取鳥県  -628-

久しぶりに・・わが郷土の話題です。
画像

表題のような文字を見たら、怒り心頭に発します。
でも悲しいことに、ズッと過去のことですが、私も会社で、実際に、この文字を見たことがあるのですよね・・。

心を落ち着けて、見ると・・ナルホド、これでも読めるし意味も通じるナ・・、とは思います、でも自分の名前を間違えられたようで、あまり気分はよくないです。

確かに関東の人は、山陰地方のことについては、殆ど、ご存知ないです。鳥取県と島根県が隣り合わせの県だと知っておられる方ても、どちらが右か・・となると、かなり曖昧です。

「鳥取」県は、前片山知事や現平井知事が、テレビタックルなんかにも出てくれて、随分と知名度が上がりました、ただ全県人口が、我が相模原市より少ないのですから、どうしたってマイナーな存在です。

でも、この県は、近年、何かと、よくやっている・・と思います。県発信のメルマガなどは、本当に木目細かく、努力しているように思います。「ファンクラブ」の冊子も、なかなかのものです。
↑↓このような記事が、全国紙に載るというのは、並大抵な努力ではないと思いますよ。「攻めの広報」を展開しているのだと思います。

全ての地方自治体が、このように頑張り・・、それに呼応して「国」も頑張れば・・、この国・・、「いい国」に再生すると思うのですけどね・・。

↓このアンテナショップの記事は、先日、テレビニュースでも取り上げられていました。ここも頑張っているようです。
そういえば、一度だけ入った新橋の焼鳥屋は、大山(鳥取県のダイセン)地鶏と看板に書いていました。やはり故郷は「食」には恵まれた地だったのでしょうか・・。
画像

蛇足1  昔、職場の同僚が大分で結婚式をしました。当時の勤務先「埼玉」からかけつけ、期待に応えて「鳥取県民謡・貝殻節」(本当は別の歌を用意していたのですが、先に歌われてしまって・・)を歌いました。
何と、そこにいた同僚の友人は、鳥取県庁に勤務しているとのこと・・、少し恥ずかしかったです。彼も吃驚したと、後で、言っていました。

蛇足2  知事一人で、県のイメージは、ガラリと変わりますね。
以前、知事選などで、所謂タレント議員が勝利すると、私は万歳していました。金銭的には、少なくとも恵まれている方でしょうから、必ずや「政治」に一意邁進してくれるハズだと・・。
ところが、某ノック氏その他には、本当にガッカリしました。某chibaの方も何やら・・、期待を裏切らないで下さいね。

『追加』 楽天と連係して、こんなこともやっているようです。
      ⇒ http://event.rakuten.co.jp:80/area/tottori/tieup/

この記事へのコメント

2009年05月23日 21:46
鳥取が知名度アップすると良いですね。
2009年05月23日 22:36
故郷があるということは 素敵なことだな~と思います 生まれ育ったところだから 当たり前のことなんですね 懐かしくもあり 母のように懐が深いといいといつも思いたいですよね
相模原よりも人口が少ないのは初めて知りました
鳥取が知名度アップするといいですね
人生ゆっくり
2009年05月24日 05:51
コメントありがとうございます。
鳥取県は西日本では、よく知られていますよ。関西などからは手軽に行ける観光地ですし、西日本最大の大山スキー場などもあります。
結構、バラエティーに富んだ旅行が出来ますから、是非一度お出かけ下さい。
2009年05月25日 00:19
ご無沙汰しております
先日 アンテナショップに行ってきました開店当初
より品数もふえて賑やかになっていました 
とうふ竹輪と白ねぎそれからふきを買って来ました
が さすがに 美味しかったです (東京のパソコンが 壊れたので 会社のパソコンを 時間外に使わせてもらっています)
大山の’ロイヤルホテル’で平井知事にお会いしましたが とても気さくで 感じの良いかたでした
取鳥じゃなくって鳥取県民の顔としては◎だと思います
人生ゆっくり
2009年05月25日 04:28
実は、いまだに一度も行っていません・・。都内に出かけるには腰が重くて・・。
片山前知事ほどではありませんが、平井知事も、よくテレビに出ておられますね。そういう方なのでしょう。

この記事へのトラックバック