OKINAWA  -900-

画像

900号の記事です、1000号も視野に入ってきました、そこを一つの区切りの目標にしています。

今回、何の記事にしようかと思いましたが・・。

NHKスペッシャルで、「日米同盟」をテーマに4回シリーズの番組が放映されていて、前半が終わりました。

アメリカは「したたか」ですね、日本も、それなりに「したたか」な交渉をしたと思いますが・・。このような番組で、当時の「日本政府の姿」が全く見えないのは・・、事実そうだったのか、番組の作り方のせいなのか・・、私には分かりません。

先日の番組で納得したのは、「沖縄に基地が集中しているのは、長らく沖縄がアメリカの『施政下』にあったから・・、何かと目立つ『本土の基地機能』をドンドン移して行った・・」、そうなのでしょうね。
昔のドキュメンタリーで、米兵が「沖縄では、何をやっても平気、何でも出来る」といってふざけているシーンがあったのを覚えています。

正直、学生の頃、沖縄のことを考えることは、あまりなかったです・・。
「社会人」となる直前の3月、当時「日本最南端」の与論島を訪れました、そこから沖縄は、本当に近かったです。でも、その沖縄に行くのはパスポートが必要だったので、島影がハッキリ見えるのに行けませんでした。

沖縄には、ズッと後、2回ほど行きました。
初めての時は、何と自衛隊ジェット機に乗せていただき、那覇基地に行きました。輸送機ですから、網の座席で、しかも騒音の中で「じっと我慢の子であった」状態でした。
二度とできない経験です。

現地では、自衛隊のバスで案内してくれました、いろいろ説明していただきましたが、何か違和感があるな・・という感じでした。

二度目に行ったのは、南西諸島ツアーのおりでした。
メインは宮古島や西表島・竹富島でしたが、沖縄にも一泊しました。クース屋で、美味しい泡盛を飲み、首里城などを観光しました。

「ひめゆり」の場所にも行きました、切ないところですね。
自衛隊ツアーの時、ガイドしてくれた方は、あの地の説明は、戦争に対する姿勢が一方的すぎて、今回ご案内したいとは思わない、と言っておられました。

そのように思って見れば、そうとも思えましたが、でも事実は、その通りではないかと思いました。

NHKの番組では、軍用地には借地料が支払われていて、その軍用地は売買されていること、相続などで親族間の深刻な問題になることもある・・、知らない事実もあるようです。

沖縄のことは、簡単に判断してはいけない、沢山の情報の中で、時には、いったん離れた立場から考えてみる・・ということも必要ではないかと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック