水道物語  ここに・・川崎市?  -128-

画像

この写真の場所は、自宅から8分くらいのところにあります、ですから当然、津久井郡城山町です。なのに何故「川崎市」・・と思われませんか・・。ここから川崎までは、随分遠いのです・・。

実は、この施設、県の谷ヶ原浄水場の敷地内にあるのですが、ここから多摩丘陵の地中を水道管が延びて、川崎市民の水道水の一部になっているらしいのです。比較的詳しい地図をみますと、「川崎水道」なる点線での表示がありますが、それです。ここから南多摩斎場の横を通り、東京国際カントリーの地中を突きっきり、永山、栗木台、よみうりカントリー、百合丘などを延々と通過し、何処かの浄水場に至っているようです。遠くからの水ですが、津久井の水のおいしさには定評があります(多分)から、多摩川から取水した水には絶対に負けてないと思いますよ。

これとは別ですが、近くに通称「水道みち」と呼ばれている道路があります。この下にも相模原方面に行く大きな水道管が通っているそうで、大型車は通行禁止になっています。
目にふれないだけに、普段は全く気付きませんが、地面の中には大切なものが、色々、通ったり、埋まったりしているようですね。
横浜市へは、もっと「ドラマチック」なルートで配水されているようですが、その紹介は、また別の日に・・。

下は、今朝の朝焼けの谷ヶ原浄水場です。犬の散歩で、今日も浄水場を一周しました。光っているのが貯水場です。中央遠くで光っているのは相模川です。
画像

この記事へのコメント

loafer
2007年01月09日 10:17
水道道路の話、興味深く読みました。
東京でも千歳船橋当たりに水道道路という名の道があり、大型車は通行禁止になっています。
道路の両側に柵が設置されていて、大型車が進入しないようになっています。
道路の下を大口径の水道管が通っているので、もし破裂したら、大洪水になってしまうのでしょう。

東京と神奈川はかなり入り組んでいますね。
新宿から小田急で多摩川を渡ると川崎市で、柿生までは川崎市です。
その先鶴川、玉川学園前、町田とまた東京都になります。
鶴川から子供の国へ向かう途中には、川崎市の飛び地があります。
また拙宅から歩いて5分で横浜市です。
横浜市営バスが来ています。
道路の規格も横浜市部分は歩道があり、
町田市に入ると歩道がなくなります。
行政によって随分違うものです。
城山町も相模原市に合併して、行政サービスが良くなると良いですね。
人生ゆっくり
2007年01月09日 10:59
確かに、地図をみると川崎市は複雑な形をしていますね。よってきたる歴史があるのでしょうが・・分かりにくいのは確かです。
相模原市との合併は、紆余曲折がありましたので、数年間は、あえて色々なことを変えない、という方針のようですので、合併後もしばらくは、全く変化がないと思います。
long
2007年01月09日 12:39
川崎水道ですか!うかつでした。
結構何回もこの前を通りすぎたのですが、気がつきませんでした。
取水場って、結構いろいろなところにありますよね。城山湖にもなにかそのようなものがありましたよね?
土地を確保する必要があるから、大変でしょうね、最近は地下を通すのでしょうが、昔の名残は結構あち事で見受けられます。
道志川(三ケ木)にも、立派な水道跡?があった気がします。
繋いで行くと面白い歴史が分かるかもね。
詳しい地図って、やはり必要ですよね。
結構効果ですが、図書館には備えてありますが、大きくて見難い気がしました。
県央道との関係は問題ないのでしょうか?
ドラマチックレポートを期待してます。
人生ゆっくり
2007年01月09日 14:03
県の施設の中にあります、この門標、あまり知られてないようですね。(汚くて、誰も見ないということもある)
道志川のところは横浜市水道です。圏央道工事は、新しい橋がかかる時は、一部水道管の付け替えなど必要かもしれませんが、遠い将来のことですね。
2007年01月10日 21:29
歩いているといろんなものが目につき、発見があるのがいいですね。地面の下がどうなってるかなんて、普段考えもしないですものね。
ところで「飛び地」といえば・・・
徳島でも昨年3月に平成の大合併があり、県内の地図が大きく
塗り替えられました。隣り合った町同志、川をはさんだ両岸の町同志であっても、そこはそれ、仲の良い町と、いがみ合った町があり、それに行政・経済的な思惑がからみあい、合併はそういう関係を色濃く反映して、妙な地図が出来上がりました。なるほど、「飛び地」とか、妙な境界線はこういう理由でできたりもするんだと納得した次第です。
ねこまっく
2007年01月10日 21:30
ところで、このページのスタイル画像、
富士山ですか?
人生ゆっくり
2007年01月10日 22:03
なるほどね、そういうことだったのでしょうね。だから小さい町は、ああだこうだと言っていたら、利害関係者が身近にいますから、いつまでいっても合併なんかは進展しないんですね、機が熟したらそのままに・・。これが「合併賛成」の私の立場です。
もちろん小さくても、頑張っているところもありますけどね、大半はそんなもんです、多分。
どう見ても富士山でしょう・・が、何か?
ねこまっく
2007年01月10日 22:23
関西圏の人間には、富士山、あまりなじみがないので
確認してみました。
いや・・・実はホンモノ見たことないので。
人生ゆっくり
2007年01月11日 07:21
そういえば昔、何度も新幹線に乗りましたが、裾野から頂上までキレイに見えたのは一回しかありません。写真のような富士山を実際に目の前にすると、多分、感動することでしょうね。

この記事へのトラックバック