実を思い出し、また腹が立ってきました。
カニめーーーーー!いや違う、○島トラベ○めーーーー!
loafer
2007年01月16日 08:56
美味しそうな「かに」ですね。
年賀葉書の当選を見ていたら、なんと10年ぶりに2等が1本当たりました。
下4桁で4つの番号ですから1/2500の確率です。
5000円くらいの「地域の特産品小包」です。
他に3等の切手シートも11本当たりました。なんと息子二人からの年賀状が両方とも当選してました。
今年は幸先良いようです。
早速郵便局に行って葉書を提示して、申込葉書とカタログを貰ってきました。
カタログにズワイガニ2杯、ボイル毛がに2杯、ボイルたらばがに脚700gが載っていました。
どれかを注文しようかと思っていますが、いずれも人生ゆっくりさん宅のかにと比べると貧弱なものです。
人生ゆっくり
2007年01月16日 09:50
ねこまっくさん
実は、まだボイル中のもありまして・・、ボリュームは大満足でした。完品でないもの(足だけとか)も入っているとかでしたが、庶民にはこういうお徳用が一番です。
私もツアーが直前に中止になったことがありますが、アレは確かにハラのたつことですね。
そういえば山陰の「温泉」にも一度も入ったことがないんだ・・ホントに鳥取県人ですかね・・。

loaferさん
自慢ではないですが、私は切手シート以外当たったことがありません。
確かに当たると、正月早々ですから、これは気分がいいことでしょう、実にうらやましいです。
年賀状は縮小方向にしていますので、これからは切手シートでも、当たれば喜ぶことになるのでしょう。
2007年01月16日 10:54
ふふふ・・・(ニヤリ・笑)
私はお年玉付き年賀ハガキの1等があたったことがあります。
8年くらい前かな?大画面テレビでした。
1等は、賞品のひきわたしの際、地元テレビが取材に来ることを知っていたので、誰か最初の当選者があらわれるまで身を潜め、それから引き取りにいきました。
W杯も、オリンピックも大画面で楽しませてもらいましたが、
これからは地デジの時代。そろそろこの賞品テレビともお別れしなければならないのでしょうか・・・。
ちなみに今年は切手シートの1枚さえも当たりませんでした。
人生ゆっくり
2007年01月16日 11:08
ななな・・・何ですと。身近な方にそのような幸運があったとは・・信じられません。
(ニヤリ・笑)←やはり、あの妖しげな目の黒猫のイメージが合っておられるのでしょうかね・・嗚呼「清楚」・・。

この記事へのトラックバック