旅 「徳之島」②  -225-

画像

徳之島には、ひとつ楽しい思い出があります。

「犬の門蓋」から町の方に歩いていると、中学生3人に出会いました。卒業記念に写真を撮りにきたということでした。
シャッターを押してくれ、とでも頼まれたのでしょうか、しばらく話をしました。

自分のカメラには、この旅で初めて使う「カラーフィルム」が入っていましたので、サービスで撮ってあげたのがこの写真です。

後日、写真を送ったのがキッカケで、この内のひとりと、4年くらいでしょうか、文通をしました。相談事も含めて、いろんなことを書いてくれたように思いますが、それはすっかり忘れました。
マァ、「いいお兄さん(少し恥ずかし・・)」というところだったのでしょう。

島を出て通学していた、鹿児島の女子高校の時、修学旅行で東京に来ました。
休暇をとって面会に行きましたが、制服姿の女子高校生を、夜の銀座で、どこに連れていったらいいのか、大いに悩みました・・。
入社して間もなくの頃で、かつ勤務地が神奈川県だったので、東京はよく知りませんでした・・。

後日、東京の医院に住み込んで看護学校に通い、そして看護婦になったと聞きました、会いたかったのですが、その頃、お互いとても忙しく・・、何となく疎遠になってしまいました。

とても素直な、いい子でしたから、きっと幸せに暮らしているものと信じています。
今も東京に住んでいるのでしょうか・・、ヒョットして、島に帰ったかな・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月26日 16:20
 旅のいい思い出ですね。「一期一会」と言いますが、素晴らしい出会いでした。
人生ゆっくり
2007年06月26日 17:37
そうですね、「旅で出会った方」は沢山ありましたけど、こういうことは、殆どありませんでした。
それだけに懐かしく憶えています。
2007年06月26日 23:21
カラーフィルムの黎明期ですか。
さぞ喜ばれたことでしょう。
都会では、こんな出会いは希有かもしれませんね。
素朴な島のひとだからこそのふれあいかも。
お話の後半、「・・・で、それが今の連れ合いでして」とかいう流れになるのかな、と思ってたんですが・・・(笑)いささか想像が過ぎました。
人生ゆっくり
2007年06月27日 15:43
(笑)・・そんなことはない(笑)。
でも、そういえば・・当時、当然に、独身でしたから、有りえたかも・・。
今も、私の中での彼女のイメージは、この写真の中学生です。
さとうきび
2012年02月15日 14:39
こころ旅からしろやま日記さんにたどりつきました。私
は徳之島生まれのおばさんです。とっても素敵な思いで自分自身の若いころを思い出ししろやま日記さんのブログ楽しみに読ませていただきます。
人生ゆっくり
2012年02月15日 15:30
徳之島のご出身ですか・・、こういう出会いは本当に素敵だと思います。大学を卒業し、入社する前の旅行でしたが、この時の旅は、本当に印象深く残っています。
この時、与論島まで行きましたが、「さとうきび」を切っておられた方に、何本かいただきました。かじった甘さも忘れられません・・。
さとうきび
2012年02月15日 19:09
生まれて初めてコメントして返信が入り感激しています。私は徳之島生まれで旅が好きでこころ旅のファンクラブにも入っています。旅って本当にいいですね。これからもブログを楽しみにしています。有り難うございます。

この記事へのトラックバック