松下幸之助さん  -868-

画像

この方は、どこからみても、どのように考えても・・〔近世日本の大偉人〕の〔ひとり〕だと思います。

昔、この方の経営理念なり、ものの見方・考え方をテーマにした「有料」の講習会に出たことがあります。
正直なところ、「このような講座に参加する人がいるのか」と思いました。ところが、何と30名を超える方が参加されていました。
当時、「教育」担当で、何となく興味をそそられて参加したのですが、これには驚きました、それだけの人なのだ・・、と改めて思いました。

↑松下幸之助の談話をまとめた本です、易しい言葉で示唆に富んだ話をされています。

下の本は、正に、心酔しておられた方の本です、これもいい本です。
画像

↓このような本も読みました。
著者は当時、松下の副社長です。現役の副社長が、こんな本を・・と、感心しながら読みました。
画像

松下幸之助氏は、文字通りの立志伝中の方です。だれでもが、そんな生き方が出来るわけではありません。
それだけに・・素晴らしいです。

昔の本に、こう書かれた記事を読んだことがあります。当時、高額納税者番付の常連でした。
「税金を払うのは、当然のことだ。ただ、その税金の使い道については、大いに疑問がある。納税者の気持ちが反映される仕組みは出来ないものだろうか、そんな納税制度があっても・・いいのではないだろうか・・」

どうにも納得できない「日本の政治状況」への批判として、私は同感しました。

そういう気持ちの延長線だったのでしょう・・、私財を投じて「松下政経塾」が創設されました。
松下幸之助さんの、強い「思い」を感じました、ただ、その頃の「ジバン・カンバン・カバン」の政治環境をみると、ここから政治家が出るのは、簡単ではないだろうな・・、と思いました。

ところが・・。
何と・・、日本の政治の第一線に、この塾の出身者が躍り出てきました。
野田・松原・樽床・原口、高市・山井・玄葉・前原・小野寺・福山、等々。

皆さん元気がよく、頭もよさそうで・・いいのですが、今後もドンドン塾出身者が増えていくとなると・・、何か気にならないでも・・ありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック