宮ヶ瀬湖/高取山ウォーク  -532-

一昨日は、それまでのハッキリしない天気と違って、とても気持ちのいい一日でした。
宮ヶ瀬の高取山に登ってきました。
画像

私は夏場は山の中には入りません・・蛇が怖いからです・・、ですから久しぶりの山歩きでした。上の地図の「黄線」のルートを歩きました。
24200歩、休憩を除き、4時間15分のウォーキングでした。

スタートは宮ヶ瀬湖の鳥居原園地、ここまではバスで行きます。(始発地=橋本)
宮ヶ瀬湖は、入り組んでいますから、場所場所で表情を変えます。ちなみに、この地は70万都市「相模原」の一角です。
画像

ここから仏果山登山口まで、ひたすら歩きます。
宮ヶ瀬園地に到着、ここは、すっかり観光地としての風格が出てきました。正面は、名物の大階段です。
画像

目的の高取山は正面です、私は右の「大つり橋」を渡ります、これも、ここの目玉で、325mあるそうです。
なお、中央の高い木には、クリスマスの頃、イルミネーションが点灯されます。主催者曰く・・「日本一のツリー」とか・・。
画像

自動車で通り過ぎると、気づきませんが、この大木はヒマラヤ杉で、大正14年に小学校の卒業生が記念植樹したものだそうです。
湖底に沈むことになり移植したとのこと、岐阜県の荘川桜のようですね。当時の人にとっては、移植は嬉しかったでしょう。
画像

宮ヶ瀬湖は、とても複雑な形をしています、というのは何本もの川が流れ込んでいるためです。写真中央にも、小さい川が流れ込んでいたのでしょう。
画像

紅葉には、少し早いですけど、ところどころはキレイでした。
画像

登山口までは、1時間10分ほどかかりましたが、ノンビリと湖を見ながらのウォーキングでした。

登りにかかりましたが、階段状のところが多く、低い山(705m)のわりには、アプローチも長く、運動不足の身には、少々こたえました。
画像

登りは、視界が開けませんが、ところどころは・・。
画像

高取山に到着、天気がよかったこともあり、なかなかの絶景でした。3枚をパノラマ合成しています、左端がダムです。向こうは、相模原市です。
画像

眼下の宮ヶ瀬湖、山々は丹沢山塊。
画像

宮ヶ瀬園地の全貌です、左の住居は、湖底に沈んだ家の移転先住居です。
画像

右がダムです、ダムの向こうは、前に記事にした南山です。その向こうは、高尾の山々、遠くの山は秩父の山なみです。
画像

この日は行きませんでしたけど、隣の仏果山です、こちら高取山と同様に、鉄製の展望所が設置されているようです。
画像

中央が、わが「城山(津久井城址)」です、とすると、私の住まいは・・、そのしばらく先のほう・・。
画像

ダムサイトへの道を下ることにしました。馬の背のような尾根道やら、樹林帯などもありノンビリと歩き、ダムがスグ下に見える地点に来ました、あと少し・・。
ところが・・、これは大変な道でしたね・・、気をつけていたのに、一回は尻もちをついてしまいました。
画像

ダムは、平日にもかかわらず、マイカーは結構、駐車していました。私は、なおも歩きです(歩くしかありません)。
画像

結果的には、宮ヶ瀬湖を一周した感じですね・・。
さきほど下ってきた高取山がデーンと聳えています。次のチャレンジは、仏果山・・でしょうね・・。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月15日 11:19
人生ゆっくりさん、こんにちは。
この時期の山歩きは、木々が色づいていい雰囲気でしょうね。私も一度だけ、文化の日に丹沢を歩いたことがあります。紅葉が素晴らしかったです。
宮ヶ瀬のクリスマスイルミネーション、知人が画像を送ってくれたことがあります。なかなか素敵でしたが車を降りてかなり歩くから寒い、と聞きました。一度行ってみたいけど寒いのかあ…と思案どころです。
人生ゆっくり
2008年11月15日 11:43
来週あたり高尾を歩こうか、とも思っています。
イルミネーション・・実は、まだ一度も実物は見ていないのです。道路や駐車場が結構、混雑するらしいですし・・。「花火大会」もやるとポスターに書いてありましたよ。
風でも吹いたら・・寒いでしょうね・・。
2008年11月26日 20:24
こんばんは♪
好天気に恵まれて、良かったですね♪^^こういう坂道はけっこうハードなんですが、登り切った爽快感に勝るものはありませんね☆^^
奈良にも明日香の近くに高取と言う所に高取城があります。壷坂霊験記で有名な壷坂寺から登っていく山城なんですが、規模の大きい城跡でハイキングコースにも最適です。
人生ゆっくり
2008年11月27日 09:53
実は、この高取山の近くに、別の高取山があります。他の場所にもありました。
この名前がついているのは、何かの理由があるのでしょうか・・ね??

この記事へのトラックバック