熊本市内  -710-

画像

熊本での単身赴任生活は、3年ほどでした、洗濯など・・もろもろの家事がありましたが、基本的には「ヒマ」が沢山ありました。

この写真は、熊本の市内地図です、道路で色が濃いところは、私が実際に歩いた道です、勿論、全てをマーキングしているわけでは有りませんが・・。

「本当に、この道を全て歩かれたのですか・・」、始業前に、せっせと色塗りをしている私に、前の席の女性から、声をかけられました、驚かれましたが、事実です・・。
初めから歩こうと思って歩いた道ばかりではありませんから、地図に色をつける時、「この道だったかな・・」と、何度も迷いました。

「地方」という言葉を使うと、気分を損ねられる方がおられるかもしれませんが・・、「地方」は、クルマ社会で、皆さん、あまり歩かれません。
本当に、本当に・・、歩かれないんですよ、どこに行くのにもクルマです。
「もう少し、歩いた方が、本当は、いい・・」という言葉は、皆さんから何度も聞きましたけど・・。

冬・・、関東などに住んでおられる方には、想像できないかもしれませんが、「厚手のオーバー」は勿論、「薄いコート」も持っていない人が大半なのです。
勿論、熊本でも寒い日はあります、私がいた時、雪が降ったこともありました。
でも通勤は「自宅=自宅の駐車場~会社の駐車場=会社」ですし、買い物も「店の駐車場=店」ですから、少し我慢すればいいだけのことなのです。

私は・・その「ヒマ」な休日は当然ですが、平日に「下通り周辺(市内の繁華街)」で飲んだ後も、まっすぐ歩けることが確認できたら、水前寺に向って歩きました・・。今から考えると、高い歩道橋もありましたので・・止めたほうがよかったと思いますが・・。
ただ、イザとなれば、タクシーが、ここそこに、ぎっしり停まってましたから・・。規制緩和の前だったのですけど・・妙にタクシーの台数が多かったです。

「横道に逸れました」・・本題です、熊本を、ご存知でない方は、お分かりにならないでしょうが、この地図の範囲は・・結構、広いです。
多分「生粋の熊本人」の方が、それまで歩かれた距離以上、歩いたかも・・。

歩くのは、本当に面白いです。
思いがけない、とても、いい情景があったりして、いつも楽しかったです。

脇道に入ると、旧城下町特有の「行き止まりの道」があったりして、引き返したことが何度もあります。京都などの碁盤目状の道は、迷うことは全くないですが・・、「戦場」となることを想定しているところと、そうでないところの違いなのだと思いました。

ただ熊本は西南戦争の時、市内は焼き払われたそうで、それがなければ、ここそこに、いい町並みがあったでしょうに・・、残念です。

熊本には、長らく行っていませんが・・、滞在型で熊本を、ご旅行される方がおられましたら、多少のアドバイスはできると思いますよ・・。
なかなかに「美味しいもの」もあります・・。
画像

この記事へのコメント

2009年11月04日 21:34
熊本には、4年ほど前の春、ツバキの友人に誘われて、一度だけ行きました。市内の河川敷で、1ヶ月間日本一の植木市をやっていましたが、規模の大きさにビックリしました。肥後椿の盆栽を見ましたが、肥後藩の頃から肥後六花(ツバキ、サザンカ、花菖蒲など)が大事にされ、かなり長い期間藩(県)外持ち出し禁止だったそうですね。
馬刺しや焼酎を賞味した思い出があります。
人生ゆっくり
2009年11月05日 06:45
植木市ですか・・、知りませんでした。
美味しいものは沢山ありましたね、「白身」の魚も旨かったです。

この記事へのトラックバック