小泉内閣  -561-

「政治」のほうは、あい変らずの『混迷』ですね。
この非常時ですから、もう少し何とか・・と、心底思いますけど・・。
画像

小泉さんのような首相・・、また出現することがあるでしょうか・・。
毀誉褒貶・・ありますけど、稀代の総理大臣だったことは、間違いないでしょう。

2003.9.22の新聞記事↑です。
内閣改造があると、「大臣」の名前くらいは、知っていた方がよいかな・・という気持ち(最近は、あまりないけど・・)があり、時々、このように切り抜いていました。タマタマこの記事だけが残っていました。

改めてみてみますと・・なかなか興味深いです。
麻生さんが、小泉さんの次に名前がありますね・・、総務大臣ですか・・。河村現官房長官の名前もあります、でも、この時、この方の名前は全く知りませんでした。

厚生労働大臣はこの方か・・、その他の経験者などを含めて、「社保庁--反省の言葉」を一度も聞いたことがありませんね。
亀井さんは亡くなられて、息子さんが後継ぎ・・。小池さんは、最近やや影が薄れていますな・・。石原さんも、停滞気味か・・。

オオッ、官房長官は福田さん・・、そういえばそうでしたね。記者会見は、そつなくやられていました。石破さん・・その頃も、やはり防衛相だったのですね、この人でも、防衛省は難しかった・・。
茂木大臣、小柄な体型ながら(全く関係ないことですが)、バイタリティーがあるようにも思え、私は何となく期待しているのですが・・。ただ「ハーバード院」が、バイアスになっているような気もします。

そして、なんといっても竹中平蔵さん、鬼平が好きなので、なんとなく親近感がありましたけど・・。当時の政策との関連において、結果としての今の状況を総括していただきたいところです。
「保守新党」なんていう政党や、「江藤・亀井派」なんていう派閥もあったのですね・・。

出身校をカウントしてみますと、慶大が6人で、一番、多いです、次が東大の5人。首相が慶大だと・・こうなるのでしょうかね・・。
ところで谷垣さんと中川さんも東大ですね・・、二世議員もあなどれません。

  ・・等々、面白いです。

下は、2005.9.12の記事です。「満面の笑顔」ですね。
画像

この政治状況が、今まで引き続いているということでしょうが、この間、郵政が民営化され、首相がバタバタ交替し、そして現下の未曾有の経済状況・・。
ここは、やはり選挙を通して、真剣に議論して欲しいところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年01月12日 08:20
100年に一度と云われる世界的不況下にあるのに、我が国の政治は混迷の度を深めていますね。
選挙の洗礼を受けずに1年ほどの短期政権が3代も続いているのはやはり異常です。
リストラするなら国会議員を半分に減らしても良いのではないでしょうか。
今年こそ、我が国もCHANGEの年にしたいものです。

人生ゆっくり
2009年01月12日 09:46
国会議員・・半分ですか、いいですね。私の町は、合併に伴って、20名近くいた議員が、2名になりました。合併賛成だった私の「最大の理由」でした。

でも官僚と同様で、「自分のこと」になると、徹底抗戦・・でしょうね。
2009年01月12日 11:33
議員20名が2名ですか?
地方議会は国会に比べてずっと少ない人数で機能していますね。
国会議員定数半減は、元首相が提案しているようですが・・・
人生ゆっくり
2009年01月12日 17:24
合併に伴う措置ですが、私の住んでいる地域を代表する議員は、そのように減りました。
ただ合併後でも、市全体の議員の数は、国会議員と同様、私には多すぎると思っていますけどね・・。

この記事へのトラックバック